店舗用賃貸借契約について

公開日: 相談日:2016年10月15日
  • 2弁護士
  • 2回答

店舗用賃貸借契約の普通借家契約を定期借家契約に切り替える方法についてお尋ねします。
(現状、店舗用賃貸借契約の更新契約を途中で行っていなく自動更新の状態です)

質問1.事業系建物賃貸借は、法律では普通借家権が終了した場合は、普通借家契約を
    合意解約してそれまでの同じ借家人と同じ建物について定期借家契約を締結する
    ことは自由に行えるものとされていますが、借家人が合意しない限りは定期借家
    契約を結ぶことはできないということでしょうか?

質問2.自動更新の状態から賃貸借契約を結ぶにはどのようにすればよいのでしょうか?
    また、賃料改定など条件変更をするにはどのようにすればよろしいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

493657さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    > 質問1.借家人が合意しない限りは定期借家
    >     契約を結ぶことはできないということでしょうか?

    そうでしょう。

    > 質問2.自動更新の状態から賃貸借契約を結ぶにはどのようにすればよいのでしょうか?
    >     また、賃料改定など条件変更をするにはどのようにすればよろしいのでしょうか?

    申し入れて相手が同意すれば可能でしょう。
    賃料の増減については同意なければ、訴訟か調停となるでしょう。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    > 事業系建物賃貸借は、

    事業系でも、正当な事由もなく簡単に契約を終了させることはできませんよ。

    借家人が合意しない限りは定期借家契約を結ぶことはできないということでしょうか?

    そうです。

    質問2.自動更新の状態から賃貸借契約を結ぶにはどのようにすればよいのでしょうか?

    相手と交渉します。

    また、賃料改定など条件変更をするにはどのようにすればよろしいのでしょうか?

    相手の同意が必要になります。
    応じてくれなければ、調停や裁判を検討します。

この投稿は、2016年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから