賃貸契約についての質問

「少し特殊な契約を交わそうとしています。

礼金を多目に払うかわりに、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容です。

賃貸契約書の、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容と、刑法の器物損壊罪、どちらが優先されますか?」

という質問に対して、刑法が優先されるという弁護士と、賃貸契約書が優先されるという弁護士がいます。

正解はどちらですか?
2016年05月23日 21時23分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
賃貸契約書の、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容と、刑法の器物損壊罪、どちらが優先されますか?」

器物損壊罪は故意がなければ成立しません。
故意があれば、民事上原状回復義務を負うことにもなりますし、器物損壊罪が成立する可能性があります。
事情によっては、民事上重過失と言えるような状況であっても刑事上故意があるとされる場合もなくはないと思います。

2016年05月24日 04時21分

この投稿は、2016年05月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

亡くなった人名義の賃貸住宅、相続放棄するなら退去しなければならない?

亡くなった人の名義で借りている賃貸住宅に住んでいる場合、相続放棄をすると退去しなければならないのでしょうか。住み続ける方法はないのでしょうか...

器物損壊罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

他人の物を壊したり、他人が飼っているペットを傷つけたりすると、「器物損壊罪」にあたる場合があります。この記事では、器物損壊罪について、詳しく...

この相談に近い法律相談

  • 賃貸契約、器物損壊罪

    少し特殊な契約を交わそうとしています。 礼金を多目に払うかわりに、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容です。 契約書の原状回復義務がないという内容と、刑法の器物損壊罪、どちらが優先されますか?

  • 賃貸契約の原状回復について

    賃貸契約書に、 「私が故意により与えた本物件の損害についても原状回復義務はない」 と明記されていても、刑法の器物損壊罪により、原状回復しなければいけないのでしょうか?

  • 賃貸の損耗・過失・重過失・故意

    賃貸において、損耗・過失・重過失・故意を決めるのは誰でしょうか?大家さんですか?

  • 重要事項説明と契約書との食い違い

    4年前に事務所を賃貸契約を結んで入居し、今回移転予定です。その時の重要事項説明書には退去時には借り主側で原状回復する旨記載されているのですが、賃貸契約書には原状回復に関する記述がありません。その点を貸主に指摘した所、重要事項に記述しているので問題ない(借主側に原状回復責任がある)と言われました。法律的にはこの通り...

  • 地方の市議会議員選挙に立候補することは出来ますでしょうか

    過去(12年程前)に迷惑防止条例違反で逮捕され略式起訴され罰金刑に処された過去が有る人間の場合、市議会議員に立候補出来ますでしょうか? 犯罪人名簿の照会をするとの事ですが、罰金納付後12年間に2~3点減点の交通違反の処分を3~4回受け都度罰金を納めており、5年以上の何も刑罰に処され無かった期間が無い場合でも犯罪人名簿か...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。