賃貸契約、器物損壊罪

少し特殊な契約を交わそうとしています。

礼金を多目に払うかわりに、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容です。

契約書の原状回復義務がないという内容と、刑法の器物損壊罪、どちらが優先されますか?
2016年05月23日 20時23分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
 器物損壊罪は故意犯なので、過失・重過失の場合には成立しません。

 契約内容は器物損害罪に相反するものではありませんので、どちらが優先ということもありません。

2016年05月23日 20時51分

この投稿は、2016年05月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

器物損壊の意味や事例と故意や過失などの罪が成立する要件

人の物を壊してしまったり、傷つけてしまうと、単に弁償する責任が生じるだけでなく、器物損壊罪という犯罪となってしまう可能性もあります。器物損壊...

器物損壊での損害賠償とペットに対する慰謝料や示談金の相場

他人の物を壊す・汚すなどして使えなくしたり、ペットを傷つける行為を行った場合、その人は被害の弁償をしなければなりません。物の修理にかかった費...

器物損壊の被害者となった際にできること - 被害届・告訴や損害賠償請求

車を傷つけられたり、ペットに怪我を負わせられたりした場合には、相手を器物損壊罪として訴えることが可能です。しかし、を現行犯逮捕したり、防犯カ...

器物損壊罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

他人の物を壊したり、他人が飼っているペットを傷つけたりすると、「器物損壊罪」にあたる場合があります。この記事では、器物損壊罪について、詳しく...

失火罪・業務上失火罪・重過失失火罪とはl罪が成立する要件と刑罰の内容

たばこの火の不始末など、***過失によって火事を起こし、建物などを燃やしてしまった***場合、**失火罪**が成立します。火災が起きた状況や過失の程度...

この相談に近い法律相談

  • 賃貸契約の原状回復について

    賃貸契約書に、 「私が故意により与えた本物件の損害についても原状回復義務はない」 と明記されていても、刑法の器物損壊罪により、原状回復しなければいけないのでしょうか?

  • 賃貸契約についての質問

    「少し特殊な契約を交わそうとしています。 礼金を多目に払うかわりに、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容です。 賃貸契約書の、過失・重過失によって物件に損害を与えた場合、私に原状回復義務はないという内容と、刑法の器物損壊罪、どちらが優先されますか?」 という質問に対し...

  • 賃貸契約の文章について

    「乙は、本契約終了と同時に、本物件を甲に明け渡さなければならない。この場合において、乙は本物件に付加した設備等を自己の費用をもって除去し、通常の使用に伴い生じた本物件の損耗及び、乙の過失または重過失に基づく本物件の損害を除き、本物件を原状に回復しなければならない。」 (なぜ過失または重過失も除く事になったか、の...

  • 賃貸契約の文章について

    「乙は、本契約終了と同時に、本物件を甲に明け渡さなければならない。この場合において、乙は本物件に付加した設備等を自己の費用をもって除去し、本物件を原状に回復しなければならない。ただし、通常の使用に伴い生じた本物件の損耗、及び、乙または第3者の過失または重過失に基づく本物件の損害について、乙は原状回復義務を負わない...

  • 賃貸契約の文章について

    「乙は、本契約終了と同時に、本物件を甲に明け渡さなければならない。この場合において、乙は本物件に付加した設備等を自己の費用をもって除去し、本物件を原状に回復しなければならない。ただし、通常の使用に伴い生じた本物件の損耗、及び、乙の過失または重過失に基づく本物件の損害について、乙は原状回復義務を負わないものとし、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。