賃貸管理業者が不正をしている疑いがあります。

実家の賃貸管理をお願いしている不動産会社がおかしなことをし始めました。
1.賃貸人が退去して、新しい人が入ったと言っているのに、退去時の計算書を送るよう再三お願いしても送ってこず、また新しい賃貸人との契約書も送ってきません。
2.契約書にはクリーニング代は賃貸人が支払うと書いてあるのに、オーナーである私への送金から引かれています。
3.経費分の領収書を送るようお願いしているのに、送ってきません。その代わり、何度も何度も電話をかけてきます。

千葉と山口で遠く離れているので、信頼できない不動産屋には賃貸管理を任せることはできないと考えています。この場合、宅建業の資格を持っている不動産屋に対してどのようなアクションを起こせるのでしょうか?
2016年03月16日 21時16分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
2は、「賃借人が負担する」の間違いでしょうか。1~3については、いずれも管理委託契約上の義務を果たしていないと言えますので、書面で期限を決めて履行を催告し、期限までに回答がなければ契約を解除することが可能です。解除後は管理委託事務の精算をしてもらい、他の業者に改めて委託しなおす流れになります。

2016年03月16日 21時23分

相談者
吉川弁護士様

早速ご回答いただきありがとうございました。
ご指摘の通り、賃借人の間違いです。

もう一つ追加で質問ですが、賃貸管理業者との契約を解除する際、入居者との関係はどうなりますか。賃貸管理兼新規入居者募集を行っている不動産業者ですが、自分が見つけてきたお客さんだからと、現在の入居者を退去させるとか、それに相当するような行為(つまり私にとって損害となる行為)をしてくる可能性があるのか、あるとすればそれは法律の範囲なのかどうか、もしよければ教えていただければ幸いです。

2016年03月16日 23時06分

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
不動産業者は、依頼者である賃貸人の利益のために働く義務があります。不動産業者との契約が解除されれば、賃貸人に不利益とならないようにエンドテナントとの間の賃貸借契約を賃貸人との間で問題のないように継続させる義務を負います。これに反する行為は全て違法です。

2016年03月16日 23時43分

相談者
好川弁護士

お礼が遅くなりましたが、適切なアドバイスありがとうございました。
現在、アドバイスに従い動いております。

ところで、管理業者との管理委託契約を解約する場合、通常は違約金などが発生するのでしょうか? まだ過去の書類を見ていないのですが、現在の管理業者とそのような契約書を交わした記憶がないのですが。

受け皿となってもらえる業者も手配しましたが、エンドテナントには迷惑を掛けずきれいな形で裏方の移行をするためにはどうすればよいか、アドバイスがあればよろしくお願いします。

2016年03月19日 08時36分

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
契約違反に基づき解除する場合には違約金は発生しません。むしろ、こちらが損害を被れば相手に賠償を請求できます。契約が解除されれば、エンドテナントとの契約関係を引き継ぐ義務もあります。引き継ぎの書類を要求し、エンドテナントとも必要に応じて契約をしなおし、新しい管理業者に引き継げばよいです。宅建業者は通常都道府県知事の監督下にあります。必要に応じて宅建業指導課に相談して是正を求めてもらうようにしてください。

2016年03月19日 12時25分

相談者
好川弁護士

ご相談に乗っていただき本当にありがとうございました。
法律の専門家のアドバイスをいただかなければ、このように些細な日常のトラブルもうまく解決できないのだなと改めて思いました。

いろいろお世話になりました。

2016年03月19日 16時00分

相談者
好川弁護士へ

前回で終わりになるかと思ったのですが、また心配な点が浮かんできました。

まず、過去の書類を調べ、記憶をたどる限り、この業者と賃貸管理業務委託契約を結んでいないようです。しかし、隣と境を争っている物件であるため、不動産業者でもあるこの業者から、境の件で隣と話をするために委任状にサインをしてくれと言われ、署名捺印した記憶があります。今から考えれば、このこと自体おかしな話です。売買をお願いしているわけではないのですから。私からは、境の件はもう触れたくないと言ったのですが、業者は、賃貸物件を預かっている限り、境の件も自分の仕事の内にはいるとかなんとか、そんな説明をされた記憶があります。その委任状の控えは手元にはありません。

今回、賃貸管理業者を他社に変える場合、その委任状はどうなるのかなと心配です。

また、現在オーナーに無断で賃貸させている入居者との契約書を私は持っていません。ということは、私と入居者との間の契約は成立していないということでしょうか?

今週帰省の際にお店に立ち寄り、その時印鑑を押させるつもりだと思いますが、よく考えれば、2冊の契約書の割り印をするには相手の契約書が必要であり、入居後すでに3か月弱経過している入居者の契約書をその場に持ってくるのだろうかと思い始めています。もしその場に持ってこなければ、割り印できないのでといって印鑑を押さないつもりでいますが、そうすると私と入居者の契約は成り立たないままになりますでしょうか?

細かい点で申し訳ございませんが、アドバイスをいただければ幸いです。

2016年03月20日 08時25分

好川 久治
好川 久治 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
委任契約はいつでも解除可能です。契約違反ならなおさらです。委任状がなくても、契約が解消されれば、以後相手が関わることはできません。
エンドユーザとの契約は無効ではありません。契約書がなくても賃貸人の募集をすることを認めていたわけですから有効な契約です。エンドユーザとの契約内容を確認のうえ、契約の引き継ぎ書類に署名捺印されればよいです。

2016年03月20日 16時51分

この投稿は、2016年03月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人名義の賃貸住宅、相続放棄するなら退去しなければならない?

亡くなった人の名義で借りている賃貸住宅に住んでいる場合、相続放棄をすると退去しなければならないのでしょうか。住み続ける方法はないのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 賃貸契約書が間違っていた.責任は貸主か不動産屋かどちらにあるか.

    姉から相続した家をリフォームし,賃貸に出しました. 賃貸契約書は仲介した不動産屋が作成,それには「下水道」と書かれていました. トイレが流れなくなったという連絡を受けて初めて 下水道ではなく,浄化槽だということに気付きました. そのときは貸主負担で汲み取り,清掃を行いました. 最初の契約の際には借主の要望を色...

  • 家賃管理会社が敷金・家賃を持ち逃げしたとき、回収することができるか?

    投資マンションの賃貸の家賃管理を5年ほどA業者に任せていましたが、 昨年末にB業者に変える旨を伝え、敷金含め最終的な清算をするようお願いしました。 ところが今年になるとA業者との連絡が取れなくなり、敷金・最終月の家賃が未収と なってしまいました。 会社住所を直接訪ねてみると、別の会社Cの表示になってましたが、 ...

  • 立退請求を受けている場合の賃料供託について

    立退請求を受けている場合の賃料の供託についての質問です。 小料理店を経営しており、賃貸人から半年後に明け渡してもらいたいと通知を受けました。 理由は、隣地と共に土地を売却したいのでとのことでした。 建物はそれほど老朽化しておらず、家賃の滞納もこれまでありません。 賃貸人からは、何が何でも明渡してもらうと強く言わ...

  • 賃貸契約後、即退居を検討中。敷金や礼金の返金について。

    部屋の賃貸契約についての相談です。私は借主です。 アパートの内見を済ませ、賃貸契約を交わしました。 先日、内見後初めて住居へ入り、網戸が壊れていることに気づきました。大家へ修理を依頼しましたが、「網戸はないままで使ってほしい」とのことでした。 網戸がない部屋に住みたくないのですが、物件の管理会社からは内見で確...

  • 融資のための家賃保証契約書をダミーにされた

    ある銀行のアパートローンを使用する場合、返済ができるくらいの入居者が入るまで家賃保証する必要があります。しかし、ある業者は銀行で融資の契約終了後、家賃保証の契約書をこちらに渡さなく家賃保証をしません。現在、返済額分は入金してもらっていますが確認したところ新築から入居付けができるまでの返済額は買主への貸付けだとの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。