不当解雇の和解金として金銭賃借に気をつけるべき点

公開日: 相談日:2016年01月07日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

5年間勤めていた会社に不当解雇をされ紛争中です。
現在状況として、労働審判又は通常の訴訟手続きを進める意向を伝えたところ、
会社側が敗訴する可能性が高いことから高額な条件ではなければ
出来る限り和解にしたいとのことでした。加えて会社の資金繰りも厳しく
15〜20万程度の4,5回の分割払いでなら払えるとのことです。

相談趣旨:支払い等の合意内容を公正証書にし、強制執行出来る文章も入れたいと考えてます。
     ※金融機関の支払いができていない会社で、支払いたいがお金が無くて申し訳無い・・・と
      支払う意思はあるという姿勢をとることに慣れている為。
      
      ①約束を守らない場合に最大限有利、有益になる文言を入れたいのですが、
       恥ずかしながら強制執行のようなに入れるべき項目が分からず、
       ご教示頂けますようお願い申し上げます。
       又ご無礼申し上げ恐縮ではありますが、
       その他気をつけるべき点もありましたらお願いします。

414491さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    強制執行出来る文章も入れたいと考えてます。

    債務者が本合意書に基づく債務を履行しない時は、直ちに強制執行を受けても異義のないことを承諾する。とか、債務者は、本契約に基づく金銭債務を履行しないときは、直ちに強制執行に服する旨を陳述した。等と入れると思います。
    おかしいと思えば、公証人がチェックしてくれるかもしれません。

    その他気をつけるべき点もありましたらお願いします。

    分割ということですから、期限の利益喪失条項を入れてもよいと思います。

  • 相談者 414491さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    当然喪失か,請求喪失かどちらが適切か分かっていない為、調べてみます。
    誠に恐縮ですが、強制執行の際、法人と個人は別人格になると思いますが、
    今回、法人相手ではありますが約束を守らない場合に個人からも強制執行出来る
    方法をご存知でしょうか?
    又、合意管轄条項は気をつけることはありますでしょうか?

    誠に厚かましいお願いではありますが、何卒よろしくお願い致します。

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    今回、法人相手ではありますが約束を守らない場合に個人からも強制執行出来る方法をご存知でしょうか?

    個人を連帯保証人にする方法は考えられます。

    又、合意管轄条項は気をつけることはありますでしょうか?

    相談者が利用しやすい裁判所にすることは考えられます。

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    タッチして回答を見る

    kkkfffさん

    悔しい思いをなさったことと存じます。ご質問への直接の回答ではないのですが、別の角度からのアドバイスをさせて頂きたいと思い投稿します。

    審判・裁判なしでの和解のメリットは、すぐに金銭を得られること、早期に解決が得られること、支払の不安への対応ができることなどです。

    今回、分割払いですし、額も多額とはいえないと思います・・・

    解雇が無効になる可能性の高い事案の場合、労働審判では6ヶ月分の賃金が得られることが多いです。通常訴訟では(おそらくご存知の通り)、解雇日から判決確定の日までの賃金が得られる可能性があります。さらに労働審判でも通常訴訟でも和解での解決という可能性も高いです。

    もちろんkkkfffさんのご選択なのですが、この額で、分割ならば、審判・裁判による解決も視野に入れた方がよいかと、私は思いました。すでにこれらのことを踏まえてご決断されているのでしたら、余計なアドバイス、お許し下さい。

    良い解決になりますよう祈念しております。

この投稿は、2016年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから