賃貸借契約の成立日はいつ?双方の認識の食い違い

事務所兼寮として利用する物件の賃貸借契約に関して質問です。
①賃借人、賃貸人ともに法人名義なのですが当該賃貸借契約は商法が適用されるのでしょうか?

②客からの契約の申し込みに対し賃貸人側から、仲介不動産会社を介して
1、入居審査は通りました。
2、客は出来るだけ早く入居してほしい。
3、賃料発生日はいつにするか?。
以上三点の通知があったため、客は3の賃料発生希望日(契約日)を賃貸人に伝え合意を受け、賃料発生日の5日前の午前中に引っ越し屋に引越代金を支払い、賃料発生日の到来を待っていたところ、突如5日前の夕方に賃貸人から(賃貸借契約は締結しない、理由は言えない。書面を交わしていないからまだ契約は成立していない)との通知を仲介不動産屋を介して通知を受けました。
客は賃料発生日を双方合意した時点で賃貸借契約は成立したと認識し引越金を支払ったが、この引っ越金を業者が返還してくれない場合、賃貸人に請求できますか?
またその他経費等を賃貸人に債務不履行として損害賠償請求できますでしょうか?よろしくご回答お願いいたします。
2015年10月23日 12時51分

みんなの回答

青野 壽和
青野 壽和 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
一般に契約は書面を交わさなくても成立するのですが、
不動産の賃貸借契約では契約書を交わすことが通常であり、かつ、本件でも契約書の作成が予定されていたとすると、
本件で契約書を交わす前に契約が成立したと考えるのは困難だと思います。

ただし、契約が成立する前の段階であっても
相手に契約の成立に対して強い信頼を与えながら、その信頼に反した者は
信頼に基づいて支出された費用を賠償すべきであるとされており、
今回でも、交渉の状況や、賃貸人側の言動等などに照らし
ある時点(例えば賃料発生日の5日前時点)で契約が成立するだろうと信頼することが相当といえるのであれば
その時点以降に支出した費用(例えば引越費用)について、賃貸人に対する損害賠償請求ができると考えられます。

2015年10月23日 14時00分

この投稿は、2015年10月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 賃貸借 契約書について。この契約書は有効であると言えますか?

    契約書についてです。 家賃の領収書(『日本法令 家賃 地代 車庫等の領収証 契約 7 一年用』)の3P目に「契約事項」とあるのですが、その部分に、 1、私(賃借人)○○ ○○(○○ ○○は賃貸人の代わりに家賃を受領していた人が書いている)は賃貸人□□ □□(□□ □□は賃貸人の代わりに家賃を受領していた人が書いている)に保証金の有無...

  • 建物の賃貸借契約の重複について。旧賃借人の退去後、解約日以前に新賃借人との賃貸借契約は可能か。

    建物の賃貸借契約にて退去日と解約日が異なる場合の際、退去日の翌日に新賃借人との賃貸借契約を開始すると、旧賃借人の解約日までの契約期間と新賃借人の契約期間が重複してしまいますが、これは問題無いのでしょうか? この場合には、解約日以降に新賃借人との賃貸借契約を開始しないといけないのでしょうか? ご回答お願い致します。

  • 賃貸借契約解除及び明渡しについて

    賃料8万円で賃借人に貸しています。 ルームシェアとの事で賃借人Aと賃料8万円の内4万2000円を負担部分と特約して賃貸借契約を締結し、賃借人Bと賃料8万円の内3万8000円を負担部分と特約して賃借契約を締結しました(賃貸借契約はAとBとで二つあります)。 現在、賃借人Aは負担部分のみを毎月入金しており、賃借人Bは支払いが...

  • 土地賃貸借契約の期中解約について

    私のお客様(賃貸人)の相談です。 平成17年より20年間の『土地賃貸借契約』を某法人を賃借人として締結しております。 賃貸人は契約期間中であるが、契約を解約し条件の良い別法人に賃貸したいと考えております。 なお、賃借人の土地の利用状況ですが契約締結以降、建物等は一向に建てる気配はなく、いまだに更地のままです。 契...

  • 「借地地主の変更に伴う賃借料納付方法の変更と結果的な賃借料未納による契約解約の可能性について」

    新地主の意思により借地料納付方法が変更され、結果的に賃料未納が発生してしまいました。以下の場合、借地権が解約されてします可能性はあるでしょうか? ~詳細~ 数年前、我家の借地の地主さん(個人)が企業に底地を売り、原契約の継続期間中に地主さんが変わりました。 旧来の地主さんには数十年に亘って毎月の賃料を持参し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。