管理会社と孫請けの職人間でのトラブル。【損害賠償責任】

公開日: 相談日:2020年12月16日
  • 1弁護士
  • 1回答

下請けでハウスクリーニング業(清掃)を営んでいる者です。(個人事業主)
管理会社→元請け→下請け

10月下旬に、ある店舗の清掃を請け負いました。
その際に店舗の室内清掃と天井に取り付けられている、業務用エアコン(天カセ)の清掃を頼まれました。

清掃により故障する確率が高いので、
天カセの内部清掃はできない、とお断りし元請けにも承諾を頂き、その日は店舗の清掃で終了。

11月上旬に急遽どうしても天カセの洗浄をしてくれないか、と元請け様から連絡があり、
店舗の受け渡しも明日に控えてると急を要するものでした。
付き合いもありますので、なくなく承諾し、普段はやりませんがどうしようもない、ほかに職人を手配できないからと言われ良心で請け負いました。

翌日
店舗の天カセエアコンを洗浄
案の定故障がおきてしまいました。
エアコンは1990年式のもので、法定耐年数は15年と長く見ても、2005年です。
正直、壊れても致し方ないと私は判断しています。

故障後の流れでトラブル発生

管理会社の方が、
『壊れても仕方ないよ、今回はうちの保険で対応するから大丈夫ですよ。清掃代も払いますので。』
と話があり、
こちら側は責任を取らなくていいとのことでした。

その後
『ただ、何かしらの書類にサインだけもらうかもしれない。』と言われたり、

今となっては
『職人のせいだろ!修復工事費用を40万円払え!』と言ってきました。

そもそも、工事をした事も、費用の話も一切されておりません。(電話や直接お会いして話もしていない状況)
お聞きしたいのは、

①損害賠償を請求された場合支払い義務はあるのか
②そもそもかなり壊れる可能性が高い業務を依頼をした時点で管理会社の発注ミスではないのか
※管理会社は『新品だと思った、年式をしっかり見ていなかった』と言っています。

③最初は責任はこちらが取ると言っていたのに、管理会社は知らないところで工事を進め、内容のわからない工事費用を請求できるのか。

工事保険には入っていますが、
問い合わせたところ今回のケースは適応できず、
弁護士を挟む問題だと言われました。

ネットで調べましたが、法定耐年数がかなり重要で、劣化による清掃中の故障は弁償しないケースが多数だと見ました。

どちらに責任があり、どのように解決すべきか
お応え頂きたいです。

980573さんの相談

回答タイムライン

  • 原 悠太 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    資料も見たわけではないので正確な回答はできませんが、お話を聞く限りは補償の必要はないのではないしょうか。
    そもそも耐用年数による故障と清掃による故障のどちらの寄与度が高いのかの立証も相手からはなされていないようですし、故障する可能性があることを理解した上での作業であったのであればなおさらです。
    仮に損害賠償という話になったとしても、そもそも相談者様と管理会社には契約関係がありませんので、一次的に賠償義務を負うのは元請会社です。相談者様は元請会社からの求償に応じるかどうかを判断すれば足りるのではないでしょうか。

    いずれにせよ、そこまで不利な状況ではない印象ですが、念のためお近くの弁護士さんに相談なさってみてはいかがでしょうか。

この投稿は、2020年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました