不動産売却 販売義務違反?

インターネットから検索し、実家の売却をお願いしました。残地物処理をお願いし、業者に直接支払い、そこで専売契約書を書きました。ハウスクリーニング後に販売するので日付を入れてからと言われ、控えをもらいませんでした。その後連絡なかったので電話しましたら、ハウスクリーニング終わった、と言われました。概算は聞きましたが内容、との業者でやるか知らなく、勝手にやられた感があり、不振に思い、契約したくないと言いました。後から知ったのですが、見積書をメールしたらしく、ただ、迷惑フィルタにかかり、確認できませんでした。その後、夫に送るようお願いしましたが同様でした。その後、店に行き、話をし、ハウスクリーニング代を支払い、契約解除する話をしました。やはり、見積書がなかなか届かず、郵送お願いしましたが1ヶ月ほど、居留守等使い、無視。仕方ないので生活センター、県の指導課、ハウスクリーニング会社の本部に相談し、見積書と鍵の返却をお願いしましたがやはり無視。

1ヶ月後、やっときたメールがハウスクリーニング会社の本部と県の指導課に連絡するな、の一文。その後も何度も県の指導課、ハウスクリーニング会社の本部に連絡し、やっときたものがハウスクリーニング代と立ち会い費22万円。本部は払わないで待てと連絡ありましたがその前に、ハウスクリーニング代のみ支払ってしまいました。

その後また連絡もなく、鍵の返却もありません。無料法律相談と無料調停相談に行きましたが、両共に、こんな悪徳業者出るとこ出た方が良いと言われました。
地図検索サイトの口コミに対しての書き込みを見ていただければ、この方の異常さを少し感じることができると思います。どうやら書き込みの件、訴訟中だと言ってましたが。

経済的にも調停したいのですが、この方は来るのは難しそうですのでやはり少額訴訟しかないでしょうか?

費用面が難しいので、損害賠償金全てを弁護士費用にあて、相殺するのは難しいでしょうか?

よろしくお願いいたします
2019年11月11日 18時42分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府3 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
相殺処理も検討可能ですよ。

2019年11月21日 15時54分

この投稿は、2019年11月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,013名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 大家さんのハウスクリーニングの義務について

    新しい家に入居したのですが窓も汚れており壁も前住んでいた方のタンスの跡が残っていたり畳の色も所々変色していますしコンロも錆びついて居ました。大家さんは前の方が退居した後にハウスクリーニングする義務があるのかどうか、またどういう対応をこれからこちらはしていけばいいのでしょうか?大変困っておりますので詳しく回答して...

  • ハウスクリーニング代分割

    退去時ハウスクリーニング代を分割にと頼んだが何回頼んでも無理で、生活保護のケースワーカーは法テラスで相談してみてわ、といいます。

  • 悪徳不動産。訴えて営業停止にできますか?

    ある悪徳不動産で家賃流用の疑いがあるみたいです。社員の話だとオーナーからのクレームが凄くてそれようのマニュアルもあるとのことでした。システム障害で振り込みできないなど。訴えて営業停止にできますか?犯罪ですよね?

  • 不動産業者の違法建築物販売について。

    不動産業者に勤めて居りますが、勤め先の会社所有の違法建築(建築確認及び開発許可なし)を販売するよう命じられました。違法建築であるとお客様に説明すれば良いと会社からは言われますが、会社が違法であると認識しながら製造して売るのと、他者が作ったものを頼まれて売るのは違うのではないかと思うのですが。 免許を失いたくあり...

  • ハウスメーカーとのトラブル 建築法違反について

    現在新築住宅の工事中です。 先日上棟の方が終わって今日現場の方に行ってみたのですが一階階段部分の柱二本が天井まで到達しておらず、その隙間およそ1.5センチ。 監督にお伺いしたところ隙間に詰め物をすれば大丈夫とのこと。 検査に関しては第三者機関が行うそうなんですが心配でなりません。 このような事例は建築法違反にあ...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。