自宅土地の境界トラブル

自宅土地の境界について相談です。

8年前に自宅建築の為、土地を購入しました。

綺麗に宅地造成された土地ではなく、地目が雑種地の竹林のような状態で購入しました。

当時、購入地は測量図が登記されていましたが所々境界の杭が無かった為、仲介の不動産業者と測量図に基づいて境界杭を復旧し、隣地持ち主と境界立会をしてから決済をするという契約のもと隣地持ち主、不動産業者と立会をし、購入に至りました。

上記の自宅土地の件で相談致します。

近々自宅前が(私道挟み真向かい)宅地造成されるそうで、造成をする不動産業者から私の自宅の一部を排水路として使用したいので売却してくれないかと相談がきました。

その為私の土地に測量を入れたのですが、自宅右隣の境界が大幅にずれていて、約8坪も自地が狭くなっていることが発覚しました。

今回の測量士立会のもと、再度境界立会をしましたが、右隣地の父親(現在は息子夫婦の家が建っています)が境界は昔からここだったと譲らず納得しない為もめています。

どうやら、購入当初の立会も測量図に基づいて杭を復旧し立会がされたものと思っていましたが、隣地の父親の主張に基づいて杭が復旧されただけのようです。
当時の仲介業者に確認をしたいのですが個人の不動産業者で、社長が亡くなり現在は廃業されている為確認のしようがありません。

隣地の持ち主が同意しなくとも、法務局に申請をすれば正しい境界は国が確定してくれる制度があるので大丈夫だと測量士は言うのですが、私としてはその誤った境界に数百万円かけて擁壁工事をしている為、正しい境界に再度擁壁工事をし直す費用を請求したいと考えているのですが、可能なのでしょうか。

もし可能な場合、仲介した不動産業者と誤った境界を主張し続ける隣地の持ち主、どちらに請求するべき費用なのでしょうか。

ご教授頂けると助かります。
宜しくお願いします。
2018年10月23日 14時32分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府3 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
> もし可能な場合、仲介した不動産業者と誤った境界を主張し続ける隣地の持ち主、どちらに請求するべき費用なのでしょうか。

両者に請求されてみたらいかがでしょうか。

2018年10月31日 22時27分

この投稿は、2018年10月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,704名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 境界確認にあたり測量の誤差について

    建築物を壊す際にお隣との境界を入れる事になりました。 仮測量の数字と建物を壊し実測量の数字で常識内の差は何センチぐらいなのでしょか?

  • 土地の土と境界線トラブル

    境界線越えによるトラブル 真後ろの家が、家を壊し建て直しし始め、業者が、我が家の敷地境界線越えでブロックを立ており、立合いの話もなく、勝手に立ていたのを発見。 業者は、境界線を測ってブロックを立たと言ってたが、こちらで計測すると、図面上と比較すると、明らかに短くなっていました。 我が家の敷地内を越えて、さらに...

  • 隣人 境界線トラブル

    五軒並んでる家が10cmずつ境界線がずれていたそうです 今回自分家が新築に建て直し、外構が始まる時に隣人から言われました 隣人は5年前に建て直しをした際に言われたそうです 私達は知らなかったので後ろのブロックなどは今までの土地で作ってしまいました 今10cm返せと言われても水道管などもあり困っています なんで知っていた...

  • 境界について 通知書への回答がない場合

    双方(当方&燐家)の測量士の測定の境界が約10Cm違うので、立ち合いを依頼しました。しかし相手側は立ち合いに応じられない為、相手側の不動産会社に通知書を弁護士さんより送付して頂きました。(*測量に関しては、当方のほうが精度が高く、公道からの測量。相手側の測量は所有地内での測量。公道からは未測定) しかし、通知書送...

  • 引き渡しまでの境界線明示とそれに伴う契約解除について

    建売住宅を購入しました。 隣家との境界線は引き渡しまでにわかるように明示しておくとの説明を受けていました。 しかし、引き渡し当日境界線の明示はされておらず、売主にその場で確認したところ、今から手配して今日中に行いますと返事をされました。 契約書をみなおすと、「売主は残代金支払日までに買主にたいして、境界線を明示...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。