建設業許可ない業者との建築請負契約の解除について

ある業者と、建築条件付きで土地の契約と建築請負契約をすでに結んでいます。
間取りについて不満点があるままに、建築確認申請の委任状を偽造されて勝手に提出、着工されてしまい、現在説明を求めて工事を中止させています。

こちらは、
・実際にどの建築士が関わっているのか設計経緯と、あわせて詳細な見積もりと仕様書
・委任状が偽造された経緯
・確認申請用の図面を未確認のまま建築確認申請を出した経緯(契約時に添付なく、すぐに渡してもらうことを約束のうえ契約)
・確認申請で出された図面の設計士の名前差し替え(それまでの図面には親会社の管理建築士の名前が入っていましたが、その業者の管理建築士の名前に説明なく変えられていました)
・工程を連絡する約束だったのに勝手に着工した経緯

これらについて、業者の営業担当と上司に、業者の管理建築士(建築確認申請書類上の建築主の申請代理人、設計士、工事管理者でもあります)からの説明を求めていますが、頑なに拒否されています。
さらに、業者側は契約書があることを理由に合意を取っているので問題ないと強気で進めようとしています。

一方、建築確認申請書類を見てみると、その業者が建設業の許可を得ていないことが判明しました。結果として1500万以下且つ130平米以下の建物になったので、軽微な工事扱いになり許可を得てなくても違法性はないのかもしれませんが、そもそも見積もりも頑なに拒否された上での1500万以下なので、金額はいかようにも操作できる状況です。
なお、この業者が建設業許可を得ていないことは知らされておらず、契約書には
「次の各号の一に該当するときは、甲は書面をもって乙に通知して工事を中止し又は本契約を解除できます。又、甲は、乙に損害の賠償を請求することができます」とあり、その一が「乙が建設業の許可を取り消されたとき又はその許可が効力を失ったとき」とあったために、業者は建設業許可を得ていると誤認させられていました。

お伺いしたいのは、むしろこの条項があることにより、業者が建設業許可を最初から得ていないことを理由に契約を解除、損害の賠償請求ができないか、ということです。
見解をいただきたく、よろしくお願いいたします。
ことりこさん
2018年03月28日 22時13分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4
ありがとう
> お伺いしたいのは、むしろこの条項があることにより、業者が建設業許可を最初から得ていないことを理由に契約を解除、損害の賠償請求ができないか、ということです。

建設業許可を得ておらず、あなたの建物の建設を行うことに不適合だという要素(質問にあるような業者側の不適切な対応等)があれば、契約の解除や損害賠償請求ができるのではないか、と思います。

2018年04月01日 08時01分

この投稿は、2018年03月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建設工事の自働債権の有効性について

    建設業の許可業者(以下、業者)に工事を依頼しましたが4年経った未だに工事がおこなわれておりません。 家の建築工事に付随した工事なので工事請負注文書を提出しましたが、請書はいただいておりません。 双方、契約の可否についての争いはありませんが、督促しているにもかかわらず業者が契約の解除を申し出してきません。 代金は...

  • 中古住宅の瑕疵に対する建築士、施工業者の責任について

    今年、中古住宅(平成5年築、平成17年増築)を購入したのですが、既存部分(平成5年築の部分)の基礎がブロックであり、建築基準法違反であることがわかりました。売主とは瑕疵担保責任の免責特約を結んでおります。建築士、施工業者の責任は問えますか? もともとの建築主は故人で遺族から購入しました。その後しばらく空き家だ...

  • 外構業者条件付土地契約

    家を建てようと思い建築条件付きの土地を購入しました。その土地の契約書には『建築時に伴う外構工事については売主の指定した業者に依頼する事をご了承ください』と記載があります。 これ以上の記載は無く、内容や金額等の記載はもちろん、業者名もわからない状態です。 こういった契約の特記事項は有効でしょうか? 抱き合わせ販売...

  • 建築条件付き土地売買、建築請負契約トラブル

    建築条件付土地売買契約を結び(売主)、建築請負契約を結んだ(請負者)同一の業者(A社)が、建設業許可を得ていないことが判明しました。 許可がないと1500万円未満、150平米未満の工事しか受けられないと聞きますが、これまで説明はありません。 請負契約書には請負代金1300万円となっていますが、これ以外の増坪など、契約前に...

  • 土地を買いました調整区域再建築可。

    契約した土地が調整区域内再建築可です。不動産業者から既存建物の1.5倍まで建てられるといわれ契約しました。役所へ出向きいろいろ調べたら取り壊したらすぐに建てないと許可は出さない。確認申請を出してその後解体じゃなければ無理との事。引渡し後に壊してしまし数年後に建築は認めないとの事でした。不動産業者から上記の説明は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。