新築1年で日陰

新築してまだ1年。土地の売主は「あと10年は南の土地は売らない」「私が死ぬまではきっと売らない」というので、高いお金を出して納得して土地を購入しました。でも先日急に、南の土地を売却したという人が私の家に現れ、その時に南の土地が売れたことを初めて知った。不動産屋からも、売主からも、一言もそんなことは聞いておらず、不動産屋に電話で抗議したが、「売主さんの都合だから仕方ない」の一点張り。私たちは泣き寝入りしかないのでしょうか。
2007年11月03日 14時33分

みんなの回答

足立 敬太
足立 敬太 弁護士
ありがとう
あと10年は売らないという発言が証拠に残っていれば勝ち目はあると思います。

2011年02月27日 22時37分

この投稿は、2007年11月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 地主から土地売却を要求されたら

    実家が100年近く土地を借りており、その土地の上に家を建てております。 (100年前に畑を造成し、宅地に作り直して家を建てています。) 地主から購入しないと、別な人に売ると言っています。 どうしたらいいでしょうか?

  • 袋地(死に地)の購入方法 (20坪

    死に土地についてご相談させていただきます。 3年前に土地を購入し家を立てました。土地の北側に長方形の20坪の土地があり、死に土地になっています。 家を立てた当初は土地の所有者から不動産屋経由で土地を売りたいと申し出があり当方も購入するつもりでしたが、地目が畑であり、手続きに手間がかかるためなのか不動産屋から連絡...

  • 家屋の一部と水道管・下水等が埋まっている土地(借地)の売買

    昭和3年ごろ私の祖父が借りた土地、当時は水田でしたが祖父の側で埋め立て家屋を建てました。買うより借りるが得の時代でそのまま同じ地主さんと契約更新。それから数十年、隣家の人と仲良くお付き合いしてきましたが。最近土地の一部の権利を譲ってほしいとの事。隣家は土地も自己所有ですが土地一杯に建物があり高齢ですので、土地建...

  • 土地の地目変更・売却について

    実家が所有している土地を売却したいのですが、地目が田で登録されています。地目を変更して売却したいのですが、どのような手続きをすれば良いのでしょうか。 又、現在、同じ土地に3件家が建っていますが、土地に入る前面道路も建築基準法上の道路として認定されておらず今の土地には家が建てられないと聞きました。 土地の地目を田...

  • 地図混乱地域(ちずこんらんちいき)で売買は可能か

    近隣に引っ越してくる甥(弟の息子)に私名義の一筆の土地(約40坪)を売ることになりました。 土地の状況や売却額については双方納得しており何の問題もないのですが、不動産業者の話では、該当の土地は地図混乱地域(ちずこんらんちいき)で売買が出来ないというのです。 枝番違い(公図では50mほど離れている他人所有の土地と逆転)につ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。