不動産売買契約について

A会社の土地建物に銀行の抵当権が入って居ます。
B会社が土地建物に賃借権を設定して居ます。
A会社から、B会社への売買契約を抵当権付きのままで、所有権の登記をした場合、A会社が差押えで期限の利益を一失した場合、B会社が所有している土地建物は、どうなりますか?
2017年04月03日 13時28分

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
競売に付されます。Aの抵当権がBの賃借権よりも優先順位ならば,買い受け人に対し賃借権は対抗できず(短期賃貸借ならばべつですが。設定の時期が問題です。)結局は賃借権は消滅します。

2017年04月03日 13時57分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 不動産・建築に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
ご案内のとおり、
抵当権は所有権が移転しても消滅せず、
抵当権付きで所有権は移転します。

他方、抵当権の債務者はおそらくA会社のままでしょうから、
A会社が期限の利益を喪失すれば、
銀行は抵当権を実行できます。
B会社の意向はここでは関係ありません。

賃借権については、一定の要件をみたせば、
6ヶ月間だけ引き渡しを猶予されるにとどまります。
民法395条をご参照ください。

2017年04月03日 14時12分

相談者
B会社の賃借権が、サービス付高齢者住宅及び小規模多機能型介護施設の場合は、どうなりますか?

2017年04月03日 14時25分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
賃借権が土地に設定しているのか
建物に設定しているのかわかりませんが
いずれにせよ抵当権設定後に設定された
賃借権は、抵当権が実行されれば保護されません。
ただ、落札した人が賃借権をそのまま承継してもよいと考えれば
そのまま存続することとなります。

2017年04月03日 15時52分

相談者
抵当権に対抗出来る要件はありますか?

2017年04月04日 06時39分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
抵当権設定よりも前に
賃借権を設定する以外に対抗する手段はありません。

後は新しい取得者が任意にそれを引き継いでくれるかどうか
ということとなります。

2017年04月04日 08時47分

この投稿は、2017年04月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,705名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 土地売買

    土地売買における不動産会社の信頼性と売買契約について 「当方土地の現状況」 ・共有名義の土地を分筆登記をしたが、相手の所有建物の一部が当方の土地に建っている。(建物は空き家で、老朽化している。登記前に登記終了後に壊すとの公的文書なし) ・当方の土地には古屋があり、現在住居として使用。 「不動産会社の現状況」 ...

  • 借地権の買取について

    借地権の買取について 当社は、B(個人所有者)の土地を新たに賃貸し、A社用の物流施設を新規で建築し、賃貸することを計画しております。 A社は現在、Bから土地を普通借地権契約で土地を賃借し倉庫を営んでおり、Bの土地にはA社の建物が建っております。 A社は建物を取り壊す予定ですが、相当の除却損が発生するために会計上の負担が...

  • 緊急対応希望。架空建築債権譲渡について

    建設請負会社A 建設会社B 契約者C 金融機関Dが関係者です。 契約者Cの立場でご返答お願いします。 契約者Cは建設請負会社Aに商業施設の建設を依頼しました。その際、金融機関Dから借入をおこしました。 商業施設が未完成の段階ですが、建設請負会社Aから全額入金の依頼があり、なぜか?金融機関Dからも融資が全額入金されたため...

  • 土地・建物の債権。そこで質問ですが?

    分かる範囲で教えて下さい。A(建設会社)がB・C・Dの金融機関から数億円の借金をし会社の土地・建物ともに担保に入ってます。そしてE(建設会社)がF(不動産会社)にBの金融機関に数千万円払えばCとDについては数百万払えば、全ての債権を整理してきれいな状態にすると言ってきました。このやり方は合法的で今までも弁護士を入れて同じよう...

  • 所有不動産について。今後、賃料を請求することはできますか?

    親族が経営する会社の役員をしておりますが突然解雇されました。私名義の収益物件の家賃を会社の運転資金に充てていました。今後、賃料を請求することはできますか?今も収益物件の収益は会社に入っています。また、今までの分も請求は可能ですか?土地、建物の名義は私ですが土地の買収資金は実質会社から出てました。この先会社に不動...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。