注文住宅、契約破棄したい場合の設計費200万円は妥当ですか?

昨年9月建築条件付き、古家付き土地を見つけました。
とにかくローコストで仕上げてもらいたかったのですが、設計事務所を紹介してもらいましたが工務店の知り合いという、私達買主にとっては中立ではない立場の設計士さんでしたが、信頼し、お任せすることにしました。

半年以上設計図面を出してもらいながらコストダウンをお願いし、建物価格2400万円で落ち着き、今年5月土地契約→手付金100万円を支払いました。
6月、買主の私達に何の連絡もなく古家の解体され、やや不信感を抱き始めます。
7月、実施図面に基づいた建物価格が3100万円(坪単価80万円を超える)と跳ね上がり、さらには地盤改良が必要なので200万円追加請求されます。

建物に対して、我々と設計士さんとの打ち合わせで700万円も跳ね上がるような注文はしていませんし、資材も高くつくようなものは使用していません。

工務店に不信感しか残らないので、今回は契約を解除したいと伝えると、あっさり、土地の手付金100万円は返しますとの事。

しかし、設計事務所とは別で設計契約を交わしており、実施図面まですすんでいる為200万円は請求されそうです。

ただ、少し高すぎるんではないかと伝えると、これまたあっさりと50万円は引きますと言ってきました。

もはや設計事務所の言っていることもめちゃくちゃではないのかと不信感を抱きます。

当初の見積りの予算内で建たないのであれば契約破棄は出来ないのでしょうか?
それでも設計費は支払わなくてはいけませんか?

せめて実施図面に入る前に地盤調査くらいはしておくべきでは無かったのでしょうか?

法的に、我々が支払うべき金額はやはり200万円なのでしょうか?
納得がいきません。
b4_3eb2さん
2016年08月31日 16時06分

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
どのような契約を締結なさったのは不明なので、回答は難しいところですが、金額が確定していたのか、設計料の負担の合意があったのかによって変わってくるように思われます。ご相談内容からすると当初の見積から大幅に変わっており、契約の前提としていた者とは相当かけ離れていると言える可能性があり、契約解除など契約の効力がもはやないと言える可能性があると思います。また設計料の請求についてもそのような合意はなく突然持ち出されているような気がしますが、いかがでしょうか。
早めに具体的な経過や契約書、見積書などをもとに不動産や建築関係の問題をよく担当している弁護士に相談なさってから対応を決められたらいいと思います。

2016年09月01日 00時07分

この投稿は、2016年08月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,133名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 居住用マンションの土地と建物価格の按分

    先日新築の自宅居住用マンションを購入しました。 マンションは約3500万です。 契約書に購入金額の内訳で、土地、建物、消費税の割合が記載されているのですが、 中高層、郊外の物件にも拘らず、土地の割合の方が建物の割合より高く按分されています。 具体的に言いますと、土地(販売対象面積)が約10000㎡で、共有持ち分はこの...

  • 新築時の土地・建物の登記割合について

    表題の件について相談です。 土地が900万、建物の金額は約3000万です(大よそなのは今後も内装備品やオプションで価格の変動があるため)。 建築は今からですが、先に土地の契約をすることになりました。 合計約3900万の物件の出資割合は以下の通りです。  ・私500万  ・妻500万  ・私の親1000万  ・住宅ローン1900万 こ...

  • 建設業許可が必要かどうか

    隣接する3つの工場のリフォームを行います。相手は株式会社さんです。すべてコンクリート建屋で賃貸物件。家主リフォーム受諾済。工期は、別々。 Q1:事業主購入の特殊な電気設備4台を全くリフォームに関係しない別業者が3つの工場に取り付けます。取付費用と本体合計税込600万円。「工事の目的を同じとしない別個のも」とみなせるか...

  • 自宅建築本契約後の追加料金(550万円)で解約 解約金の返金について

    2月にH工務店と自宅建築の本契約の為220万円の契約金を払いましたが、土地の名変、建築許可を取った後に 土地の盛土L字の追加料金で170万円 プラス L字の下に杭を打つ為380万円の追加金を要求されました。 契約段階で、盛土、L字は200万円で出来るとの話でしたが、いきなりの550万円UPでは納得いきません。 担当の行政書士さんの...

  • 老朽ビルの建て替えに伴う、移転料について

    私たちは、会員制のNPOです。 現在、3部屋を借りて、事業を運営しています。公共性が高いのですが、自治体等の支援は、ありません。 28坪、24坪、22坪の3室、合計74坪を借りています。 3室の家賃と管理費の合計55万円です。建物設備として、400万円投資しています。 建物の老朽化により、隣接の建物が東京都から改善命令が出て...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。