質問への回答をお願いします。

公開日: 相談日:2011年02月14日
  • 2弁護士
  • 2回答

自由設計の建売住宅を購入し、設計依頼、工事が着工しました。その過程(土台、屋根完成)で建築士から突如天井高さが低くなると説明がありました。理由については構造上強くするため梁を太くしたことで10cm天井高さが低くなったとのことでした。直しを要求したところ無理であると回答があり、工事も続行されることとなりました。その後、天井高さだけではなく外のベランダ(家の外周半分程)も10cm低くなっていることが発覚し、窓とベランダの間が狭くなりテラスを取り付けることも不可能となりました。なんの説明も受けていないこと、図面と異なることを指摘したところ構造上は問題ない、との回答であり直しもしてもらえませんでした。値引きにて対応するよう要求したところその回答はなく、先日、工事現場に立ち入るな、残りの残金6000万円の支払いを命じる書面が届きました。質問ですが、こちらの要求とは異なる建築のまま直しも値引きもないままに全額を支払わなければいけないのでしょうか?支払いを拒否した場合、業者が裁判を起こしてくるもと思われます。こういった場合にはこちらに勝ちめはないのでしょうか。構造上問題ない、ことで業者は納得するよう要求してきます。建築に詳しい弁護士さんがみつからず困っております。アドバイスを至急お願いいたします。

44157さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    上記のみでは何とも言いようがありませんが、天井の高さやテラスの有無は大きな設計変更で、希望に沿わないことになると思いますから、業者の言うままではおかしいと思います。
    お近くの弁護士に面談で詳しい状況を説明してご相談ください。

  • タッチして回答を見る

    最高裁判決では、構造計算上、安全性に問題のない建物であっても、
    特に契約上重要な内容となっていた部分が履行されていない建物の場合、
    それは、建物の「瑕疵」にあたると判示されています。

    「瑕疵」が認められれば、買主(注文者)から損害賠償が可能で、
    その損害賠償請求権と、売主(請負人)からの代金請求権とを相殺することができます。

    あなたのケースでは、
    天井の高さやテラスなどが、契約上重要な部分となっていたのか、
    こちらの損害はいくらとなるのか、
    などが「勝ち目」の有無につながると考えます。
    しかし、証拠に基づく具体的な主張は、専門家以外には困難ではないでしょうか。

    支払を拒否すれば、残金の大きさから考えて、訴訟に発展することも当然ありえます。
    早期に、弁護士に面談での相談をされることをおすすめします。

この投稿は、2011年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す