崖条例にかかる物件で建て替えできない

建築法に詳しい方に教えて頂きたいです。

13年前に土地と昭和58年築の中古家屋を購入しました。今年、建て替えをしようと住宅メーカーと打ち合わせをほぼ終え、建築申請をしようとしたところ崖条例がクリアできません。

崖側には、少なくとも昭和58年以前から隣の敷地内に擁壁があります。崖上には6年前にマンションが新築されました。

崖条例をクリアするためには擁壁が構造耐力上安全であると証明しなければなりません。

市の建築科に調べてもらったところ、マンション建築完成時にもそれ以前にも擁壁に関する確認検査済証のようなものは存在せず、未提出のままになっているとのこと。(マンションの建物は済証まであるようです)。かなり昔の擁壁建設時の資料は前管轄時代のことで市にはないとのこと。昭和58年の現我が家の建築時には擁壁の安全を当時の建築士の一筆で確認したことになっているらしいが、今ではそんなことはまかり通らないとのこと。

ここで、2つ訴訟案件です。

1、13年前に土地と中古家屋を購入した際、崖条例や擁壁についての説明はなく、重要事項説明書にも記載されていないのは、おかしくないですか? 建築条件はないという説明で、素人考えでは今も家は建っているから大丈夫だろうと、それ相応の金額で購入したのに。私が購入した時から擁壁は変更されていないので、13年前も崖条例にかかる物件だったはずです。不動産会社に賠償責任は問えないものでしょうか?

2、マンション管理組合には、建築時だけではなく今現在でも敷地内の工作物である擁壁の安全を確認検査して済証を提出する義務があるはずで、市には未提出を指導する義務があるはずです。

市は、「ウチは民間検査会社が検査して確認したものを受けるだけだから。違法建築にしても人手がないので通報があったり大規模なものでないと指導もしない」 と言います。でも今回私が通報したので、指導責任があると追及できますか?

また、マンション組合に対し、「敷地内にある工作物の済証が提出されていないことでウチは建て替えできないという不利益を被っている」あるいは「建て替え云々抜きで現在安全が保障されていないから困っているから検査をして安全だというデータを出すか、壁をやり直してほしい」と訴えることはできますか?
トムトムさん
2016年03月19日 20時58分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
1について 土地建物の購入が13年前であると、不動産会社に債務不履行に基づく損害賠償請求が可能だったとしても、債務不履行の時から10年の消滅時効期間が経過しており、不動産会社から消滅時効の援用がされると、損害賠償請求ができなくなるのではないか、と思います。

2について 「マンション管理組合には、建築時だけではなく今現在でも敷地内の工作物である擁壁の安全を確認検査して済証を提出する義務があるはず」ということであれば、市に対し、指導をするよう請求できるでしょうし、マンション組合に対し、「検査をして安全だというデータを出すか、壁をやり直してほしい」と請求することもできるのではないか、と思います。

2016年03月28日 17時04分

この投稿は、2016年03月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建築条件付き土地について

    建築条件付き土地を購入し新築戸建を建てたのですが、 土地決済後、設計後半になり、参考プランでは耐震性が 足りないので、壁を2枚増やすことになり、部屋や収納が 狭くなりました。また、当初、ロフトを作る予定だったの ですが、建築確認申請段階で、業者が予定していた土地の 高さの起点より低い位置を起点とされ、家の高さが...

  • 擁壁の越境責任について

    建築条件つきでない土地の購入を検討しております。土地の一部に擁壁があり当方は上部(A)、下部にはアパートが建っています。今回の売買の際測量した結果、その擁壁の一部が12センチ下部の土地(B)に越境していることが判明。購入者が擁壁の作り変えをすると特約に記載されていました。しかし、こちらが「そもそもこの擁壁は誰が建て...

  • 長屋の解体について

    今年の7月に自宅建築用の土地を購入しました。その土地には建物が建っており建物解体が必要なのですが、隣の敷地にまたがって建っているため、土地購入の際に売主(不動産業者)に建物解体ができるかと隣地の建物共有者の同意はとれているかと確認すると、解体は問題なく承諾もとっているということで回答をもらい土地の売買を終えまし...

  • 進まない建築計画について

    新築予定地として、更地を取得し、建築計画を作成しました。 予定地の建築にあたっては隣地と接する部分に擁壁を立てる計画です。 ついては、隣地に建築・環境計画を相談にいきましたが、細々と物言い等を求められ、工事着工が遅れています。 隣地なので、なるべく穏便に済ましたいと思いますが、先方の要望に対応する経費も限界があ...

  • 団地の共用部分と棟の共用部分の選別について

     団地の共用部分と棟の共用部分の選別について、ご相談します。    当団地(5階建・30棟・約1000戸・築37年)は、これまで修繕積立金が団地・棟別ではなかった(丼勘定だった)ので、この春から団地積立金と棟別修繕積立金を分割管理することになりました。    当団地には、150戸の1階住戸に専用庭があります。そのうち...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。