土地の所有権に関して

土地の所有権に関する質問です。

■状況
 昭和64年に土地を登記し、建物(工場)を建設いたしました。この際、建物の周辺の国(旧内務省)の所有となっている土地(登記では悪水路と分類されているものです。)は購入せずにアスファルトで舗装し、駐車場を作りました。その横は通路状態になっており周辺の住民も利用しております。通路を隔てた反対側は今まで空き地となっておりました。最近になってこの空き地に建物が建設されましたが、その結果、この道が狭くて通りずらくなりました。そこで近隣のある方からうちの駐車場が国の土地まで舗装しているので通行に支障をきたしているとの苦情を受けております。こちらとしては駐車場として舗装した部分については民法162条にある「取得時効」が発生していると説明し、先方の主張に反論しております。

■質問
 ・上記に状況からして、まず「取得時効」が成立しているという解釈は正しいでしょうか?
 ・「取得時効」が成立し、正式な土地所有権があることを証明するにはどうしたらよいでしょうか?
 ・相手に対し、何らかの形で土地の所有権があることを証明するのは今回のようなケースでは妥当な対応でしょうか?
  (無視するなどのほうが現実的でしょうか?)

※補足
 この件について、先方からは当方の駐車場の国所有部分に対し、ペンキのようなもので線を引かれてしましました。これについては放置すべきでしょうか。これにより所有権を放棄しているとみなされたり、また、当方の施設を傷つけていると判断される場合は法的な手続きをするべきでしょうか?


以上。よろしくお願いします。
げんごろうまるさん
2015年11月26日 18時20分

みんなの回答

武山 茂樹
武山 茂樹 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 ・上記に状況からして、まず「取得時効」が成立しているという解釈は正しいでしょうか?

>舗装した部分は国の土地ということですよね。
 国の土地も時効取得の対象にはなるのですが、これが「公物」と呼ばれるものでしたら、時効取得するハードルは高くなります。
 本件土地の当時の状況はわかりませんが、登記が「悪水路」となっておりますので、公物に当たる可能性もあるでしょう。

 ・「取得時効」が成立し、正式な土地所有権があることを証明するにはどうしたらよいでしょうか?

>一番良いのは、訴訟で登記を自分名義にすることです。

 ・相手に対し、何らかの形で土地の所有権があることを証明するのは今回のようなケースでは妥当な対応でしょうか? (無視するなどのほうが現実的でしょうか?)

>ペンキで線を引かれてしまっている状態なので、むしろその土地が誰のものか決着をつけてしまった方がよいでしょう。
時効が成立するなら、登記をした方がよいと思います。

2015年11月26日 18時40分

小木曽 琢也
小木曽 琢也 弁護士
ありがとう
>・上記に状況からして、まず「取得時効」が成立しているという解釈は正しいでしょうか?

 「悪水路」とは、地目上の「用悪水路」のことでしょうか。
 用悪水路だとすると公共の用に供せられるべき物にあたる可能性があり、公共の用に供せられるべき物については、公用廃止のない限り、取得時効によって所有権を取得することはできないとされています。
 基本的に、国有地などのうち、道路・水路などの公共用財産を時効取得することはできません。

 ただ、公共用財産が、長年の間事実上公の目的に供用されることなく放置され、公共用財産としての形態・機能を全く喪失し、その物の上に他人の平穏かつ公然の占有が継続したが、そのため実際上公の目的が害されることもなく、もはやその物を公共用財産として維持すべき理由がなくなった場合には、公共用財産については、黙示的に公用が廃止されたものとして、取得時効の成立を妨げないとされています。
 そこで、黙示的に公用が廃止されていることについて、立証を尽くせば取得時効により所有権を取得できる可能性があるかもしれません。

 一方、仮に時効取得できたとしても、近隣の方と問題を生じる可能性があります。
 通路と駐車場の一部が一体として近隣の方の通行の用に供されているときには、近隣の方から、近隣土地のために駐車場の一部に通行地役権が時効取得されていると主張されるかもしれません。
 この場合、駐車場の所有権が認められても、近隣の方の通行を妨げることはできないことになります。

> ・「取得時効」が成立し、正式な土地所有権があることを証明するにはどうしたらよいでしょうか?

 おそらく国を被告として、訴訟を提起する必要があるでしょう。

2015年11月26日 19時09分

げんごろうまる さん (質問者)
武山様、小木曽様

迅速な回答ありがとうございます。大変参考になりました。
ご指摘にありました通り「悪水路」→「用悪水路」です。
ご説明からすると「時効取得」は微妙な状況ですが、
所有権をはっきりしないと始まらないので
訴訟と登記を検討したいと思います。
まず自分でいろいろ調べてまた質問をするかもしれません。

ありがとうございます。大変助かりました。

2015年11月27日 00時03分

この投稿は、2015年11月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地の取得時効について

    2年前に購入した不動産(宅地・中古住宅)について、境界標・壁が無く、隣家との境界が不明確な状態となっています。 最近になって法務局で測量図を取得し、図面を基に境界を確認したところ、隣家の住人が自分の土地と主張して置いている複数の置石(15~20cm)がある場所は、自分の土地である事が判明致しました。 上記状況につい...

  • 雨水の流れ道が所有地を通る場合は低地の隣人に対して対応は必要か

    はじめまして、 雨水の流れに対する対応についてです、 現在、土地購入後、自宅を新築中です。 3つの土地がL字型に並ぶ、雛壇地の真ん中(角地)になります。雨水の流れとして、特に側溝などはなく、上から下へ、私の所有地の一部を含むL字の内側の角を通り、1番下の隣地へ流れ混んでいます。流れ道は壁の外なので、壁などの損傷が...

  • 私道上の違法駐車について。

    私は自分の所有する土地で駐車場を経営しています。 その土地は、祖父が所有し、道路提供している土地に隣接しています。 この頃、祖父が所有する土地上でかつ、駐車場の出入り口から3m以内の土地に駐車している車があります。 このため、私の経営する駐車場を利用している車が駐車場を出て左折することが大変困難になっています...

  • 「敷地に隣接する土地」の定義について

    法律に「敷地に隣接する土地」の所有者の同意が必要などと書かれていた際、その「敷地に隣接する土地」をどのように考えれば良いのでしょう? 敷地と周りの土地の間に細い赤道や青道が通っている場合等は赤道・青道を越えたところにある(当該敷地にくっついてはいない)土地の所有者の同意等は特に必要無いのでしょうか?

  • 建物を建築する前の 隣接する土地所有者への 同意書作成と説明んついて

    市街化調整区域で農地転用を行い宅地に分筆を行い建物を建てようと計画をしております。そこで、隣の土地は、雑種地で 土地所有者は、業者に土地を貸しており、ダンプや重機などがあり、大きな山となっている土砂があり、境界近くの雑草も私たちの敷地に侵入しております。そこで、隣の土地の所有者に 草木や土砂が侵入しているため、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。