控訴期限と関連事項について。

以下、3点につきまして、ご回答賜りたく、よろしくお願いいたします。
不動産に係る訴訟において、約1年間の審理の後、先週中に一審判決が下されました。当方が被告人です。
審理中、当方代理人からは「悪くても負けはない」と言い聞かされていたにも関わらず、第一審は、被告である当方に完全敗訴となる、極めて厳しい判決でした。
被告人は私を含む計5名です。一審では、被告全員が同じ一人の代理人に委任しましたが、今回、一審判決(主文確認)直後、代理人が辞任したため、判決文は被告それぞれに送達されるに至りました。送達日が週末にかかったこともあり、5被告のうち、既に送達を受領したのは一名のみ。残る3名は、週明けの受取りとなりますが、この場合、①控訴期限については、被告それぞれの「受け取り日」からの起算として良いのでしょうか?
②現時点では、控訴の如何については、被告全員の意思確認には至っておりませんが、例えば、同訴訟において、一部の被告は控訴断念、残る被告人のみで控訴審を争うことは、現実的には可能でしょうか?
③最後の質問としますが、一審の判決直後、依頼人の意思の何も確認しないまま、弁護士自らが裁判所に「辞任」を届け出て、送達場所を被告個々の自宅へ変更するなどは、通常、よくあることでしょうか?
2015年10月04日 22時32分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
①控訴期限については、被告それぞれの「受け取り日」からの起算として良いのでしょうか?

 その通りです。

②現時点では、控訴の如何については、被告全員の意思確認には至っておりませんが、例えば、同訴訟において、一部の被告は控訴断念、残る被告人のみで控訴審を争うことは、現実的には可能でしょうか?

 もちろん可能です。

③最後の質問としますが、一審の判決直後、依頼人の意思の何も確認しないまま、弁護士自らが裁判所に「辞任」を届け出て、送達場所を被告個々の自宅へ変更するなどは、通常、よくあることでしょうか?

 通常はあり得ないことです。当初から敗訴の場合も予期し、その場合の措置についても検討していたのでしょう。

2015年10月05日 07時25分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
①控訴期限については、被告それぞれの「受け取り日」からの起算として良いのでしょうか?
  そうなります。

②現時点では、控訴の如何については、被告全員の意思確認には至っておりませんが、例えば、同訴訟において、一部の被告は控訴断念、残る被告人のみで控訴審を争うことは、現実的には可能でしょうか?
  そのようなこともあります。

③最後の質問としますが、一審の判決直後、依頼人の意思の何も確認しないまま、弁護士自らが裁判所に「辞任」を届け出て、送達場所を被告個々の自宅へ変更するなどは、通常、よくあることでしょうか?
  そのようなことは、通常ありません。
  通常は、弁護士が判決を受領して、控訴について検討します。
  また、依頼者に何も言わず辞任することはありません。

2015年10月05日 09時15分

相談者
ご回答を賜りました両先生に御礼申し上げます。
いずれも適切かつ明確なお答えに、心より感謝申し上げます。
或いは、また関連して質問させていただくこともあるかと思い
ますので、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2015年10月07日 17時32分

この投稿は、2015年10月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 控訴審での当事者の略し方

    民事訴訟を本人訴訟でやっています。 地裁での一審判決に満足できず、原告、被告共に控訴しました。 高裁に電話して確認したら、互いに控訴したので、「控訴人」とかではなく、「一審原告」「一審被告」といった表現にするように言われました。 それで質問なのですが、控訴理由書で毎回「一審原告」としたら文章のリズムが悪くなっ...

  • 前回の続き

    提訴から、1年3ケ月が経過した先日、証人尋問(当事者の本人尋問と被告の仲間の目撃者)が行われました。 加害者は、私の先生からの尋問に対して、「検察官調書は、再度実況見分をすると検察官から脅されて、怖くなって事実ではないことに署名してしまった。」などと言っている始末です。 裁判官から、被告に対しての質問は、刑事処分の結果...

  • 前回の続き

    提訴から、1年3ケ月が経過した先日、証人尋問(当事者の本人尋問と被告の仲間の目撃者)が行われました。 加害者は、私の先生からの尋問に対して、「検察官調書は、再度実況見分をすると検察官から脅されて、怖くなって事実ではないことに署名してしまった。」などと言っている始末です。 裁判官から、被告に対しての質問は、刑事処分の結果...

  • 上告の仕組み、詳細について

    控訴審で敗訴したため、上告を考えています。 上告は厳しいと言うのはよく聞いてますが…手続きの違法や審理不尽を理由として上告は可能でしょうか? また、上告の期限の開始は控訴審と同じで、判決を受け取ってから14日以内でしょうか?

  • 当事者照会の時期(「訴訟の係属中」とは)

    本日訴状を提出しました。 【質問1】 番号も振られましたが、相手に訴状が届いてない状態でも、裁判所に訴状が受理されている以上、「訴訟の係属中」として被告に「当事者照会書」を送付できるでしょうか? 【質問2】 第一回口頭弁論後でなければならないとか、被告に訴状到達後でなければならないという事があるでしょうか?...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。