ベストアンサー

勝手に土地に建物を建てられました。


50年程前、父と父の母とで賃貸で暮らしており、父の母が見つけた庭付の中古物件を購入しました。
収入は父しかなく父の名義で登記されました。
その後、父が結婚し、しばらくの間アパートを借り、新婚生活をしていましたが、
その留守中、父の妹夫婦が父の土地の庭に家を建てました。
登記人である父に話す事もなく、父の母と父の妹の間で勝手に決めた事とです。
父が知ったのは建築中で大喧嘩になったそうですが、建築も進み、まだ話し合える兄妹の関係から、
そのうち返してもらうつもりでおりました。
父夫婦に子ができ、購入した家に戻りましたが、
父の母と父の妹とは仲が良く、父夫婦は、のけもの扱いで、父の妻へのいじめが始まり、延々と続きました。

父は、何度も土地を返して欲しいと妹夫婦に言いに行きましたが、この家は私達がお金を出して建てたものと一点ばり、話も聞かず、追い返されたり、手渡した紙も目の前で破き捨てられ、全く話に応じません。
こんなことがずっと続いてきたようです。
地代は全くもらっていません。

父の母は20年程前に亡くなり、
父の妹の旦那も5年程前に亡くなりました。
父の妹に息子と娘がおりますが現在は別居しており、父の妹一人でその家に住んでいます。80代の元気な老人です。
父は脳梗塞で倒れ家で療養中です。
父は妹に土地を返して貰えなかったことをすごく悔やんでいます。
土地まで取られてしまっているかもと心配しています。

土地の登記人である父に相談する事もなく母と娘の間で決めて家を建てられ、登記された場合、50年もたってしまうと、土地は返もらえないのでしょうか?
2015年09月28日 17時03分

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
使用貸借です。とすれば期間の定めなくとも目的終了すれば返還請求できます。逆に言えば建物存立中あるいは居住者存命中は,返還請求は困難かも知れません。しかし事情によるので,弁護士に詳細を説明して相談をお勧めします。

2015年09月28日 17時14分

木野 達夫
木野 達夫 弁護士
ありがとう
まず,お父様名義の土地について,お父様の妹(ないしその家族)に取得時効(民法162条)が生じていないか問題となります。

お父様の妹(ないしその家族)が「所有の意思」をもって土地を占有していた場合,10年あるいは20年で取得時効が完成する場合があります。

「所有の意思」の判断は難しいのですが,お父様の妹がお母様より「この土地は私のものだけどあなたにあげる」といっていたような場合は「所有の意思」が肯定される可能性があります。
そうではなく,お父様の妹がその土地がお父様のものであることを知っていたのであれば,「所有の意思」は認められないでしょう(他人のものを使用している意思であるため)。

取得時効が認められない場合,お父様とお父様の妹(ないしその家族)との間で土地の使用貸借契約(民法593条)が成立していると考えられます。
(土地の不法占拠という構成も考えられなくはありませんが,いったんは大喧嘩になったものの,「そのうち返してもらうつもり」になったというのですから,妹さんが土地を使用することを承諾したと理解されます。)

ですので,使用貸借契約を解除すれば土地を返還してもらうことは可能です。

民法の規定によれば使用貸借契約の解除は,
①返還時期を定めた場合はその時期の経過により返還を求めることができます(民法597条1項)。
②返還時期を定めなかったときは「契約に定めた目的」を達したときに返還を請求できます(同条2項)。
③返還の時期も契約の目的も定めなかったときは,いつでも返還を請求できるとされています(同条3項)。

裁判例によれば,ご質問のような家族間での不動産の使用貸借については上記の②と判断されるケースが多いようです。
その場合,「契約に定めた目的」の解釈が問題となります。

例えば,そのときの当事者間(お父様とお父様の妹さん)の意思として「妹さんが亡くなるまで」とか「妹さんの家族が巣立つまで」などの約束があればそれに従いますし,明確な約束がない場合は,お父様と妹さんの当時の意思を推測することになります(最終的には裁判所が判断します)。

非常に難しい問題ですので弁護士に相談されることをお勧めします。

2015年09月28日 17時34分

この投稿は、2015年09月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,572名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 父親が亡くなった後、土地を父親の妹が勝手に持っていってしまった為、取り返すことはできますか?

    20年くらいの前の話になります。当時私は未成年でした。父は亡くなり父名義の土地、建物がありました。父は自分の妹にその建物を貸しており妹一家が住んでいました。父が亡くなった後、父の妹夫婦が訪ねてきて、母親に印鑑を押させあげる形になってしまったようです。その事実を母が死ぬ間際にしりました。私にはまだその土地をもらう権...

  • 先月父が亡くなり祖母の件などでもめています。

    現在祖母と同じ敷地内に別々に暮らしていますが、父が生きている時に新しい家を建てました。 母家の土地は祖母の名義。新しく建てた家は父の名義になっています。 父には二人の妹がいます。(二人共結婚しています。) 祖母の面倒を父、母、私の姉妹で見ており、叔母二人はたまに来て祖母の様子を見て帰る感じです。私達夫婦が母家の...

  • 急ぎです。名義変更何よりも名義はどうにもなりませんか?

    11年前、家と地続きの隣の土地を主人と義父が半分ずつお金を出し合って購入しました。その時名義は義父にしました。3年後、この土地を義父は義弟に生前贈与し、名義も変え、小さいながらも家を建て、義弟に住むように言ってきました。しかし義弟は当初から住む意志がなく、ずっと「家も土地もいらない」と言ってました。義父は生前、「...

  • 土地名義について

    父親が7年前に亡くなりました。7年たった今 父親名義の土地が出てきたのですが父親の兄嫁が 「私名義に変えてほしい。それで借金返済をしたい」と 言ってきました。父親の兄(現在は死亡しています)は 借金があり、兄嫁が財産相続したので借金を 背負っています。 が、今の今まで父親名義になっていた 事は知らされず、勝手に父親...

  • 母親が勝手に…

    私は物心ついた時から祖父母の家で祖父母に育ててもらいました。父親は私が産まれてすぐに亡くなり、母親は私が小さい時に再婚し祖父母の家をでていました。私は祖父母も亡くなり、5年ほど前に祖父母の家をそのままにして別の土地で今は生活しています。祖父母の家は土地と二階部分が母親名義で一階部分は祖父名義なのですが、母親が今...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。