地積測量図を土地家屋調査士以外が作成することはできる?

地積測量図を土地家屋調査士以外が作成することは制度上可能なのでしょうか?
法家宗家さん
2015年05月20日 23時07分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
地積測量図を土地家屋調査士以外が作成することは制度上可能なのでしょうか?

業としてということであれば,家屋調査士が作成することになると思います。
あとは申請者本人でしょうか。ただ能力的に厳しそうですね。

2015年05月21日 03時04分

法家宗家 さん (質問者)
申請者とはどのような人ですか?
土地の所有者?

2015年05月21日 07時25分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
土地の所有者?

そうですね。

2015年05月21日 07時30分

法家宗家 さん (質問者)
法律等で義務付けられているのでしょうか?

2015年05月21日 19時27分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
土地家屋調査士法68条でしょうか。

(非調査士等の取締り)
第六十八条 調査士会に入会している調査士又は調査士法人でない者(協会を除く。)は、第三条第一項第一号から第五号までに掲げる事務(同項第二号及び第三号に掲げる事務にあつては、同項第一号に掲げる調査又は測量を必要とする申請手続に関するものに限る。)又はこれらの事務に関する同項第六号に掲げる事務を行うことを業とすることができない。ただし、弁護士若しくは弁護士法人が同項第二号から第五号までに掲げる事務(同項第二号及び第三号に掲げる事務にあつては、同項第一号に掲げる調査又は測量を必要とする申請手続に関する審査請求の手続に関するものに限る。)若しくはこれらの事務に関する同項第六号に掲げる事務を行う場合又は司法書士法第三条第二項 に規定する司法書士若しくは同項 に規定する簡裁訴訟代理等関係業務を行うことを目的とする司法書士法 人が第三条第一項第四号 若しくは第五号 に掲げる事務(同法第三条第一項第八号 に規定する筆界特定の手続に係るものに限る。)若しくはこれらの事務に関する第三条第一項第六号 に掲げる事務を行う場合は、この限りでない。
2 協会は、その業務の範囲を超えて、第六十四条第一項に規定する事務を行うことを業とすることができない。
3 調査士でない者は、土地家屋調査士又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。
4 調査士法人でない者は、土地家屋調査士法人又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。
5 協会でない者は、公共嘱託登記土地家屋調査士協会又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。

2015年05月22日 06時00分

法家宗家 さん (質問者)
土地所有者本人が申請することについての規定は何かありますか?

2015年05月22日 07時28分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
不動産登記法16条1項でしょうか。

第一六条  登記は、法令に別段の定めがある場合を除き、当事者の申請又は官庁若しくは公署の嘱託がなければ、することができない。

以下略

2015年05月22日 07時41分

法家宗家 さん (質問者)
地積測量図を作ることは登記の一部なんですか?

2015年05月22日 08時23分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
地積測量図を作ることは登記の一部なんですか?

登記申請書に添付するのではないでしょうか。

2015年05月22日 08時29分

法家宗家 さん (質問者)
地積測量図を添付するのが義務なんですか?

2015年05月22日 08時41分

この投稿は、2015年05月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地家屋調査士の仕事

    法務局から取り寄せた地積測量図(平成18年作成)に土地家屋調査士の方の名前があります。 地積測量図に基準点の記載がありません。土地家屋調査士に確認しても実際の基準点の場所の割り出しができませません。 測量は測量会社に任せたようですが、申請をしてあるにもかかわらず、後日に基準点の場所を確認しても解らない、解らないから境界...

  • 虚偽登記をした土地家屋調査士に慰謝料と損害賠償を請求したい。

    我が家を建てる時に土地を分筆し登記しました。 その後、お隣さんが土地を分筆するとの事で測量に立ち会い、その時に土地家屋調査士に公図と我が家の現況にズレがある事を告げられました。 その旨を土地家屋調査士会に報告し調べを進めると 私が住宅メーカーから指定された土地家屋調査士が測量を行った際に、筆界復元をせず、地図...

  • 借地契約の対象となる土地の境界について

    事業用借地権設定契約を結んで土地を貸しています。 契約の対象となっているのは、私の土地(3筆)と 隣地(9筆)で、登記簿や法務局の地積測量図とは 実際の面積土地の形状現地の境界杭などが一致 しなかったので、契約の際借主が土地家屋調査士を 依頼し、借主の費用負担で地積測量図を作成しました。 その地積測量図は土地家屋調査...

  • 境界確定時の土地家屋調査士の測定ミスについて

    親族の所有する土地の隣地が昨年売買され、境界確定を行いました。その際に、隣地外壁の一部が越境しており、その旨を記した確認書を作成しました。 ところが、後日隠れていた外壁が、境界杭より越境していることがわかり、外壁の一部ではなく全体が越境していることが判明しました。 現状の境界確認書では、境界自体は境界杭で確認し...

  • 時効取得を主張している隣地境界線と筆界との土地の問題について質問させていただきます。

    45年ほど前に父が購入した土地で私と兄の共有名義で相続した土地に住宅を建てて住んでいます。40年程前隣地の所有者がブロック塀を境界として設置したい旨立ち合って決めたつもりでしたが少なくとも筆界ではないと父に言われ(代理立会)隣地に言ったが取り合ってもらえず現在に至っております。隣地所有者は弁護士を立てて時効取得が完...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。