新築住宅の概算見積もり間違いについて

公開日: 相談日:2014年08月19日
  • 1弁護士
  • 2回答

注文住宅の契約に関して、概算見積に不備があるまま契約しました。
建物自体の価格に関しては詳細見積を頂いており、納得の上契約したのですが
他の税金、その他費用類は概算として下記の通りとなっておりました。
①印紙税 10,000円(概算)
②建物表示登記 120,000円(概算)
③建物保存登記 60,000円(概算)
小計①+②+③=190,000円
④外構費 1,000,000円(概算)
小計④1,000,000円
合計①+②+③+④190,000円

概算金額のTOTALとして割愛しましたが上記の他に土地の値段等も記載があったため、
私は、この外構費100万が入っていない間違いを見落としたまま設計申し込みを行いました。
契約は3段階で、設計申し込み(押印及び申込金50万)、工事請負契約(頭金10%)、追加契約(確定)
間違いに気づいてハウスメーカーに誠意を持って自分から話したのは設計申し込み後、工事請負契約前です。
設計申し込みを行う際、ハウスメーカーからは
「設計申し込みをして頂ければこの値段が確定されます」
「外構費も含んでこの値段でやります。だから契約して下さい」
と言われており、私は打ち合わせの際は必ず録音していましたので上記は残っています。
後に、私はこの間違いに気づき、ハウスメーカーに対し
「間違っているとはいえ、この内容で契約しましたので外構をやらなければ100万円は引いて頂けるのですよね?」と確認したところ
ハウスメーカー側は「あー間違ってますね。間違っているので、外構費100万円はそちらで用意して下さい」と言われました。
当然「それでは話が違う、プラン、見積もりを早急に出して下さい、御社の間違いのため、100万円分は御社負担ですよね?」と告げたのですが、工事請負契約後に提示されてきました

設計申込金は帰ってこないため、仕方なくプラン、見積りが出てくる前に工事請負契約を
したのですが、間違った内容で契約したとはいえ、出来ない金額を提示し、
後に契約をとったら金額を修正するというのは故意ではなくても詐欺に該当するのではないのでしょうか?
または、工事請負前に当該内容をはっきりさせなかった私が悪く、間違った見積を提示したハウスメーカーに責任はないのでしょうか?

先生方の見解をご教示頂きたく、宜しくお願い致します

275908さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県7位
    タッチして回答を見る

    合計①+②+③+④190,000円 小学生でもできる計算です。
    単なる、記載ミスですね。
    「間違っているとはいえ、この内容で契約しましたので外構をやらなければ100万円は引いて頂けるのですよね?」建物本体工事代金から引けるという意味であるなら、あなたの言い分は法的には通用しません。請負契約は、原則出来高による積み上げなのです。合計の記載ミスを理由にすることは、その金額が全体に比して大きすぎて(2,3割に及ぶ場合)、契約しなかっただろうという場合です。
    建物請負契約と、登記その他諸費用は完全に別であって、外構工事も建物と別途です。あくまで、外構工事の費用を支払わないなら、外構工事はやってくれないでしょうから、別の業者に外構工事をさせるということになります。100万円で収まるのかどうかわからないでしょう。

  • 相談者 275908さん

    タッチして回答を見る

    回答頂きまして有難う御座います。
    建物から引いて頂くということではなくて、
    外構工事を行った場合、見積もられている100万円が
    0円になっているわけですから
    100万以上の場合、差分を私が支払う等ハウスメーカーと
    話し合いが出来ないかと考えるのですが、
    頂きました内容ですと誤記を見逃した私が
    悪いということでしょうか。

    宜しくお願い致します。

  • 弁護士ランキング
    愛知県7位
    タッチして回答を見る

    100万以上の場合、差分を私が支払う等ハウスメーカーと
    話し合いが出来ないかと考えるのですが、
    話し合いは可能ですが、合意できなければ、外構工事100万円の提示はされているので、契約に影響はしないと思料します。

この投稿は、2014年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました