1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 土地の所有権譲渡について

公開日:

土地の所有権譲渡について

2014年08月01日
現在、実家の敷地内に一軒家を建てて、住んでいます。当初、自分達の建物の建っている土地は名義を変更する予定でしたが、ハウスメーカーが面倒だから土地の所有権はそのままでというので、今も親のままです。
しかし、固定資産税や今後のことも考え、名義を変更したいと思っています。
その際に、親は健在ですので、生前贈与となり贈与税の対象になりますか?例えば、少額でも親にお金を払えば贈与にはならないのでしょうか。
相談者(271469)の相談

みんなの回答

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
贈与の対象にはなりますが、相続時精算課税制度というのがあり、金額、目的によっては、亡くなった時に相続税率に応じて生産することでいい場合もあります。

おっしゃる場合には、適用される可能性が高いと思いますので、手続き等税理士に相談してみてはいかがでしょうか。さほど難しい相談ではないので税務署への問い合わせでも十分かもしれません。

2014年08月01日 07時59分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府7
弁護士が同意2
ありがとう
親は健在ですので、生前贈与となり贈与税の対象になりますか?

・なります。

例えば、少額でも親にお金を払えば贈与にはならないのでしょうか。

・著しく低い価額の対価で資産の譲渡を受けた場合においては、その財産の譲渡があった時において、その財産の譲渡を受けた者が、その対価とその譲渡があった時における その財産の時価との差額に相当する金額を、その財産を譲渡した者から贈与により取得したものとみなされます(みなし贈与課税)

2014年08月01日 08時02分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
生前贈与は、贈与税の対象となります。

相続時精算課税を利用すれば
低率の贈与税を支払って
後で相続の際に精算することが可能です。

少しのお金を支払って売買としても
通常の取引価格よりも
かなりの低額で譲渡すると
低額譲渡と言って
通常の取引価格との差額に贈与があったと
されて税金が課されてしまいます。

不動産の税金は、簡単ではないので
税金の問題は、税理士に相談しながら
進めた方がよいと思います。

2014年08月01日 10時10分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
相続時精算課税は
今の価格で
後で相続税を精算することとなるので
必ず得になるかどうかは
わかりません。

その点も税理士に相談して見てください。

税金のことを考えると、名義はそのままで
相続したときに名義を変える方がよい
ということになると思います。

2014年08月01日 10時14分

この投稿は、2014年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺産分割前の不動産の固定資産税は誰が支払う?弁護士Q&A

相続が発生してから遺産分割の手続きが終わるまでには一定の時間がかかります。相続財産の中に不動産がある場合、遺産分割の手続きが終わる前に固定資...

あなたが借りている土地(借地権)に相続税が生じるかを調べる方法

あなたに、他の人から借りている土地がある場合、家族はあなたが亡くなった後、「他人が所有する土地を利用する権利」(借地権)を相続することになり...

財産分与に税金はかかるのか?

離婚時には、夫婦で築いた財産全てを対象に財産分与を行います。多額のお金が動く手続きとなるため、税金が発生するのかどうか、課税対象となるものは...

この相談に近い法律相談

  • ローン返済中の建物の名義変更

    現在ローン返済中の建物の名義を贈与という形で主人の姉に変更したいと思っています。その上で私達家族は市営住宅にはいりたいとおもっております。が、固定資産税が二年分残っております。市営住宅は市税の滞納があると応募することができません。建物を贈与すると残っている分の固定資産税も同時に贈与という形になりますか?ちなみに...

  • 未登記建物の賃貸又は取り壊しについて

    母名義の土地に祖父の弟が建てた未登記の建物が建っています。土地の固定資産税は母が支払っておりますが、建物の固定資産税は未払いとなっているらしいです。 祖父の弟は他界し、祖父の弟の娘が相続しているようです。 その建物を第三者が貸して欲しいと言って来ました。 建物の所有者は貸すことを承諾しております。 土地所有者と...

  • 使用貸借付きの土地の相続

    二年前に祖母が他界しました。現在母と弟2人の三人で遺産相続についてもめています。 祖母所有の土地に長男が祖父から贈与された建物に家族で住んでおりました。同じ土地に祖母も別の建物に住んでいました。この建物も長男が祖父から贈与されたものです。 土地の登記は贈与でなく売買になっております。 祖母の死後、相続で調停に...

  • 土地建物の買取りや賃貸料が発生するのか?

    妻の母親と同居していましたが、性格の不一致でトラブルが続き、母親は家を出て妻の姉夫婦の家に住んでいます。 現在の住居の土地建物は、妻と母親で二分の一ずつの名義となっていましたが、母親分の名義を姉の名義に変更し生前贈与しました。現在、住宅ローンは私が支払っております。 妻は姉から自分名義分の土地建物を買い取るか賃...

  • 底地購入後の借地権解除について(贈与にならない方法)

    30年前祖父が国有地を借地として借りその上に祖父名義の家を建てました。 祖父が亡くなり空き家になったのを私の叔父が相続をし、のちに私の両親が10年前に移り住んでいます。名義は叔父のままです。 老朽化により今回私の主人が住宅ローンを組み2世帯住宅として家を建てる計画をしています。 底地を国から購入しますが借地権を...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。