確認申請と構造が違う建売住宅の売却

17年前に地場の建売業者から新築で建売住宅を購入。
その住宅を売却しようとしたところ、仲介の不動産業者より建築確認申請と実際建っている建物の構造が違うため、購入予定者の住宅ローン審査で制約が多くなり、その結果ご破算となったとの事。
確認申請では鉄骨造3階建だそうで、実際は1階鉄筋コンクリート、2・3階は木造です。
購入時の重要事項説明書では建築確認通知書図面と完成後の建物図面とは異なりますと記載されていますが、こちらの希望で押入れの位置を変更したためと認識しています。
当時の広告では木造一部鉄筋コンクリートと記されています。
売買契約書はありますが建築確認図面や検査済証は受け取っていません。
通常の物件と同様に売却するために何か手立てはありませんか。
また、手立てが無いとすると資産価値が大幅に下がることになりますが、この建売業者に損害の補填を訴え出ることはできますか。
何かいい方法がありましたらよろしくご教授のほどお願い申し上げます。
めいたんていはいじさん
2013年03月31日 13時30分

みんなの回答

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
ありがとう
めいたんていはいじさん

事情の全てが分からないので,正確なことを申し上げれませんが
回答をさせて下さい。

今回の物件はひょっとすれば違法建築だったのではないかという印象です。
そうすると,ローン審査は間違いなく通らないでしょう。
結局,不動産を売却するためには更地にする必要がありますね。

次に,業者の責任追及は可能だと思います。
ただし,どこまでの金額を請求できるかは難しい問題であり
お近くの弁護士さんに早急に相談をして下さい。
期間制限も気になるところではあります。

2013年03月31日 13時49分

めいたんていはいじ さん (質問者)
早速のご回答ありがとうございます。
申請と違う構造で建ててしまった場合は登記のやりなおしなど何らかの手続きをしてもその事実はどうしようもないということですね。
建売業者を訴えるか、またはそこに仲介してもらい売却してもらうというのも一法でしょうか。
重ねて申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

2013年03月31日 14時17分

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
ありがとう
めいたんていはいじさん
もちろん登記をやり直してもいいのですが。
肝心の建築確認図面や検査済証がないのが気になり,このままでの売却は難しいと感じました。
業者の責任追及を検討せざるを得ません。
期間制限もありますので,早急に専門家にご依頼下さいね。

2013年03月31日 14時29分

この投稿は、2013年03月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

相続税が発生するか判断するときに遺産の戸建住宅の価値を評価する方法

遺言書により戸建住宅を受け継ぐ場合でも、相続税の計算をするために、住宅の価値を評価する必要があります。この記事では、戸建住宅の価値を評価する...

この相談に近い法律相談

  • 瑕疵責任がありますか?

    並んでいる2棟の賃借用中古住宅を売りました。築10年です1棟は入居中で1棟空き家でしたのでそれを確認しながら売買を完了しました(不動産会社を仲介しています) トラブルは空家を確認した時点では3階小部屋(屋根部屋)への階段はロフト式(収納方式)ですが、自分の建築当初からの誤認識で入居中である もう1棟は備え付けの...

  • 土地購入後に廃材が埋められていることが判明

    今年6月4日に売買契約を結び、2年後に家を建てる予定の土地についてです。 15年前にこの土地に立っていた古家を取り壊す際、解体業者が地中に廃材を埋めていたという話を近所の人より聞きました。 この土地を所有し解体業者に依頼したのはX不動産ですが、仲介していたY地所が契約の直前にX不動産から土地を一旦買い取り(X不動産の資...

  • 請負契約と専門家の責任について

    戸建建設中において、建築の請負業者の設計段階の説明不足によって、 施主の認識と相違のある工事が為された場合でも、確認申請通りであれば、 業者の専門家としての責任を問うことは出来ないのでしょうか? ※説明不足は業者も認めている ※業者のミスにより、施主は工事前の現地確認の機会を逸している ※建築内容自体に違法性は...

  • 建築条件付き土地について

    建築条件付き土地を購入し新築戸建を建てたのですが、 土地決済後、設計後半になり、参考プランでは耐震性が 足りないので、壁を2枚増やすことになり、部屋や収納が 狭くなりました。また、当初、ロフトを作る予定だったの ですが、建築確認申請段階で、業者が予定していた土地の 高さの起点より低い位置を起点とされ、家の高さが...

  • 新築戸建て 地上権が一部にあります。

    新築の建て売り住戸を検討中です。 所有権の物件です。 敷地内に裏住戸への送電のため、細い電柱が建っています。 (購入検討物件にはそこから電気を引き込んでいません。物件の裏にあるので生活の支障にもならなそうです) 契約内容や詳細な確認は不動産屋にとっていませんが、簡単な案内書には「地上権設定範囲確約6.3平米 」と...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。