重要事項の説明事項について

当方、不動産業者なのですが、重要事項説明書の次の事柄の記載が法的に必須かどうかお教えください。

一棟のRC造の建物の屋上に木造の家を建築した物件がございました。
数年前に、その木造の建物が火災になり全焼して消失いたしました。
その時に木造の建物の火災により1人亡くなられました。
下のRC造の建物は火災にはならず無傷でした。

そして今回、そのRC造の建物を売買により取引をするのですが、買主としてはこの事実は知っているのですが、諸般の事情により重説及び売買契約書にこの事実を記載をしないでほしいとの要望があります。

ポイントとしては、
・人が亡くなった建物は消失している。
・火災によって本体の建物のダメージは補修している。
・買主は記載を望んでいない。

あくまでも法的な観点や判例でお答えの程お願い申し上げます。
keiouさん
2012年07月10日 18時04分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
重説における重要事項でありませんし、
そもそも今回売買の対象になっている物件そのものに関する事情とは言えない
可能性も高いでしょう(隣接していた隣の家が火事になったのと同じように
見える可能性もあるでしょう)。

ただし、商慣習や地域の状況から、
このような事故物件はそうでない物件よりも安くなる(場合によってはかなりの程度)という場合、
そのことが秘されたままで売買すれば、買主にとっては、そのことを知っていたら
そんな価格では買わなかったということになるので、
詐欺取り消しや錯誤無効をする余地が残ります。

本件の場合、買主自信は、その事実を知っているということなので、
そういう問題はないはずですが、
後から「そんなことは知らなかった」と言われた場合に
証拠がないと困るので、事情を知って購入するという念書のようなものを
入れてもらった方が良いでしょう。

2012年07月18日 10時37分

この投稿は、2012年07月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建物収去土地明け渡。私 の主張は何が可能ですか?

    土地建物、いずれも大家 の所有であつた。 私 は、大家 から本件建物を期間1 年の約定で賃借した。 大家は本件建物を友人 に譲渡したように仮装した。売買を登記原因として友人 への所 有権移転登記手続をした。 友人 から売却の提案を受けた私 は、大家 と友人 との売買が仮装であ ることは全く知らなかった。 大家 は、私 ...

  • 未登記物件が存在する競売物件を落札しました。今後の流れについてお教え下さい。

    まず、今回私が落札した物件について記させていただきます。 債務者(以後Aさん)所有の土地の上に建物が4棟(すべてAさん所有)あり、そのうち3棟は未登記物件です。競売対象物件は土地と登記建物1棟で、残りの未登記建物3棟は売却対象外建物です。 今回の落札で私が取得できるのは土地と登記建物1棟だけで、未登記建物3棟...

  • 建物収去土地明渡請求したい土地の法定地上権について

    長文ですがお許しください。 競売で土地を落札いたしました。 その土地上には未登記物件が3棟存在しております。いずれの建物も登記こそされておりませんが、今回の競売対象になった債務者の事実上の所有物です。 未登記が原因なのか、その建物は競売対象にはなっておりませんでした。 落札をした弊社としましては、その3棟が...

  • 未登記建物を解体してしまった場合の損害賠償について

    1年位前太陽光発電をするためにに土地を購入いたしました。その土地には、未登記建物2件と抵当権付の登記建物が存在します。先日、倒壊しそうな建物(未登記築45年位)2件を解体しましたが、後々の権利関係、例えば損害賠償等、発生しないか心配になり、質問いたしました。この土地は、過去に前回の持ち主が競売で落札したみたいで、過...

  • 建売購入時の重要事項説明書の内容について

    はじめまして 建売住宅購入の契約をした際の重要事項説明書に「敷地内に電柱があり南側に移設をするので、その後の移設・撤去はできません」と記載してありました。敷地内にある電線なので我が家が使う物と思い了承して契約をしました。 ところが、家が完成間近になりその電柱は我が家とは全く関係なく隣家専用の電柱でした。(所有は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。