1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 所有している土地と道路の間の所有者

公開日:

所有している土地と道路の間の所有者

2010年05月10日
一戸建ての家を購入してすんでおります。購入時敷地に面している道路の一部は負担してくださいと不動産やさんにいわれて、それは当然かなと思っておりました。
ところが先日所有権を確認したところ、我が家の土地と道路の間に細い土地があり、我が家とお隣と不動産やの共有名義になっています。間口からして我が家の持分では4m道路に接どうしている部分が足りないと思われます。
しかも隣家もその隣もほぼ同時期に購入しておりますが、
同じ不動産やがそれぞれ所有権を残しています。
これでは我が家は袋地扱いになってしまい、再建築が
できないどころか売ったりも出来ない土地ということになりますか?
これは不動産やにだまされたということになるのでしょうか?それとも理由があって所有権をのこしているのでしょうか?
どなたか回答お願いいたします。困っています。
相談者(11122)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
両隣と不動産屋に理由を確認してみてください。その理由の当否を、再度確認してください。

2010年05月16日 02時57分

この投稿は、2010年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地境界囲障物について

    隣地がマンション駐車場に面している土地を購入し、家を建築する予定です。 そのマンションとの境界に遮蔽物はなく、塀を設置したいと考えています。 そこでマンション側と交渉するにあたり、民法225条及び226条の解釈について伺えないでしょうか。 特に225条1項の「囲障を設けることができる」の「できる」があいまいに感じており...

  • 宅地内のl型擁壁の傾き

    9年前に建築条件付きの土地を購入し、注文住宅を購入しました。 去年の秋に宅地内にあるL型擁壁(高さ60センチ)がわずかに傾いているのがわかりました。 この擁壁は造成時に建てられたもので、土地購入時には既設されていたものです。 雪溶けし春にはわずかに傾きが増していました。 数週間前にハウスメーカーに確認したところ、瑕疵...

  • 市所有の擁壁について

    農地から宅地になった土地を購入しました。 前面道路と敷地の境に市の所有物の擁壁(高さ50cmほど)があります。 敷地の方が高いです。土地を見に行った頃から擁壁は傾いていてコンクリートがずれていました。 境界線は、土地の外側にあります。 一般的にこういった擁壁の補修、責任は所有者がするものでしょうか? 以下詳細です。...

  • 土地を購入した際の、隣地境界線上の壁について

    土地を購入しました。契約済みで、手付金は払っています。残りのお金は、売主側が建物を解体後に現地確認と測量をした後に、支払いをする契約です。先日、解体が終わり測量も完了したと、不動産会社から連絡がありました。ただ、測量をした結果、隣地との境界に塀(2方向)が建っていて、ちょうど境界の真ん中に建っているので、隣地の...

  • 車の出入りで隣家の敷地を使用した場合の賠償金

    30年前に分譲を購入しました。我家は公道に面しており隣家は駐車場が公道に面しており家はその奥にあります。境界線は隣家の駐車場の公道から1m奥にいった地点から45度我家方向に公道までとなっています。我家の駐車場からの車の出入りは、どうしても隣家の45度の三角の敷地の一部を通らざるをえません。入居時にその趣旨を話し挨拶をし...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。