家族での共有不動産について

公開日: 相談日:2022年01月13日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
家族で共有かつ居住している不動産について。
長男対次男と母で対立してます。
長男持分面積7割です。
頭数は長男1:母と弟2です。
家族と建物の補修工事費やその分担割合の折り合いが付きません。

【質問1】
このように身内であっても管理組合の総会決議などの仰々しい決め方を行う必要はあるでしょうか?
また、拒否した場合はどうなりますか?

【質問2】
また、家族の管理組合総会の話し合いで平行線の場合は、建物の補修等は一生行えないということになりますか?

1102825さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    熊本県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    「家族で共有かつ居住している」不動産とは,マンションやアパートでしょうか。それとも,一戸建てでしょうか。以下では,後者の前提で回答いたします。

    1【質問1】について
    補修工事については,共有物の保存行為(民法252条但し書き)により,単独で行うことができるかと思います。また,費用については,持分割合に応じて,他の共有者に対して償還が可能です(民法253条1項)。

    2【質問2】について
    上記のとおり,補修工事であれば,単独で行うことは可能かと思います。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す