建物の建物と地盤補強のずれ

半年前に新築一戸建てを購入したのですが、建物と、地盤補強の図面が約45cmずれているのが発覚し確認したところ、建物と、地盤補強が別々の(40cmずれた)設計図で工事されたため、ずれていることが発覚しました、発覚後、施工業者と地盤改良をした会社が、ずれてはいるが、耐久には問題がないので大丈夫と回答してきたが、納得できません、こういう場合、話しがまとまらない場合裁判を起こすべきなのか、万が一裁判を起こした場合、損害賠償請求(どのくらい)できるのか教えてもらいたいのですが。
takeda361027さん
2010年05月02日 14時30分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
裁判をするのなら
自身としては,どういった解決を望んでいるのか
を決めておかないといけません

損害賠償は,慰謝料でしょうか?
それとも,無駄になった工事費用相当分でしょうか。
それによっても変わります

2010年05月02日 14時41分

弁護士B
ありがとう
損害賠償というのは、文字通り損害が発生している場合に認められるものです。
その40センチのずれがどのように損害として考えられるかについて、どこかに問い合わせをされたのでしょうか?
裁判になれば、原則として相談者さんの側で、そのずれによってどのような損害が発生したかを立証しなければなりません(法律構成によりますが)。

また、その程度の建築ミスでは、慰謝料請求は認められないと個人的には思います。

2010年05月02日 15時45分

この投稿は、2010年05月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地の盛土と擁壁

    我が家の南側の隣地には古い2階建てアパートがあったのですが、半年ほど前に取り壊され、先日、盛土をする宅地造成計画の説明がありました。 隣地は現状でも、こちらの地盤より1.4mほど高くなっており、境界から10cmほど離れて、いずれの隣接敷地内にも高さ70cm程度の既存擁壁があります(高さ70cm程の擁壁が平行に10cm+10cm=20cmの間隔...

  • 解体追加料金について

    解体業者に関してのご相談です。先日、他界した父の土地を売却することとなりました。その際、その土地にある家屋を処分しました。木造家屋解体撤去工事の初回見積もりでは、外部からの現地調査で概算だったとしていますが130万円でした。ところが隣接している戸建てへの倒壊を防ぐ必要があったとして、壁補修工事で100万円追加工事され...

  • 隣地境界の50㎝以内に建てた建物について

    住宅を建てたのですが、奥行は大変広いのですが、間口が狭く片方の隣地境界を民法の規定にある50㎝を確保する程度で設計してもらい、住宅を建てたのですが、外壁が当初の予定より厚くなってしまい、外壁面や基礎等主要なところでは50㎝以上あるのですが、水切りや笠木が2~5㎝程はみ出してしまい、45㎝~48㎝程度の部分が一部でてしまい...

  • 道路の潰れ地補償について

    土地を2000坪購入しました。隣接する市道のななめに建設された擁壁が150坪程越境しており、市に伺うと、①この擁壁は平成13年の大雨の際、土砂崩れがあり所有者の希望で建設した。②公共に供している土地は潰れ地として分筆して課税していない。③土地の買い上げはしていない。④擁壁工事をして垂直に切る工事はしない。 との回答で、前...

  • 民事訴訟の時効について内容証明は有効でしょうか

    本相談は、以前の相談「後から損害が発見された場合の損賠賠償について」http://www.bengo4.com/bbs/158701/の続編になります。 第N期の理事長夫妻の不正行為によって、土壌改良工事の保証工事を補償金による金銭解決に変更した結果、その余の瑕疵について請求権を放棄してしまいました。その後過去の資料を詳しく調べた結果、庭園工...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。