弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脅迫・強要

2016年05月26日

脅迫罪の懲役・罰金の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れと対処法

脅迫したつもりがなくとも、脅迫罪に当てはまっていれば、被害者に訴えられて逮捕されてしまう可能性があります。たとえトラブルの原因が被害者側にあったとしても、脅迫罪は成立してしまう可能性があるので注意が必要です。 しかし、逮捕されたからといって必ず刑務所に入れられるわけではありません。ここでは脅迫罪で逮捕されたらどうなるのか、どう対処すればよいのかを説明します。 ※下記に記載する数値は、検察庁統計年報と司法統計(第一審判決)に基づき算出しています。

目次

  1. 脅迫罪の量刑相場
  2. 脅迫罪での逮捕後の流れ

脅迫罪の量刑相場

脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。強要罪の場合は、3年以下の懲役となります。 脅迫罪の場合は、有罪判決のうちおよそ49%が懲役刑、51%が罰金刑となっています。懲役刑の期間は、1年以上2年未満がおよそ54%、6か月以上1年未満がおよそ40%となります。 罰金刑では、ほとんどの場合で10万円〜30万円台となっており、中でも20万円台が半数以上を占めています。

脅迫罪での逮捕後の流れ

脅迫罪に関わらず、被疑者(犯人と疑われている人)が逮捕されると、警察は48時間以内に検察に被疑者の身柄を送致するか決定し、その後検察は24時間以内に勾留(引き続き身柄を拘束すること)の請求を行います。逮捕後の流れについて、詳しくは「逮捕・刑事弁護」をご覧ください。 脅迫罪の場合は、検察に身柄が引き渡された後、およそ97%のケースで勾留が認められています。検察は勾留しながら捜査や取調べを進めて証拠を揃え、起訴(裁判所に対して有罪判決を求めること)するか否かを検討します。 起訴の中にも2種類あり、刑事裁判として一般にも公開された中で判決を下す「公判請求」(正式起訴)と、書類による手続きのみで刑を決める「略式命令請求」(略式起訴)があります。検察は、懲役を求刑する場合には公判請求を、罰金を求刑する場合には略式命令請求を行います。 一方で、逮捕されたからといって必ず起訴され、有罪となるわけではありません。実際の起訴率は44%となっており、被害者との示談が成立すれば、不起訴となる可能性も高いのです。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

脅迫・強要に関する法律相談

  • 返済後も返済しろ!と言ってくる相手に対して。

    知人から借金をしました。 生活状況も苦しく支払いができなかったため、知人が一緒に消費者金融にある借金 の一部を支払いしてくれました。 少しずつその借金を返済し、かなり高額の返済を...

    3弁護士回答
  • 強要や脅迫になりますか?

    会社より不当解雇され約3年後に裁判で勝ち復職しました。その間、親から生活費を借りて生活費をしていました。もちろん裁判に買って会社からその間の給料は出ましたが弁護士費用を払い親に...

    1弁護士回答
  • 脅迫で罪に問えますか?

    不倫相手の配偶者の方から勤務先の駐車場で待ち伏せされ、1時間以上殺す、今から車に乗れ、家まで押しかけてやる、さらいに行くなどと言われました。 自分が原因を作ったことは猛省し、真摯...

    2弁護士回答
  • 下請業者から支払の嫌がらせ

    下請け業者へ工事を依頼 支払いは末締めの翌末の支払い、ただし元請会社によって末締めの40日支払の場合があると口頭で説明 下請け業者から末締めの請求が来て今回の元請会社の支払いが末締...

    1弁護士回答
  • 友人の女性が交際当時の卑猥な画像をネタにおどされています

    友人の女性が元彼におどされています。 友人は出会い系サイトで元彼と知り合い、交際していたそうです。 私も同じ出会い系サイトを利用しているのですが、 偶然、その元彼がまだサイトで活...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

脅迫・強要の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  2. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...
  3. まるでブチャラティ? 塾講師が「嘘をついて...
  4. 「君にはいいものがある」、声優を夢見て高額...
  5. 灼熱地獄の車内に子ども放置…救出のため、店...
  6. 栃木小1女児殺害、控訴審も「無期懲役」、足...
  7. クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃく...