大麻取締法違反で初犯の場合の実刑の可能性と量刑の相場【弁護士Q&A】

大麻取締法違反で初犯で逮捕された場合、実刑の可能性があるのでしょうか。自分で使う目的だったり、誰かに売る目的など、目的が異なると罪の重さは変わるのでしょうか。 また、以前に覚せい剤など別の罪で有罪判決を受けていた場合は、執行猶予が付く可能性があるのでしょうか。 こうした疑問について、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 初犯で執行猶予が付く可能性は?
  2. 営利目的だった場合は?
  3. 以前に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けていた場合でも執行猶予の可能性はあるのか?

初犯で執行猶予が付く可能性は?

大麻の所持が初犯だった場合、執行猶予が付く可能性はあるのでしょうか。

【初犯】大麻所持、栽培、譲渡(営利目的ではない)

【初犯】大麻所持、栽培、譲渡(営利目的ではない) 先日夫が大麻所持で逮捕されました。所持の量は0.17g、栽培もしていたそうです。プランター2つ分と聞いています。プランターが2つであることについて、渡そうとした相手がいると供述し、相手の名も明らかにしています。営利目的ではないそうです。

現在は大麻所持での逮捕なので、この勾留が終われば、そのまま大麻栽培での再逮捕の可能性があると刑事さんからは聞いています。

取り調べにはかなり素直に回答し、とても反省している様子です。自白の供述書を作成中と聞きました。

現在私は妊娠中で、早ければあと1ヶ月後には出産になるかもしれません。お互いの親元を離れて生活しています。この時間で夫にしっかりと反省してもらうことは前提ですが、わたしもひとりで出産に対応していく可能性を思うと、この先の展開が不安でなりません。

勾留されて1週間になります。起訴は免れないと思っています。起訴後に保釈請求したとして、いつごろ帰ってこれるのでしょうか。

所持・栽培・譲渡とあっても、初犯の場合執行猶予がつく可能性はどれくらいあるのでしょうか。

川面 武の写真 弁護士の回答川面 武弁護士 > 現在は大麻所持での逮捕なので、この勾留が終われば、そのまま大麻栽培での再逮捕の可能性があると刑事さんからは聞いています。

最初の被疑事実ではいったん処分保留釈放扱いとなり、最後にまとめて起訴するのかもしれません。

> 勾留されて1週間になります。起訴は免れないと思っています。起訴後に保釈請求したとして、いつごろ帰ってこれるのでしょうか。

仮に本件が,追起訴を予定されている事案であれば保釈請求はお勧めできません。すべての起訴が終了しないと仮に保釈請求が認められても外には出られません。

起訴後の手続きですが、保釈請求が認められれば、保釈金納付後その日のうちに釈放されます。
被告人勾留が続く場合は、(一括起訴の場合)約1か月後に初公判があり、その1〜2週間後に判決公判があります。その際刑の全部執行猶予付懲役刑であればその場で釈放されます。

> 所持・栽培・譲渡とあっても、初犯の場合執行猶予がつく可能性はどれくらいあるのでしょうか。

一切の前科前歴がなく、営利目的がないのであれば、刑の全部執行猶予付き判決が出る可能性は相応に存在するでしょう。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

営利目的だった場合は?

一般的には営利目的で薬物を所持していると、自分で使う目的だった場合よりも罪が重くなりますが、営利目的で所持していた場合でも、初犯であれば執行猶予が付く可能性はあるのでしょうか。

大麻営利初犯の刑はどのくらい

大麻営利初犯の刑はどのくらい 婚約者が大麻の営利目的で、昨日裁判で検察側から求刑5年の罰金100万円と言われました。彼は前科なしの初犯です。身元引受人も彼の母親が承諾していて、情状証人にも立ちました。

次の判決でどのくらいの刑になるのか。実刑になった場合、控訴をしたら減刑の可能性があるのか知りたいです。

足立 敬太の写真 弁護士の回答足立 敬太弁護士 初めまして。
求刑5年100万円というのはかなり重い求刑で、実刑の可能性はかなり高いと思われます。ただし執行猶予になる可能性もありどちらに転んでもおかしくありません。

実刑になった場合に控訴をしても、単なる量刑不当だけでは減刑は難しいと思われます。
参考にしていただけたら幸いです。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

以前に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けていた場合でも執行猶予の可能性はあるのか?

以前に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けていたような場合でも、執行猶予の可能性はあるのでしょうか。

大麻取締法違反で逮捕

大麻取締法違反で逮捕 11年前に覚せい剤取締法違反で1年6か月執行猶予3年をいただき、9年前に毒物で(シンナー)で罰金刑30万円になりました。そして今回、今年の7月に大麻取締法違反所持量0.12gで逮捕され保釈中です。

検察の方から求刑は懲役6か月とのことでした。

仕事もしており治療のためのクリニックも行っています。情状証人も既に行われました。

執行猶予の可能性はありますでしょうか?以前の判決は1年6か月(執行猶予3年)でしたが、前より軽い6か月の求刑は異例でしょうか?

松本 篤志の写真 弁護士の回答松本 篤志弁護士 過去の覚せい剤の事件等から相当期間が経過していることもあり、今回は執行猶予付きの判決となる可能性は十分あります。

求刑や量刑については、一般的な傾向として、覚せい剤とくらべると大麻の場合は軽めの刑期が選択されるのが通常であり、特に異例とまでは言えないでしょう。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー