酒酔い運転

弁護士監修記事 2016年05月26日

酒酔い運転の基準と交通事故を起こした際の逮捕や裁判の流れと刑罰

酒酔い運転とは、アルコールの影響で正常に運転できない状態で運転することを指します。酒酔い運転が危険な行為であることは言うまでもなく、その罰則は厳罰化の傾向が強くなっています。ここでは酒酔い運転の基準と逮捕や刑罰について説明します。

目次

  1. 酒酔い運転の基準
  2. 酒酔い運転での罰金・懲役
  3. 逮捕から刑罰が決まるまでの流れ
  4. 酒酔い運転での執行猶予

酒酔い運転の基準

酒酔い運転とは、お酒を飲んだことによって正常を保てない状態で車両を運転することですが、正常かどうかはどのように判断されるのでしょうか。 酒酔い運転が発覚するのは、主に取り締まりや交通事故を起こしてしまった場合です。その際に現場に居合わせた警察官により、アルコール量の検査や直立できるか、まっすぐ歩けるか、ろれつがまわっているかなどを基準に判断されます。

酒酔い運転での罰金・懲役

酒酔い運転は、発覚しただけでも重い罰則が設けられており、反則金制度のような刑罰を免除する仕組みは利用できません。 また、単なる違反だけでなく。酒酔い運転中に人身事故を起こしてしまうと、危険運転致死傷罪という犯罪が成立し、初犯であっても非常に重い刑罰が科される可能性が高くなります。 交通違反と人身事故での刑罰は次のようになります。

事故の有無 刑罰
交通違反 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
交通事故 人身事故 15年以下の懲役
死亡事故 1年以上の有期懲役

人身事故を起こした場合には、実際にどのくらいの刑罰が科されているかは、「人身事故・死亡事故での過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪の成立と逮捕された場合の懲役や罰金の相場」をご覧ください。 なお、酒酔い運転は自転車の運転に関しても、自動車と同じように上記の刑罰が科されることとなります。

逮捕から刑罰が決まるまでの流れ

人身事故の有無にかかわらず、酒酔い運転では必ず刑事事件となります。さらに、酒酔い運転は正常な判断が困難なこともあり、発覚したその場で逮捕されてしまうケースも多くなります。人身事故であればなおのこと逮捕される可能性は高くなります。 逮捕されたとしても早期に身柄を解放してもらえる場合もあります。その処遇の差は刑罰とも比例し、次のようなものを考慮して決められます。

  • 前科の有無
  • 事故の有無と怪我の程度
  • アルコール量

素直に罪を認めて反省し、前科も事故もない場合には、釈放されて略式起訴(書類審査のみの簡易な裁判)され罰金刑となることが期待できるでしょう。人身事故を起こした場合でも、被害者の怪我が軽く、示談も成立しているような状況であれば、罰金刑で済む場合もあります。 刑事事件では一般的に、警察によって逮捕された後、48時間以内に検察への身柄引き渡しが決まり、72時間以内に勾留(最大20日間の身柄拘束)の請求が検察から裁判所に対してんされます。 一度勾留されれば釈放は困難になり、短期間で被害者と示談を成立させることも容易ではないため、早期に弁護士に依頼して弁護活動することが重要です。 前科がある場合や人身事故の場合には、基本的には公判請求され、正式な裁判で懲役刑を求刑されるでしょう。

酒酔い運転での執行猶予

公判請求された場合でも、複数の前科がある場合や事故の被害が大きくない場合には、執行猶予を付けて実刑(すぐに刑務所に入れられること)を回避できる可能性はあります。 執行猶予を獲得する場合、人身事故であれば被害者との示談成立は必要不可欠です。 任意保険(民間の保険)に加入していれば、治療費や慰謝料は保険金で支払われますが、判決までに示談が成立していない場合もあります。その場合でも、保険金が支払われる可能性は高いため、情状面でプラスに評価されますが、保険金とは別に謝罪金を支払うことで許しを得ておくに越したことはありません。 また、反省の程度も重視されます。犯してしまった罪に向き合い、アルコール依存が強いのであればクリニックに通ったり、断酒会に参加してお酒との付き合い方を考えなおしましょう。 場合によっては、車の売却や電車通勤できる場所へ引っ越すなど、再犯防止策を講じることも検討しなければなりません。生活環境にも大きな影響を与えるため、弁護士とよく相談した上で適切な処置を施しましょう。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

酒酔い運転に関する法律相談

  • 飲酒運転、初犯で起訴(実刑)される可能性

    お恥ずかしい話ですが、先日原付で飲酒運転をし、転んで気を失ったところ、救急車の中で目が覚めました。 自損事故になります。 翌日、原付を取りにいきました。その時に記憶を思い出してく...

    2弁護士回答
  • 飲酒で面取り 減免措置

    旦那さんが昨年9月に、酒気帯び運転でつかまり、3月下旬より四年間面取りとなりました 五年前にも飲酒運転でおかまして、二年の面取り処分を受けました 今回はパーキングから車を側道にだし...

    2弁護士回答
  • 飲酒運転 罰金 検察庁不起訴

    酒酔い運転で検察官から不起訴と言われたんですが、今後罰金は払わなくて良いという事でしょうか?

    1弁護士回答
  • 飲酒運転逮捕履歴の証明

    7年前に飲酒運転で捕まった履歴を調べることはできないのでしょうか、飲酒運転で捕まったのに会社になにも報告もせずにいる人間がいるのですが調べる方法がわからず困っています!どうにかし...

    1弁護士回答
  • 危険運転致傷 示談難航の場合

    6月初旬酒酔い運転の上対向車線にはみ出し中型バスと正面衝突をおこし逮捕され在宅捜査の上現状に至ってます(0.65ml) 物損扱いになるのが大と警察からは聞いていましたが事故の2週間後...

    1弁護士回答

法律相談を検索する

交通犯罪事件を扱う弁護士を探す

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. Hey!Say!JUMPツアー中止 ファンの「迷惑行為...
  2. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  3. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  4. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  5. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  6. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  7. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...