覚せい剤取締法に違反した場合の実刑の可能性と量刑の相場【弁護士Q&A】

覚せい剤所持は初犯でも、別の罪で執行猶予中だった場合は実刑の可能性があるのでしょうか。 また、どのような事情があると、営利目的があったと判断される可能性があるのでしょうか。 こうした疑問について、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 執行猶予中に覚せい剤所持容疑で逮捕…実刑判決の可能性は?
  2. どのような場合に営利目的と判断されるのか?
  3. 覚せい剤だけでなくさまざまな薬物を輸入…罪の重さは?

執行猶予中に覚せい剤所持容疑で逮捕…実刑判決の可能性は?

覚せい剤の所持は初犯でも、別の傷害罪で執行猶予中だった場合、実刑となる可能性はあるのでしょうか。

友人が覚せい剤で逮捕されたのですが、他の前科で執行猶予中の場合、実刑になってしまいますか?

友人が覚せい剤で逮捕されたのですが、他の前科で執行猶予中の場合、実刑になってしまいますか? 友人が覚せい剤所持の現行犯で逮捕されてしまいました。
友人には薬物関係の前科はありませんが、傷害罪で執行猶予中です。

この場合の量刑なのですが、覚せい剤所持については実刑になってしまいますか?
聞くところによると、覚せい剤所持は、初犯の場合は執行猶予がつくらしいですが、薬物犯罪の前科がある場合はほぼ実刑になるとのことです。

友人のように、薬物関係の前科はないが、他の罪で執行猶予中の場合は覚せい剤そのものが初犯でも、実刑になってしまうのでしょうか?

萩原 猛の写真 弁護士の回答萩原 猛弁護士 <聞くところによると、覚せい剤所持は、初犯の場合は執行猶予がつくらしいですが、>
そうとも限りません。所持していた覚醒剤の量が問題です。量が多いと初犯でも実刑になります。

また、傷害罪で執行猶予中だとすると、執行猶予期間中に裁判が行われ判決が確定する場合には、原則、実刑になり、更に、傷害罪の執行猶予が取消され、傷害罪の刑が加算されて服役する可能性が高くなります。

再度の執行猶予になる要件は、傷害罪の執行猶予が保護観察付きの執行猶予ではなく、保護観察を付されていない執行猶予であることが、まず必要です。
その上で、今回の覚せい剤の所持の罪が「1年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるとき」という要件を満たさなければなりません。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

どのような場合に営利目的と判断されるのか?

覚醒剤を所持していただけでなく、営利目的があると罪が重くなりますが、どのような事情があると、営利目的があったと判断されるのでしょうか。また、実刑判決の可能性があるのでしょうか。

旦那が大麻、覚せい剤で逮捕。営利目的ではないかと言われている

旦那が大麻、覚せい剤で逮捕。営利目的ではないかと言われている 旦那が先日大麻取締法違反で逮捕されました。レターパックで相手に大麻を送ったとのことです。

そして家宅捜査が始まり、ガラスパイプと覚せい剤0.5グラムほどがみつかり車からは大量のパケや使用済み注射器が3本、電子はかり、いくつかの電話番号が書かれているメモが見つかりました。そこから刑事さんはおそらく売人ではないかと言っています。

1.これらの押収物で売人だと確定なのでしょうか?
2.量刑はどれくらいのものになるのでしょうか?

寺川 忠幸の写真 弁護士の回答寺川 忠幸弁護士 > 1.これらの押収物で売人だと確定なのでしょうか?
確定とまでは言えませんが、押収されたものは営利目的を示す有力な証拠になります。
営利目的所持での起訴は十分に考えられるでしょう。

> 2.量刑はどれくらいのものになるのでしょうか?
営利目的で有罪となった場合は初犯でも実刑を覚悟することになります。

単純所持の場合でも、営利の疑いが高いことが考慮される可能性はあり、初犯でも実刑の可能性はなくはないです。

覚醒剤の再犯であれば、前科がよほど古いものでない限り、実刑は免れないでしょう。

このケースでは、勾留される可能性が高いと思われます。勾留された場合は国選弁護人を付けてもらうことができるので、弁護人に聞いてみるとよいと思います。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

覚せい剤だけでなくさまざまな薬物を輸入…罪の重さは?

さまざまな種類の薬物を輸入しようとした場合、その量は罪の重さに影響を与えるのでしょうか。

覚せい剤、大麻、ドラッグの密輸について

相談者の疑問 海外の裏サイトでビットコインを用いて海外の出品者から複数回にかけてドラッグを購入し、それを日本の空き家のポストに送りました。また、海外にいる間に自分が持っていた別のドラッグも同じように日本の空きポストに送りました。

それが発見されて逮捕されて、60日間勾留後、保釈金を支払って保釈されました。

[まとめ]
注文した期間 2ヶ月程度
注文+発送回数 30回程度

[合計で密輸を企てたもの]
覚せい剤3g
コカイン3g
LSD100片が2シート(200回分)
エクスタシー錠剤10錠
MDMA粉末20g

を、2ヶ月程度で、30回に渡ってチマチマと注文しました。
理由は詐欺防止のためです。1人の出品者からすべてを買っても、送ってこないことがあるため、同じ分量でも30人から小分けに買ったほうがいいと考えたためです。

・すべて税関で没収されて、逮捕時に持っていたのは大麻1gのみでした。
・尿検査は陰性でした。
・初犯です。
・すべて個人使用目的
・単独犯行
・営利目的ではありません。どこを探しても絶対に証拠は出てきませんし、警察も営利ではないことは認めています。

個人使用であること、保釈がされたこと、営利目的ではないこと、初犯であること、この分量と回数を考えた上で、

1、この事案の量刑について予測をしてください。執行猶予か実刑か?それぞれの期間はどの程度か?罰金は科されるのか?

2、弁護士さんは「回数よりも分量である」とのこと。さらに、「複数回、複数人から注文をしたために調書を取るのが増えて捜査期間も増えている、一度に空港に同じ量を持ち込んだら執行猶予ですぐ釈放だった」との警察の意見ですが、いかがでしょうか。

「回数より分量+この分量なら執行猶予」、このふたつの意見をあわせると、この件はただ捜査期間が長いだけで猶予がつくと考えてもよいのでしょうか。

3、保釈された場合は執行猶予が付く可能性が高いというのは本当でしょうか?60日の拘留後、現在は保釈されています。

4、保釈金が500万円で通常より高かったのですが、これは事件の悪質さからなのか、それとも私が資産家(1億円保有)だからでしょうか?

5、1回目の裁判が来月にありますが、その最中にも捜査は続くのでしょうか?

弁護士の写真 弁護士の回答 > 1、この事案の量刑について予測をしてください。執行猶予か実刑か?それぞれの期間はどの程度か?
> 罰金は?

懲役3年で、執行猶予が付いてもその期間は4年か5年で保護観察付き、実刑の可能性も50パーセントというところだと予測します。

> 一度に空港に同じ量を持ち込んだら執行猶予ですぐ釈放だった」との警察の意見ですが
> いかがでしょうか。

一度に持ち込んだとしてもすぐに釈放ということにはならなかったと思います。

> 保釈された場合は執行猶予が付く可能性が高いというのは本当でしょうか?

統計的にはそうなのかもしれませんが、保釈と執行猶予とは本来関係がありません。

> 4、保釈金が500万円で通常より高かったのですが、
> これは事件の悪質さからなのか、それとも
> 私が資産家(1億円保有)だからでしょうか?

両方が要因になっていると思いますが、資産家でおられることの方がより大きな要因だと思います。

> 5、1回目の裁判が来月にありますが、その最中にも捜査は続くのでしょうか?

起訴されている以上、捜査は終了しているはずです。

▶ 覚せい剤・大麻・麻薬に強い弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー