特別公務員暴行陵虐罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人を補助する人が、仕事をするにあたり、犯罪の疑いをかけられている人や起訴された人に対して、暴行などを加えることは、特別公務員暴行陵虐罪という罪にあたります。 刑事施設に収容されている人に対して、看守や護送する人が暴行などを加えた場合も、特別公務員暴行陵虐罪が成立します。 この記事では、特別公務員暴行陵虐罪がどのような犯罪なのか解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 特別公務員暴行陵虐罪とは
  2. 特別公務員暴行陵虐罪が成立するポイント
    1. 特別公務員暴行陵虐罪の加害者(主体)
    2. 特別公務員暴行陵虐罪の被害者(客体)
    3. 暴行・陵辱・加虐とは
  3. 特別公務員暴行陵虐罪の刑罰

特別公務員暴行陵虐罪とは

裁判官、検察官、警察官や、これらの人を補助する人が、仕事をするにあたり、被疑者や被告人に対して暴行などを加えると、特別公務員暴行陵虐罪という罪にあたります。 刑事施設に収容されている人に対して、看守や護送する人が暴行などを加えた場合も、特別公務員暴行陵虐罪にあたります。 暴行などの結果、人にケガをさせたり死亡させたりした場合は、刑罰が重くなります。

特別公務員暴行陵虐罪が成立するポイント

特別公務員暴行陵虐罪の加害者(主体)

特別公務員暴行陵虐罪の加害者(主体)にあたるのは、裁判官・検察官・警察官や、これらの人の仕事を補助する人です。 補助する人とは、たとえば、裁判所書記官や家庭裁判所調査官、検察事務次官などです。 刑事施設などで受刑者を監督する看守や、少年院で収容者を指導する法務教官、受刑者などを護送する人も主体に含まれます。

特別公務員暴行陵虐罪の被害者(客体)

特別公務員暴行陵虐罪の被害者にあたるのは、犯罪の疑いをかけられている人(被疑者)や起訴された人(被告人)、有罪判決を受けて刑事施設に収容されている人です。 この他にも、次のような人たちも客体になります。

  • 警察などが捜査の過程で事情を聞いた参考人や証人
  • 証拠を集めるために、警察が捜索や差押えをしたときの立会人
  • 証拠の鑑定を頼まれた鑑定人
  • 外国人の被疑者などの通訳人

暴行・陵辱・加虐とは

暴行とは、相手に不法な有形力を加える行為のことです。具体的には、殴ったり蹴ったりする行為のほか、体を押さえつけたり、衣服を引っ張ったりする行為も暴行にあたります。 陵辱・加虐とは、暴行以外の方法で、精神的・肉体的に苦痛をあたえる行為です。たとえば、食事をさせない、トイレに行かせない、わいせつな行為をするといったことです。 裁判例では、パトロール中の警察官が、シンナーを吸っている疑いがある少女をパトカー内に連れ込み、所持品検査を装って胸をもむなどのわいせつな行為したケースについて、陵辱にあたると判断しています。

特別公務員暴行陵虐罪の刑罰

特別公務員暴行陵虐罪の刑罰は、7年以下の懲役か禁錮です。 暴行などの結果、人にケガをさせた場合は15年以下の懲役、死亡させた場合は3年以上20年以下の懲役です。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー