「あへん煙製造罪」「あへん煙吸食器具輸入罪」が成立する要件と刑罰の内容

煙を吸うためのあへんを製造したり、あへんを吸うための器具を輸入したりした場合、次のような犯罪が成立する可能性があります。

  • あへん煙製造罪
  • あへん煙吸食器具輸入罪

この記事では、犯罪が成立する要件や刑罰の重さについて詳しく解説します。

このほか、あへんの輸出入・譲渡・譲り受け・所持・体内摂取(吸食)などは、あへん法により処罰されます。

目次

  1. あへん煙製造罪とは
    1. 「あへん煙」とは
    2. 「製造」とは
    3. あへん煙製造罪の刑罰
  2. あへん煙吸食器具輸入罪とは
    1. 「あへん煙を吸食する器具」とは
    2. あへん煙吸食器具輸入罪の刑罰

あへん煙製造罪とは

あへん煙製造罪とは、煙を吸うためのあへん(「あへん煙膏」)を「製造」した場合に成立する犯罪です。

「あへん煙」とは

「あへん煙」とは、煙を吸うためのあへん(あへん煙膏)のことです。 あへんはケシという植物から作られます。ケシの液汁を乾燥させて凝固させたものを「生あへん」といいます。生あへんを加工して煙を吸うために使われるのが「あへん煙膏」です。

「製造」とは

「製造」とは、あへん煙膏を作り出すことです。 具体的には、生あへんを加工して、煙を吸えるようにすることです。

あへん煙製造罪の刑罰

あへん煙製造罪の刑罰は、6月以上7年以下の懲役です。 未遂も処罰されます。

あへん煙吸食器具輸入罪とは

あへん煙吸食器具輸入罪とは、「あへん煙を吸食する器具」について次のような行為をすると成立する犯罪です。

  • 輸入する
  • 製造する
  • 犯罪する
  • 販売の目的で所持する

「あへん煙を吸食する器具」とは

「あへん煙を吸食する器具」とは、あへん煙膏を人の体内に摂取するために作られた器具のことです。

あへん煙吸食器具輸入罪の刑罰

あへん煙吸食器具輸入罪の刑罰は、3月以上5年以下の懲役です。 未遂も処罰されます。

記事のタイトルとURLをコピー