犯罪・刑事事件

弁護士監修記事 2019年10月31日

公契約関係競売妨害罪とは|罪が成立する要件と刑罰の重さ

公共工事をめぐる入札などで、特定の入札参加者に事前に入札の情報をもらしたり、入札にに参加しないよう脅したりすると、「公契約関係入札妨害」という罪にあたる可能性があります。 この記事では、公契約関係競売妨害罪が成立する要件や罪の重さについて詳しく解説します。

目次

  1. 公契約関係競売妨害罪とは
    1. 「偽計」とは
    2. 「威力」とは
    3. 「公の競売または入札で契約を締結するためのもの」とは
    4. 「公正を害すべき行為」とは
  2. 公契約関係競売妨害罪の刑罰

公契約関係競売妨害罪とは

「偽計」または「威力」を用いて、「公の競売または入札で契約を締結するためのもの」の「公正を害すべき行為」をすると、公契約関係競売妨害という罪にあたります。

「偽計」とは

「偽計」とは、人の判断を誤らせるような企みを用いることです。 たとえば、価格の最低額ではなく、特定の金額(敷礼金額)に最も近い価格を入札した者を落札者とするルールでの入札において、敷礼価格を特定の特定の入札予定者に事前に伝えることなどがあたります。

「威力」とは

「威力」とは、人の自由な意思を抑圧するような力を加えることです。 暴力や脅迫などに限らず、地位や権力を利用して自由な入札を妨げようとすることなども含まれます。

「公の競売または入札で契約を締結するためのもの」とは

「公の競売または入札で契約を締結するためのもの」とは、国や地方公共団体が実施する競売や入札で、民事執行法による強制執行などを除いたもののことです。

「公正を害すべき行為」とは

「公の競売または入札で契約を締結するためのものの公正を害すべき行為」とは、公の競売や入札の公正に不当な影響を及ぼすような行為のことです。たとえば、特定の入札予定者に、事前に予定価格を伝える行為などです。

競売や入札に参加する人同士が相談して事前に入札者を決めておく、いわゆる談合は、別に「談合罪」という罪にあたります。

公契約関係競売妨害罪の刑罰

公契約関係競売妨害罪の刑罰は、3年以下の懲役、もしくは250万円以下の罰金、またはこれらの両方です。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

犯罪・刑事事件に関する法律相談

  • 知り合い夫婦からだまされて。

    去年の9月知り合いの夫婦から娘夫婦が車を手放したいと言われ丁度ワンボックスカーを買おうと探してたので、娘さん夫婦の車ならと大丈夫だと思い、現金一括払いで買ったのですが、名義変更も...

    1弁護士回答
  • 詐欺罪2件、詐欺未遂罪1件での求刑は?

    生命保険会社に対する90万の詐欺罪で名義人からの告発状と知人から5万の詐欺罪での告訴状と知人からの裁判所を欺罔したとしての詐欺未遂罪の告発状、3犯で警察から任意同行を求められました...

    1弁護士回答
  • 大麻再犯 執行猶予、保釈の可能性について

    家族が大麻の再犯で逮捕されました。 5.3グラム所持していたそうです。 家宅捜査の際に刑事さんから教えていただきました。 10年くらい前にも所持で捕まっています。 家宅捜査では大麻本体...

    3弁護士回答
  • 白ロム詐欺にあったのかもしれないのです。

    お金に困ったのでSNSで資金調達って検索したら担当者のトークアプリアカウントのリンクへ飛んだら土曜日に某都市で会いましょうと言われ、指定された駅に行き担当者に会いました。 その後カ...

    1弁護士回答
  • 脅迫 脅迫罪 「死ね」というメッセージを送ってしまった 相手は弁護士に対応依頼と公言

    ネットの匿名アンケートで「死ね」というメッセージを送ってしまいました。 当人は、「顧問弁護士に対応を依頼した」と公言。 私も、私生活のイライラでカッとなりやってしまいました。 本...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識