起訴・刑事裁判

弁護士監修記事 2019年10月25日

再審とは | 刑事裁判の確定した有罪判決に納得がいかない場合の対処法

刑事裁判の有罪判決が確定したけれど判決の内容に納得がいかない…。そのような場合には「再審」という裁判のやり直しをする手続きをとることができます。 この記事では、再審について詳しく解説します。

目次

  1. 再審とは
    1. 再審請求できる人
    2. 再審請求できる時期
  2. 再審請求できるケース
    1. 第一審判決に対して再審請求したい場合
    2. 控訴審判決・上告審判決に対して再審請求したい場合
    3. 「決定」に対する再審請求も可能
  3. 「明らかな証拠」とは
  4. 再審請求をしても刑の執行は停止しない
  5. 再審請求したい場合には弁護士に相談する

再審とは

再審とは、刑事裁判の判決が確定した後に、判決の中で誤って認定された事実の是正を目的として、裁判のやり直しをする手続きのことです。 再審の手続きは、2段階に分かれます。 1つめは、再審の請求に基づいて再審を開始するかどうかを決定するための手続きです。 2つめは、再審開始決定がなされた場合に実際に裁判をやり直す手続きです。 再審を求める場合には、まず再審請求をして、裁判所に再審開始決定をしてもらうことが必要です。 再審請求を受けて再審開始決定をするかどうか審理するのは、元の判決を下した裁判所と同じ裁判所です。

再審請求できる人

再審請求ができるのは、次のような人です。

  • 検察官
  • 有罪の言渡しを受けた者
  • 有罪の言渡しを受けた者の法定代理人・保佐人
  • 有罪の言渡しを受けた者が死亡し、または心神喪失の状態にある場合には、その配偶者・直系の親族・兄弟姉妹

再審請求できる時期

再審請求の時期に期限はありません。判決が確定した後であれば、いつでもすることができます。 刑の執行が終わった場合や、刑の執行を受けることができなくなった場合でも、再審請求できます。

再審請求できるケース

再審請求ができるのは、次のような場合です。

第一審判決に対して再審請求したい場合

  • 判決の証拠となった証拠書類・証拠物が偽造または変造であったことが別の裁判の確定判決により証明された
  • 判決の証拠となった証言・鑑定・通訳・翻訳が虚偽であったことが別の裁判の確定判決により証明された
  • 被告人への告訴が虚偽告訴だったことが別の裁判の確定判決により証明され、告訴した者が虚偽告訴罪による有罪の言渡しを受けた
  • 判決の証拠となった裁判が確定判決により変更された
  • 特許権・実用新案権・意匠権・商標権を害した罪により有罪を言い渡された場合で、別の裁判によりその権利の無効の審決が確定した、または無効の判決があった
  • 有罪の言渡しを受けたけれど実は無罪・免訴を言い渡すべきだった、刑の言渡しを受けたけれど実は刑の免除を言い渡すべきだった、または判決で認められた罪よりも軽い罪を認めるべきだったことが明らかな証拠を新たに発見した
  • 判決に関与した裁判官、判決の証拠となった証拠書類の作成に関与した裁判官、判決の証拠となった書面を作成しもしくは供述をした検察官・検察事務官・司法警察職員が被告事件について職務に関する罪を犯したことが別の裁判の確定判決により証明された

控訴審判決・上告審判決に対して再審請求したい場合

  • 判決の証拠となった証拠書類・証拠物が偽造または変造であったことが別の裁判の確定判決により証明された
  • 判決の証拠となった証言・鑑定・通訳・翻訳が虚偽であったことが別の裁判の確定判決により証明された
  • 判決またはその証拠となった証拠書類の作成に関与した裁判官が被告事件について職務に関する罪を犯したことが別の裁判の確定判決により証明された

「決定」に対する再審請求も可能

確定した「判決」ではなく、上訴を棄却した「決定」が確定した場合にも、再審請求をすることができます。

「明らかな証拠」とは

再審請求の理由で主張されることが多いのは、「有罪の言渡しを受けたけれど実は無罪・免訴を言い渡すべきだった、刑の言渡しを受けたけれど実は刑の免除を言い渡すべきだった、または判決で認められた罪よりも軽い罪を認めるべきだったことが明らかな証拠を新たに発見した」という理由です。 ここでいう「明らかな証拠」とは、「確定判決における事実認定につき合理的な疑いを抱かせ、その認定を覆すに足りる蓋然性ある証拠」をいうと考えられています。(白鳥判決。最高裁昭和50年5月20日決定) 実際の証拠が「明らかな証拠」にあたるかどうかは、「もし当の証拠が確定判決を下した裁判所の審理中に提出されていたとするならば、果たしてその確定判決においてなされたような事実認定に到達したであろうかどうかという観点から当の証拠と他の全証拠とを総合的に評価して判断すべき」とされています。(同決定より)

再審請求をしても刑の執行は停止しない

再審請求をしても、刑の執行は停止しません。 ただし、再審請求を審理する裁判所に対応する検察庁(たとえば、東京地方裁判所なら東京地方検察庁)の検察官は、再審の請求について裁判があるまで刑の執行を停止することができます。 死刑については、判決が確定してから6か月以内に法務大臣が死刑執行を命令しなければならないとされていますが、再審請求をしてから再審の手続きが終了するまでの期間は、6か月の期間に算入しないことになっています。

再審請求したい場合には弁護士に相談する

再審請求するには、再審請求の理由を書いた書類(再審趣意書)に、元の判決の謄本と、証拠書類・証拠物を添付して、再審請求を担当する裁判所に提出します。 再審は確定判決を覆す手続きなので、事件から年月が経過して、関係者の記憶が薄れていたり、証拠が失われて見つからなくなっていたり、被告人が受刑中で思うように動けなかったりするなどの難しさがあります。再審請求をしたい場合には、弁護士に相談しましょう。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

起訴・刑事裁判に関する法律相談

  • 最高裁での告訴取り下げの影響

    最高裁判所での審理について教えて下さい。 友人(詐欺事件・被告)の刑事裁判が上告に至り、最高裁判所で審理されることになったのですが、ここに来て原告側が全面的に被告(友人)に罪がな...

    1弁護士回答
  • 偽証罪について教えて下さい

    略式起訴の供述調書を虚偽、偽証した場合には偽証罪になるんですか?

    1弁護士回答
  • 口座売買をしてしまいました。今持っている口座は全て今後凍結されますか?

    このたび口座売買をしてしまい、現在、起訴不起訴の処分を待っている者です。 質問なのですが、  今回起訴でも不起訴でも、今後一生その銀行では口座を作れなくなるのでしょうか。他の銀行...

    1弁護士回答
  • 万引き起訴後の保釈請求

    今の弁護士さんは私選でついています。本人は国選、私選がよくわかっていなくしかも、弁護士さんに原則私選ですと言われ言われるがままサインしてしまった感じでした。 私達も弁護士さんから...

    1弁護士回答
  • 弁護士費用についてなのですが宜しくお願い致します。

    今回事件で起訴され拘留中にお世話になった弁護士さんが、裁判の国選弁護人として再びつくことになったのですが、費用が掛かるかもしれないとのお話しでした。 もし国に裁判官をランダムに選...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

起訴・刑事裁判の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 居酒屋の予約「無断キャンセル」で逮捕の衝撃...
  2. JASRAC「極めて悪質だ」、楽曲を無断利用した...
  3. マクドナルド従業員が「7億円」着服報道、会...
  4. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  5. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...
  6. 「海外に売り飛ばすぞ!」風俗スカウト会社か...
  7. 「レオパレスを建築基準法違反で捜査して」 ...