暴行

弁護士監修記事 2016年05月26日

暴行罪の構成要件と事例 - 何が暴行か?どこからが暴行罪か?

暴行の典型的な例は、人を殴る、蹴るといった暴力行為ですが、暴行罪における「暴行」には幅広い内容が含まれます。ここれではどうしたら暴行罪が成立するのか、どのような行為が暴行罪になり得るのかを説明します。

目次

  1. 暴行とは?暴行の意味・定義
  2. 暴行罪が成立する基準
  3. 暴行罪の事例

暴行とは?暴行の意味・定義

暴行罪における暴行とは、普段使われる意味の「暴行」と少し異なり、一般的に考えられるよりも広い意味で使わています。普段使われる「暴行」とは、殴る、蹴るといった身体への直接的な暴力を指しますが、暴行罪における「暴行」とはそれだけにとどまらないのです。 たとえば、服を引っ張る、唾をかけるといった暴力のイメージとは異なる行為も、暴行罪における「暴行」には含まれる。また、身体への接触がなくとも「暴行」になり得ます。裁判例では、室内で日本刀を振り回した行為に対しても暴行罪を認めています。 さらには、目に見えない力も該当し得ます。病原菌、光、熱、音などを他人に向けて過度に利用した場合にも、暴行罪における「暴行」となり得るのです。

暴行罪が成立する基準

こうしてみると、「暴行」の範囲は非常に広く、生活上の様々な行為で暴行罪が成立してしまうのではないかと思えてしまうでしょう。 では、どういった基準で暴行罪が成立するのでしょうか。暴行罪が成立するには、一般的に次のいずれかに該当する必要があります。

  • 怪我をする危険性があれば、身体への接触がなくとも成立する
  • 身体への直接の接触があれば、怪我の危険性がなくとも成立する

しかし、身体に触れたからといってすべての行為が暴行罪となるわけではありません。それについては明確な規定があるわけではありませんが、その行為が「社会一般の常識範囲内」かどうかで判断されるでしょう。 たとえば、知人を励ますために肩に手を乗せる行為は犯罪とはなりませんが、唾を吐きかける行為は「我慢して当然」とはならないでしょうから、暴行罪になり得るのです。

暴行罪の事例

そうは言っても暴行罪の基準は曖昧なものです。ここではいくつか裁判で暴行罪と認められた事例を紹介します。

  • 殴る、蹴るといった典型的な暴力行為
  • 刃物を振り回す、物を投げつけるといった怪我の危険性がある行為
  • 勝手に髪の毛を切る、唾をかける、水をかけるといった常識的に許容できない行為

上記のように、「暴力行為」「危険性のある行為」「常識を逸脱した行為」を基準にするのがよいでしょう。

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

暴行に関する法律相談

  • 職場での嫌がらせで悩んでいます

    職場である人から嫌がらせがあり、命に関わる事態になりました。 異型狭心症で寒冷刺激を受けると発作が起きやすいのですが、冷たい水をかけてきました。 シフト制なので、その人とシフト...

    1弁護士回答
  • 検事からの電話連絡。

    検察から今日電話連絡がありました。 先月元妻とのトラブルで逮捕され、原因は元妻の用事で手伝いに言った所、子供の前で暴れ出したので、私は子供を守る為に元妻の肩を押しましたが、そのと...

    2弁護士回答
  • 肩がぶつかりトラブルになりました

    先日、ホテルのバイキングである男の人が私の肩に思いきりぶつかって来ました。謝ることもせずに行ってしまったので、私はとても頭にきてその男の人の腕にぶつかるように歩いて通り過ぎまし...

    1弁護士回答
  • 駅での暴行罪に関して

    駅ですれ違いざまに舌打ちをされて軽い口論になった後、相手の肩を軽く押した場合(相手は無傷)は暴行罪としてどの程度の罪に問われるのでしょうか??

    2弁護士回答
  • 家庭内暴言や、家中に物を散乱させる兄を退去させることはできますか。

    私の兄(30代)は5年程前から、いわゆる転売屋(イベント限定のグッズをオークションなどで転売する)をしています。そこまでならいいのですが、転売するために買って来たアニメグッズなどが実家...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

暴行・傷害事件を扱う弁護士を探す

暴行の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...