「18歳以上」とウソをつかれても18歳未満と性行為をしたら処罰されるのか

18歳未満の少年少女と性行為などをした場合、相手の同意を得ていたとしても、地方自治体の青少年保護育成条例違反にあたり、処罰される可能性があります。 では、18歳以上だと誤信して性行為をしてしまった場合でも処罰されるのでしょうか。また、真剣に交際している場合でも処罰されるのでしょうか。 弁護士ドットコムの法律相談にも寄せられた実際のケースや弁護士の回答も紹介しながら、詳しく解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. 18歳未満の人との性行為は条例違反になる可能性がある
  2. 相手が年齢を偽った場合
  3. 18歳未満だけど真剣交際だった場合

18歳未満の人との性行為は条例違反になる可能性がある

18歳未満の人と性行為をした場合、相手の同意を得ていたとしても、各都道府県にある青少年保護育成条例によって処罰される可能性があります。 たとえば、東京都の「東京都青少年の健全な育成に関する条例」には、次のような規定があります。違反した場合の罰則は、2年以下の懲役か100万円以下の罰金です。

「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」

また、愛知県の「愛知県青少年保護育成条例」には、次のような規定があります。違反した場合の罰則は、2年以下の懲役か100万円以下の罰金です。

「何人も、青少年に対して、いん行又はわいせつ行為をしてはならない」「何人も、青少年に対して、前項の行為を教え、又は見せてはならない」

この他の都道府県の青少年保護育成条例でも、条文の文言は異なる場合がありますが、わいせつな行為や性行為に関する制限と罰則が設けられています。 では、相手が18歳以上だと偽っていたケースや、真剣に交際しているといったケースでも、性行為をしてしまったら、処罰されてしまうのでしょうか。

相手が年齢を偽った場合

相手が年齢を偽って、18歳以上だと信じて性行為をしてしまった場合でも条例違反になるのでしょうか。

淫行条例違反、青少年保護条例違反について。

相談者の疑問 埼玉県の淫行条例違反についての質問です。

先日、年齢認証がある出会い系アプリで18歳の女性と知り合いました。その後、金銭の授受はなしで遊ぼうということになり、そのままホテルで性行為をしました。

会う前にはラインで「18歳未満と夜遊ぶと逮捕されるから、念のため18歳と分かる顔つきの身分証か、2枚の身分証を会った時に見せてほしい」とお願いし承諾してもらいました。

会った際に保険証で、平成12年4月上旬生まれと確認。会話でも疑う点はなく、西暦、和暦、干支、星座などの質問もスラスラ答えていました。

このような場合でも、万が一相手が18歳未満なら、私は逮捕されてしまうのでしょうか?

奥村 徹の写真 弁護士の回答奥村 徹弁護士 埼玉県は次のように説明しています。

「過失がないとき」とは、単に青少年に年齢や生年月日を確認しただけ、または身体の外部的発育状況等から判断しただけでは足りず、学生証、運転免許証などの公信力のある書面、または当該青少年の父兄に直接問い合わせるなど、その状況に応じて通常可能とされるあらゆる方法を講じて青少年の年齢を確認している場合をいう。

関係する判例(過失がないとき)
◎昭和34年5月11日最高栽判決(児童福祉法違反)
児童又はその両親が児童本人の氏名を偽り、他人の戸籍抄本をあたかも本人のごとく装って提出した場合、他人の戸籍抄本をあたかも児童本人のものであるかの使用することも職業の特殊性から当然あり得ることが容易に想像できるから、一方的な陳述だけでたやすく軽信することなく、他の信頼すべき客観的資料に基づいて調査をなすべきである。この調査を怠っている場合、児童福祉法第60条第3項但し書きにいう年齢を知らないことにつき過失がない場合に該当しない。

青少年条例の過失処罰条項は、こういう判例があるので、一応年齢確認をしたけれど18歳未満だった場合は、過失ありとされることが多いと思います。

他方、1回限りの関係でこのような高度の確認義務を課すことには疑問があり、そのような主張をすると起訴されないことが多いと思います。

相手が18歳以上だと信じたことについて過失がなければ条例違反にはあたらない可能性があるようですが、そのハードルは高いようです。 単に相手が言ったことを信じただけでなく、免許証などの公的な書類や家族への問い合わせなど、できる限りの確認をする措置をとらなければ、認められる可能性は低いといえそうです。

18歳未満だけど真剣交際だった場合

将来は結婚したいと考えているなど、真剣に交際している場合でも処罰される可能性はあるのでしょうか。

未成年との交際について

相談者の疑問 半年前にSNSを通じて知り合った女子高生(16歳)と恋仲になり、交際をすることになりました。私は30代後半で、歳の差もかなりあり、何より相手が未成年なので法的にどう扱われるかがとても心配です。

遊びの付き合いではなく、相手の親御さんには挨拶をし、交際の許可をもらいました。その際、将来的な結婚も視野に入れて構わないと言ってもらえました。

彼女と過ごす上で、どこまでが許されるのでしょうか。手をつなぐ、抱き合う、キスをするなど。

性行為は真剣交際なら条例違反ではないということですが、定義が曖昧な上、今の状態で「真剣である」ということがどこまで担保されているかが分かりません。

保護者の公認を得ているとしても、翻意した場合など、後からトラブルになることもあり得るのでしょうか?

奥村 徹の写真 弁護士の回答奥村 徹弁護士 条例の話は、地域を特定しないと説明できませんが、おおむね、下記の判例の定義を採用していると思います。

福岡県青少年保護育成条例違反被告事件
最高裁判所 大法廷昭和60年10月23日
判決本条例10条1項の規定にいう「淫行」とは、広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきでなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解するのが相当である。

保護者の承諾というのは、「その心身の未成熟に乗じた不当な手段」とか、「単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められない」というのを否定する要素として考慮されますが、一要素ですので承諾があればOKとか承諾がなければアウトということにはなりません。

実際、親の了解を得て、同棲していた事件で、破局後に、最初の淫行が立件されることもあるし、同棲中の特定の行為について「そこまで了解してなかった」として立件されることもあります。

保護者承諾というのは、この程度の意味ですが、あとあと説明するのが困難なこともありますので、メールとか文書でもらっておく方がいいと思います。

真剣に交際していて相手の親の承諾も得ている場合であっても、後に破局するなどの事情によっては、条例違反にあたると判断される可能性があるようです。 弁護士の回答の中で紹介されている判例は、相手が16歳の少女であることを知りながら性行為をした被告人に対し、18歳未満の人に対する「淫行」を禁止処罰する福岡県青少年保護育成条例の規定に違反するとして、罰金刑が言い渡されたケースです。 被告人は、少女とは結婚することを暗黙の前提とし、真剣な交際をしている中で性行為をしたなどと主張していましたが、裁判所は、証拠などから以下のような事実を認定しました。

  • 被告人は、中学を卒業したばかりの初対面の少女を、そうと知りながらドライブに誘い、自動車の中で「俺の女にならんか」と言って、いきなり性行為をした
  • 本件までに少なくとも15回以上性行為を重ねている
  • 2人が会っている間は性行為をすることに終始し、結婚の話などはしたことがなかった

このような事実から、裁判所は、「被告人は、同女を単なる自己の性欲の対象としてしか扱つていなかつた」「この様な態様での性交が青少年を傷つけ、その健全な育成を図るうえで重大な障害となることは明らか」であり、被告人の行為が福岡県青少年保護育成条例でいう「淫行」にあたると判断しました。 最終的に最高裁まで争われましたが、この判断が確定しています。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー