大麻の所持や栽培など大麻取締法違反で逮捕された際の刑期と裁判までの流れや対処法

大麻の所持や栽培は大麻取締法で規制され、発覚した際には逮捕され刑罰が科されます。大麻取締法違反の罪に問われている場合、どのような刑罰が科されるのかについて、量刑の相場とともに説明します。身柄拘束中の接見や裁判までの流れを確認しましょう。 ※下記に記載する数値は、検察庁統計年報と司法統計に基づき算出しています。

目次

  1. 大麻取締法違反とは
  2. 大麻取締法違反の刑期
    1. 初犯での大麻取締法違反の量刑相場
  3. 逮捕後の刑事手続きの流れ
  4. 大麻取締法違反の弁護活動

大麻取締法違反とは

大麻取締法は、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)およびその製品の栽培、輸出入、所持、譲渡、譲受を禁止しており、これに違反する場合は刑罰が科せられることになります。また、営利目的でこれらの行為を行った場合はさらに重い刑罰が科せられます。 大麻の使用自体は法律上禁止されているわけではありません。しかし、大麻の使用を脱法的に認めていると言うことではなく、使用する前提としての所持や譲り受けた時点で大麻取締法に違反することになります。 また、大麻と知らないまま所持している場合は犯罪が成立しませんが、「もしかしたら大麻かもしれない」と思っている場合は犯罪が成立するおそれがあります。 もっとも、大麻草の成熟した茎や種子に関しては禁止されていません。

大麻取締法違反の刑期

大麻取締法違反の刑罰は、行為の種類によっても重さが異なります。大麻に関する行為は次の二つに分かれます。

  • 栽培・輸出入
  • 所持・譲渡・譲受

また、営利目的の有無によっても変わります。 大麻を栽培または輸出入した場合は、営利目的がなければ7年以下の懲役となるのに対して、営利目的があれば10年以下の懲役となり、悪質性の高い場合には300万円の罰金も合わせて科されます。 大麻を所持、譲渡、譲受している場合は、営利目的がなければ5年以下の懲役になるのに対して、営利目的があれば7年以下の懲役となり、悪質性の高い場合には200万円の罰金も合わせて科されます。 これらの刑罰に加えて所持していた大麻などは没収されてしまいます。

初犯での大麻取締法違反の量刑相場

実際の刑期・罰金額の相場については、所持、譲渡、譲受の場合は、懲役6か月~1年で執行猶予3年程度になることが多いです。栽培して譲渡しようとしていた場合は、懲役1年6か月~2年で執行猶予3~4年程度になります。 また、営利目的で輸出入をするといった大量の大麻のやりとりがあるような場合は、懲役3年以上と罰金150万円以上となることがあります。

逮捕後の刑事手続きの流れ

逮捕後、ほとんどの事件が検察に送致され、勾留(最大20日間の長期の身柄拘束のことを言う)されてしまいます。勾留される割合は99%以上です。そしてそのうちの大半が10日以上の勾留となっています。 勾留の目的は逃亡や証拠隠滅を避けるためです。大麻は粉末であればトイレに流したり、薬草であれば燃やしてしまったりなど、容易に証拠隠滅できてしまうため、勾留される割合が高いのです。 大麻が家にあると疑われた場合、家宅捜索が入り、大麻やそれを使用するための吸引器などの道具が押収され、成分検査がなされることになります。 勾留中の取調べや押収された証拠に基づいて検察が起訴・不起訴を決めることになります。送致された事件のうち、およそ58%が起訴されることになります。起訴された場合には、必ず公判請求(公の場での正式な刑事裁判)されます。 一方で、所持していた経緯や分量などによっては、嫌疑不十分によって不起訴となる可能性や起訴猶予が付く可能性も低くはありません。

大麻取締法違反の弁護活動

大麻取締法違反で逮捕されたとしても、不起訴となって前科も付かない場合や、執行猶予(一定期間犯罪を犯さなければ刑が免除される)を獲得して実刑とならない可能性もあります。 そのためにもまずは嘘の自白をして不利な調書が作成されないようにすべきです。しかし、大麻などの薬物事件では、証拠隠滅の可能性があるため、家族や知人の面会(接見)が禁止されることもあり、弁護士を通じたサポートが重要となります。 執行猶予を獲得するには、十分な反省と再犯しないだろうということを裁判官や検察官に認めさせる必要があります。クリニックへの通院や環境改善、贖罪寄付といった具体的な行動が求められるでしょう。裁判までにそうした行動を起こすには、保釈されることも必要です。 また、大麻取締法違反では「即決裁判」を利用することもあります。即決裁判は即日で手続きが終わり、必ず執行猶予が付きます。どのような対応が可能かについて、詳しくは刑事事件に精通した弁護士に相談することをおすすめします。

記事のタイトルとURLをコピー