犯罪・刑事事件

弁護士監修記事 2019年09月18日

刑務所から逃走した場合の罪|逃走罪が成立する要件と刑罰の内容

有罪判決を受けて服役中に刑務所から逃げ出したり、被疑者や被告人として勾留されている施設から逃げ出したりすると、逃走罪という罪にあたります。

  • 逃走罪とは
  • 逃走罪が成立する要件
  • 刑罰の重さ

この記事では、これらのポイントについて、詳しく解説します。

目次

  1. 「逃走罪」とは
  2. 逃走罪が成立する要件
    1. 「裁判の執行により拘禁された既決の人・未決の人」とは
    2. 「逃走」とは
  3. 加重逃走罪が成立する要件
    1. 「勾引状の執行を受けた者」とは
    2. 「拘禁場や拘束のための器具を損壊」とは
    3. 「暴行や脅迫」とは
    4. 「2人以上で通謀」とは
  4. 逃走罪の刑罰

「逃走罪」とは

有罪判決を受けて服役中に刑務所から逃げ出したり、被疑者や被告人として勾留されている施設から逃げ出したりすると、「逃走罪」という罪にあたります。 逃走するときに、身体を拘束する器具や施設を破壊したり、施設の職員などに対して暴行・脅迫したりした場合や、2人以上で協力して逃走した場合は、より刑罰が重い「加重逃走罪」が成立します。 加重逃走罪と区別する意味で、通常の逃走罪のことは「単純逃走罪」と呼ばれています。

逃走罪が成立する要件

逃走罪が成立する要件は、「裁判の執行により拘禁された既決の人・未決の人」が「逃走」することです。

「裁判の執行により拘禁された既決の人・未決の人」とは

「裁判の執行により拘禁された既決の人・未決の人」とは、次のような人のことです。

  • 刑事裁判で有期刑(懲役・禁錮・拘留)や無期懲役、死刑が言い渡され、刑務所や拘置所などの刑事施設に収容されている人(労役場に留置された場合も含む)
  • 留置場や拘置所などの施設に勾留されている被疑者・被告人

「拘禁(こうきん)」とは、身体の自由が拘束されていることを意味しますが、次のような人も、拘禁されている状態に含まれます。

  • 刑務所の構外で農作業を行なっている人
  • 移送や出廷のために護送中の人
  • 病気やケガで病院などに入院中の人

逮捕されて収容されている人は「裁判の執行により拘禁された既決の人・未決の人」に含まれないので、逃走しても逃走罪は成立しません。ただし、逃走するときに器具・施設の破壊や、職員への暴行・脅迫などをした場合は、後ほど説明する「加重逃走罪」が成立します。

「逃走」とは

「逃走」とは、刑務所から逃げ出すなど、拘禁された状態から離脱することです。

加重逃走罪が成立する要件

加重逃走罪が成立する要件は、「逃走罪の対象となる人」または、「勾引状の執行を受けた者」が、次のようなことをして、逃走することです。

  • 拘禁場や拘束のための器具を損壊
  • 暴行や脅迫
  • 2人以上で通謀

「勾引状の執行を受けた者」とは

「勾引状の執行を受けた者」とは、次のような人のことです。

  • 尋問などのために、強制的に裁判所・警察署などへ連行されている被疑者・被告人
  • 正当な理由がないのに裁判所からの呼び出しに応じないため、裁判所へ連行されている証人
  • 裁判所から身体検査を行うために呼び出されたのに応じなかったため、裁判所などに連行されている被告人以外の人
  • 逮捕状の執行を受けた人(現行犯逮捕された人や、緊急逮捕されてから逮捕状が発行される前の人は含まれない)

「拘禁場や拘束のための器具を損壊」とは

「拘禁場」とは、被告人や被疑者などを拘禁する施設のことです。 「拘束のための器具」とは、被告人や被疑者などの身体を拘束するための器具で、捕縄や手錠、拘束衣などがあります。 拘禁場や拘束のための器具を「損壊」することが加重逃走罪の要件なので、鍵を使って手錠を外したり、扉を開けて逃走したような場合は、「損壊」したことにあたりません。

「暴行や脅迫」とは

ここでいう「暴行や脅迫」は、拘禁場の警備を行う看守者などに対して、逃走の手段として、暴行や脅迫をすることです。 看守者が逃走を阻止することを妨害できるほどの暴行・脅迫でなくても、加重逃走罪が成立します。

「2人以上で通謀」とは

「2人以上で通謀」とは、2人以上が同じ機会を利用して、逃亡しようとする意思を申し合わせておくことです。 逃走しようとしている人全員が、「逃走罪の対象となる人」か「勾引状の執行を受けた者」にあたることが必要です。 「逃走罪の対象となる人」か「勾引状の執行を受けた者」にあたる人が1人だけで、何人かが協力し、その人を逃がそうとすることは、「通謀」にあたりません。

逃走罪の刑罰

逃走罪の刑罰は、1年以下の懲役です。 加重逃走罪の刑罰は、3か月以上5年以下の懲役です。 これらの罪は、未遂の場合も処罰されます。

このページのタイトルとURLをコピーする

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

犯罪・刑事事件に関する法律相談

  • 強制性交等罪について

    18歳の彼女との性行為は、彼女が合意していても親が訴えれば、強制性交等罪は適用されますか? 彼女を脅迫したりは決してしていません。 未成年者の場合本人の合意があっても法定代理人の許...

    1弁護士回答
  • 業務上横領における懲戒解雇期日を短くすることは可能でしょうか

    懲戒解雇の確認書なるものにサインを求められ、10日間の自宅待機命令の後、会社に呼び出されて1ヶ月後辺りに懲戒解雇とする旨を告げられました(告知猶予が1ヶ月必要なのでとのこと)  こ...

    1弁護士回答
  • 元彼が逮捕された場合の記録について

    こんにちは。ずいぶん昔に4ヶ月くらいの短期間男女の付き合いのあった男性がいました。私は本気のつもりでしたが相手は遊びだったのか一方的にフラれてすぐに終わりました。付き合いのあると...

    1弁護士回答
  • 業務上横領発覚後のやり取りについて

    横領指摘→即自宅待機→10日後会社への出頭通知(内容証明郵便で弁明の為の呼び出し)となり会社に赴くのですが、弁護士の先生には今後について依頼しましたが出頭は単独で自身で行きます   ...

    2弁護士回答
  • 敬語を使った侮辱は侮辱罪に該当するか?

    ある男性から 「●●(私)は職場で同僚に逆ハラスメントしている」 「同僚たち全員に嫌われている」 「●●(私)は仕事をせずに同僚に多大な迷惑をかけている」 「●●(私)は異性に猫なで声で...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識