ストーカー行為の法的なライン|「被害者宅近くでサッカー」「被害者家族に謝罪の手紙」違法の可能性はあるのか【弁護士Q&A】

ストーカー行為とひとくちにいっても、具体的にはどのような行為が法的にストーカー行為にあたるのでしょうか。 逮捕される可能性や、どのような行為がストーカー行為にあたるのかという点について、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. ストーカー行為は即逮捕されるのか?
  2. 住居などに近づくことはストーカー行為なのか
  3. 被害者の家族に手紙は渡すことはストーカー行為なのか

ストーカー行為は即逮捕されるのか?

ストーカー行為をした場合、警察から警告などを受けたあとは一切ストーカー行為を止めても逮捕される可能性はあるのでしょうか。

ストーカー 行為による警告書受領時に供述調書を指紋採取されましたが、やはり逮捕されるのでしょうか?

ストーカー行為による警告書受領時に供述調書を指紋採取されましたが、やはり逮捕されるのでしょうか? 元彼女へのストーカー行為にて、警察の方から電話があり、事情聴取を受け、被害者に近づかないという内容の誓約書を書きました。

その際に、後日、警察の方に来てもらい、警告書を受け取ってもらうことになるという話があり、先日受け取りに行きました。

警察に行き、警告書の内容を説明され、受領のサインをしました。その際に、指紋の採取と供述調書をとられ、サインもしました。

帰り際に、担当官から、また、警察に来ていただくかもしれないという話があり、なぜかと聞いた際に、ストーカー行為が悪質な場合、事件化するかもしれないということで、その際は、再度話を聞くことになるということでした。

これは、警察として、警告書を受領したが、やはりストーカー行為が悪質だから、事件化、逮捕をする前提で、供述調書を取っているのでしょうか?

当然ですが、警告書受領後、ストーカー行為は一切行っておりません。

鐘ケ江 啓司の写真 弁護士の回答鐘ケ江 啓司弁護士 必ずしも逮捕されるということではないです。

きちんと取り調べに応じて、ストーカー行為もしていないのですから、今更逮捕しないという可能性も十分あります。「警告」だけで終了ということも十分ある解決なのです。

それでも、仮に逮捕されることになれば、当番弁護士を呼んでください。

▶犯罪・刑事事件に注力する弁護士を探す

住居などに近づくことはストーカー行為なのか

別の用事などで元交際相手の家の近づくこともストーカー行為にあたる可能性はあるのでしょうか。

ストーカー扱いについて

ストーカー扱いについて 先日、警察から元彼女にストーカー行為をしているということで警告を受けました。

こちらとしても関わる気がないのでいいのですか、元彼女の家が趣味でサッカーをしている場所の近くで駐車場に車を停めると見える可能性があります。

この場合でもストーカー行為をしていると言われた場合には逮捕されるのでしょうか?警察の方に聞いたら大人なんだから自分で考えろと言われました。

芦塚 増美の写真 弁護士の回答芦塚 増美弁護士 警察庁の通達があります。ネットで見れます。

住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)とあります。
元彼女の家が趣味でサッカーをしている場所とあり、通常所在する場所となる可能性もあります。

近くで駐車場に車を停めると、あてもなく移動することになり、うろつくに該当する可能性です。

逮捕の可能性もあり、車を停めないほうがいいです。最近は、ストーカー事件への対応が厳しいです。

ストーカー行為等の規制等に関する法律等の解釈及び運用上の留意事項について(通達)
平成29年5月26日

具体的行為
ア つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと(第1号)「見張り」とは、一定時間継続的に動静を見守ることをいう。
「押し掛け」とは、住居等の平穏が害されるような態様で行われる訪問であって社会通念上容認されないものをいう。
なお、この「押し掛け」時に相手方が在宅しているか否かは問わない。
「うろつく」とは、あてもなく移動することをいう。また、「みだりに」は、「正当な理由なく」という意味よりもやや広く、行為の態様を示す意味も含んでおり、社会的相当性がないような態様によることを意味する。

▶犯罪・刑事事件に注力する弁護士を探す

被害者の家族に手紙は渡すことはストーカー行為なのか

被害者の家族に手紙を渡すことはストーカー行為にあたる可能性はあるのでしょうか。

ストーカー警告について

ストーカー警告について ストーカーで警察から警告を受けています。本人に会うとかは禁止されていますが、私の勤務先の病院に本人とその母親が通院しています。 もし、偶然母親に会えた場合、今までの経緯を手紙にして渡したいと思います。手紙に違法な事は書いてませんが、それでも捕まりますか?

川添 圭の写真 弁護士の回答川添 圭弁護士 ストーカー規制法2条1項には、「つきまとい等」という行為類型が定義されており、法律上は「つきまとうこと」以外の様々な言動が該当するとされています。

実は、ストーカー規制法においては、電話やメール,FAXなどはそれ自体で「つきまとい等」に該当しますが(同法2条1項5号)、手紙を渡すことそれ自体は同号の「つきまとい等」に該当するわけではありません。

ただし、手紙の内容次第では、「その行動を監視していると思わせるような事項を告げ」る行為として「つきまとい等」に該当します(同項2号)。「つきまとい等」の対象は、本人だけでなく「配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者」とされていますので(同項柱書)、母親に対し「その行動を監視していると思わせるような事項を告げ」る内容の手紙を渡すことは、「つきまとい等」に該当します。

謝罪のみを内容とする手紙は、「その行動を監視していると思わせるような事項」に該当せず、厳密には「つきまとい等」に該当しない場合もありますが、仮に「つきまとい等」に該当しなかったとしても、通常、親族から連絡を受けた警察からあなたに注意が入りますので、あなた自身がお書きのような行動に出ることは、慎むべきでしょう。

▶犯罪・刑事事件に注力する弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー