遺失物横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

他人の落し物を拾って自分の物にすると「遺失物横領罪」にあたります。

  • 遺失物横領罪とは
  • 遺失物横領罪が成立する要件
  • 刑罰の重さ

この記事では、これらのポイントについて詳しく解説します。

目次

  1. 遺失物横領罪とは
  2. 遺失物横領罪が成立する要件
    1. 「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物」とは
    2. 「横領」とは
  3. 遺失物横領罪の刑罰

遺失物横領罪とは

電車や道ばたに落ちていた財布を持って帰るなど、他人の落し物を拾って自分の物にする「遺失物横領罪」にあたります。

遺失物横領罪が成立する要件

遺失物横領罪が成立する要件は「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物」「横領」することです。

「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物」とは

「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物」とは、本来の持ち主がなくした物で、なくした後にまだ誰も所持していない他人の物です。 これを「遺失物」といいます。遺失物の中でも、水面に浮かんでいたり、水中に沈んでいる物を「漂流物」といいます。 たとえば、以下のような物が遺失物です。

  • 電車の中に置き忘れられた財布
  • 配達員が間違えて配達した荷物
  • 飼い主から逃げ出したペット

「横領」とは

「横領」とは、遺失物だと分かっていながら、自分の物にするために、拾ったり隠したりすることです。

遺失物横領罪の刑罰

遺失物横領罪の刑罰は、1年以下の懲役か、10万円以下の罰金・科料です。

記事のタイトルとURLをコピー