横領

弁護士監修記事 2019年08月30日

業務上横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

会社の経理担当者が会社のお金を自分の物にするなど、業務として管理している物を自分の物にすると「業務上横領罪」にあたります。

  • 業務上横領罪とは
  • 業務上横領罪が成立する要件
  • 刑罰の重さ

この記事では、これらのポイントについて、詳しく解説しています。

目次

  1. 業務上横領罪とは
  2. 犯罪が成立する要件
    1. 「業務として自分が占有している」とは
    2. 「他人の物」とは
    3. 「横領」とは
  3. 業務上横領罪の刑罰

業務上横領罪とは

業務として管理している他人の物を、勝手に自分の物にした場合、「業務上横領罪」にあたります。 たとえば、会社の経理担当者が、会社のお金を自分の物にしたような場合です。

犯罪が成立する要件

業務上横領罪が成立する要件は、「業務として自分が占有している」「他人の物」を、「横領」することです。

「業務として自分が占有している」とは

「業務として自分が占有している」とは、他人から依頼されて、他人の物を反復・継続して管理することを意味します。 物の管理が職業ではない場合や、無償の場合も含まれます。

業務ではない(反復・継続して行っていない)場合は、「(単純)横領罪」にあたります。業務上横領罪より刑罰は軽くなります(5年以下の懲役)

他人から依頼されないで占有している物を自分の物にした場合には「遺失物横領罪」にあたります。

他人が占有している物を自分の物にした場合は「窃盗罪」にあたります。

「他人の物」とは

「他人の物」とは、他人が所有する物という意味です。ここでいう「他人」には個人だけでなく、会社などの団体(法人)も含まれます。 自分が他人と共有している物を、勝手に自分だけの物にしたような場合も、業務上横領罪にあたります。

「横領」とは

「横領」とは、他人から預かっている物を、処分する権限がないにもかかわらず、その物の所有者でなければできないような処分をすることです。 たとえば、他人から預かっている物に対して、次のような行為をすることが横領にあたります。

  • 売却
  • 贈与
  • 交換
  • 質入
  • 抵当権の設定

業務上横領罪の刑罰

業務上横領罪の刑罰は、10年以下の懲役です。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領事件を扱う弁護士を探す

横領に関する法律相談

  • 横領罪での逮捕になるのでしょうか?

    私は今年の4月から会社に携帯電話を支給されています。 時々、友達や彼女に会社の携帯を使って電話をしており、先月はその額が多かったみたいで、今朝、総務の方に尋ねられました。 確かに、...

    1弁護士回答
  • 破棄指示商品について

    破棄指示商品について 仕入れた商品が販売後のキャンセル等により再販不可になった場合、仕入れ先より商品の仕入れ金額か同じ商品が補填され、回収したキャンセル品を破棄するよう指示されま...

    1弁護士回答
  • 横領、使い込みについて

    横領について 児童福祉施設に勤めています。私は、3年前に退所した児童の預金口座を個人的に預かっていました。児童が施設を退所してから、そのお金を少しずつ使い込んでしまい、結果的に全...

    2弁護士回答
  • デザイン案件の横領について。現在自宅謹慎中です。

    現在自宅謹慎中です。 会社員としてデザイナーをしています。 あるお客様の案件が勤務時間内で対応しきれなかったため、たくさんあるうちのいくつかを個人的に引き受けることになりました...

    1弁護士回答
  • 業務上横領にあたるかどうか、懲戒処分となるかどうかについて

    横領について 施設に入所していた人の預金口座から引き出して使用してしまいました。引き出した時点でその人は退所しており、施設とはアフターケアでの関係性となっていました(措置解除と言...

    3弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 沢尻エリカさんの尿鑑定は「陰性」…違法薬物...
  2. ラーメン注文後、お金払わず出て行った「迷惑...
  3. 居酒屋の予約「無断キャンセル」で逮捕の衝撃...
  4. JASRAC「極めて悪質だ」、楽曲を無断利用した...
  5. マクドナルド従業員が「7億円」着服報道、会...
  6. 被害者支援、制度を使ってなぜ「つらさ」は増...
  7. 「アサヒカメラのカメラマン」名乗り、痴漢は...