横領

弁護士監修記事 2019年08月30日

業務上横領罪とはどのような犯罪か|罪が成立する要件と刑罰の内容

会社の経理担当者が会社のお金を自分の物にするなど、業務として管理している物を自分の物にすると「業務上横領罪」にあたります。

  • 業務上横領罪とは
  • 業務上横領罪が成立する要件
  • 刑罰の重さ

この記事では、これらのポイントについて、詳しく解説しています。

目次

  1. 業務上横領罪とは
  2. 犯罪が成立する要件
    1. 「業務として自分が占有している」とは
    2. 「他人の物」とは
    3. 「横領」とは
  3. 業務上横領罪の刑罰

業務上横領罪とは

業務として管理している他人の物を、勝手に自分の物にした場合、「業務上横領罪」にあたります。 たとえば、会社の経理担当者が、会社のお金を自分の物にしたような場合です。

犯罪が成立する要件

業務上横領罪が成立する要件は、「業務として自分が占有している」「他人の物」を、「横領」することです。

「業務として自分が占有している」とは

「業務として自分が占有している」とは、他人から依頼されて、他人の物を反復・継続して管理することを意味します。 物の管理が職業ではない場合や、無償の場合も含まれます。

業務ではない(反復・継続して行っていない)場合は、「(単純)横領罪」にあたります。業務上横領罪より刑罰は軽くなります(5年以下の懲役)

他人から依頼されないで占有している物を自分の物にした場合には「遺失物横領罪」にあたります。

他人が占有している物を自分の物にした場合は「窃盗罪」にあたります。

「他人の物」とは

「他人の物」とは、他人が所有する物という意味です。ここでいう「他人」には個人だけでなく、会社などの団体(法人)も含まれます。 自分が他人と共有している物を、勝手に自分だけの物にしたような場合も、業務上横領罪にあたります。

「横領」とは

「横領」とは、他人から預かっている物を、処分する権限がないにもかかわらず、その物の所有者でなければできないような処分をすることです。 たとえば、他人から預かっている物に対して、次のような行為をすることが横領にあたります。

  • 売却
  • 贈与
  • 交換
  • 質入
  • 抵当権の設定

業務上横領罪の刑罰

業務上横領罪の刑罰は、10年以下の懲役です。

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

横領事件を扱う弁護士を探す

横領に関する法律相談

  • 離婚後に支払い義務を守ってくれない

    よろしくお願いします。 離婚時に元妻へ毎月養育費やその他の費用で12万の支払いをしています。 内訳が住宅ローン、5万、管理費2万5千、管理費滞納2万5千その他2万 この内容で捺印しました...

    1弁護士回答
  • 横領で懲戒解雇されましたが不当解雇で争いたい

    横領で懲戒解雇されました。 私は潔白なので否定しましたが、会社から刑事告訴されました。 会社には顧問弁護士がいます。 私も懲戒解雇されて直ぐに 弁護士に依頼しました。 先日もこち...

    1弁護士回答
  • 度重なる横領事件について。

    横領事件についてのご相談です。 同一犯で2つ事件があります。 ・事件A。2019年1月に約300万を横領されてしまいまして その件に関しましては分割で返済すると言われたので 6年スパンの分割...

    1弁護士回答
  • 業務上横領で争っています

    業務上横領で会社を懲戒解雇されました。 身に覚えはないので解雇されたあと直ぐに弁護士に依頼しました。 色々と親身になって対応してくれる弁護士さんですが、色々な弁護士さんの意見もお...

    3弁護士回答
  • 横領。金銭消費貸借契約書について

    会社で横領をしてしまいました。 その後、金銭消費貸借契約書を書かされました。 横領した金額は一括で返済しました。 この時に契約書についてですが、 1.住所の変更ごある際、もし通達なく...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

横領の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識