オレオレ詐欺の受け子はどのような罪になるのか? 【弁護士Q&A】

オレオレ詐欺の役割分担の中で、もっぱら被害者から現金などを受け取る役割があります。「受け子」などと呼ばれています。 グループの末端のメンバーが担うことが一般的で、アルバイト感覚で未成年が受け子をするケースもあとを絶ちません。 この記事では、受け子がどのような罪になるのかという点や、未成年が受け子をして逮捕された場合のその後の処遇について、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる

目次

  1. オレオレ詐欺の受け子…初犯の場合は執行猶予の可能性はあるのか
  2. 未成年だった場合

オレオレ詐欺の受け子…初犯の場合は執行猶予の可能性はあるのか

オレオレ詐欺の受け子として逮捕された場合、初犯でも実刑判決を受ける可能性はあるのでしょうか。被害を弁償することは判決に影響するのでしょうか。

初犯 受け子 執行猶予の可能性は?

初犯 受け子 執行猶予の可能性は? 元旦那がオレオレ詐欺の受け子の罪で逮捕されています。裁判は始まっているのですが、まだ判決は出ていない状態です。被害額は100万円です。初犯です。被害者の方は示談しないと言っており、被害弁償もまだできていない状態です。

私は次の裁判で上告書を提出し、前の旦那とはこれから一緒に住み更生できる様に支えていくつもりでその様な事を書きました。小さな子供もいます。

国選弁護人がついているのですがどうなるか分からないとおっしゃっています。執行猶予の可能性はありますか?

示談と被害弁償ができていないと実刑の可能性が高いのでしょうか?回答よろしくお願いします。

沢田 貴人の写真 弁護士の回答沢田 貴人弁護士 元御主人が、振込み詐欺の共犯として起訴されているとのことでご不安の程お察しします。

本件においては、元御主人が、被害金額100万円の詐欺罪の共犯に問われているとのことですが、仮に、被害弁償ができない場合であると検察官の求刑は懲役2年から3年程度ではないかと思いますが、その際に執行猶予がつくかどうかに関しては、犯行の動機・態様、被害結果示談の有無、身元引受人の有無、社会内における更生可能性等の諸般の事情を斟酌することになりますので、一般情状を考慮して執行猶予となる可能性はあると思いますが、犯情の悪質性等により実刑判決となることも視野には入れたほうが良いように思います。

そのため、現時点において、御相談者ができることとしては、国選弁護人の弁護士さんとよく相談をされた上で、元御主人が、本件犯行に至った経緯や理由について具体的にどのように考えて、今後、どのように具体的に指導・監督をしていくつもりであるのか、被害者に対する謝罪や今後の被害弁償等について具体的にどのように考え、行動していくつもりであるのかなどについて情状証人として証言することのほか、仮に、被害弁償ができない場合には、例えば、被害弁償金を供託するなどしてできる限りの被害弁償に尽くすことが必要であると思います。

いずれにしても、国選弁護人の先生とよくご相談をされた上、実刑と執行猶予の両方を視野に入れながらも、できる限りのことをするほかないと思います。

▶詐欺事件を扱う弁護士を探す

未成年だった場合

未成年だった場合は、どのようなペナルティを受ける可能性があるのでしょうか。

恋人が受け子をしました。少年院に行く可能性について教えてください。

オレオレ詐欺受け子 最近会った友人(19)が特殊詐欺の受け子をしてしまったと聞きました。

友人は、ネットの掲示板で知り合った人と連絡を取り、詐欺を行ってしまったらしいです。
受け取りに行った際、相手の方がお金は息子が来てから渡すと言われた際に指示を受けてた人からお金を持って投げろと言われ逃げてしまったみたいです。友人は途中でやめようとしたみたいですが脅されてやらざるをえなかったみたいです。

逮捕はされていませんが、友人は捕まってしまうのでしょうか?やはり自首をするべきなのでしょうか?逮捕された場合はどのような罪になるのでしょうか?

岡本 大地の写真 弁護士の回答岡本 大地弁護士 逮捕される可能性はあります。

また、ご友人は、20歳未満の少年ですので、逮捕勾留された後、家庭裁判所に送致され、鑑別所に行くことになりえます。

また、その後、少年審判を受ける可能性は高いと思います。

最終的には、審判で判断されることになりますが、更生可能であると判断されれば、保護観察処分として、少年院送致を免れる可能性もあります。

その際の、罪としては、窃盗ないし詐欺に該当する可能性は高いと思います。

▶詐欺事件を扱う弁護士を探す

関連する悩み相談への、弁護士の回答を参考にしたい方

法律相談を見てみる
記事のタイトルとURLをコピー