弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

犯罪・刑事事件

必要的共犯

読み方:ひつようてききょうはん

必要的共犯とは、犯罪の構成要件が、はじめから複数の行為者の関与を予定している犯罪を意味する。

必要的共犯のうち、同一方向に向けて複数の者が共働・加功する犯罪の類型を多衆犯または集団犯といい、複数の者の意思が互いに向かい合って共働・加功する犯罪の類型を対向犯という。

前者の例としては、内乱罪、騒乱罪、凶器準備集合罪などが挙げられる。

後者の例としては、重婚罪、収賄罪、贈賄罪などのように、対向する両当事者が処罰される場合と、わいせつ文書頒布・販売罪のように、一方当事者である頒布・販売者だけが処罰される場合があり、これを特に片面的対向犯という。

必要的共犯の場合は、刑法総則の共犯規定が適用されるか、適用が排除される場合の根拠は何かが問題となるが、対向犯の関係にある者のうち一方だけが処罰される片面的対向犯については、その相手方を共犯として罰することはできないと解するのが判例である。

例えば、わいせつ文書を購入した者を、刑法175条のわいせつ文書販売罪の共犯として処罰することはできない。

<必要的共犯に関連する用語>
必要的共犯に対して、構成要件上は1人の行為者を予定している犯罪を、2人以上の後者で実現するものを任意的共犯という。

必要的共犯と任意的共犯を合わせた、およそ2人以上の行為者が関わって実現する犯罪を最広義の共犯という。

関連記事

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

犯罪・刑事事件の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. レイプになるのでしょうか?
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノ摘発による購入者の検挙、逮捕について

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 灼熱地獄の車内に子ども放置…救出のため、店...
  2. 栃木小1女児殺害、控訴審も「無期懲役」、足...
  3. クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃく...
  4. ハイタッチを「誤解」して殴った男性、「おと...
  5. 「痴漢はんぱない」日本代表勝利で沸く渋谷ス...
  6. 仮想通貨マイニングの摘発、「法律で規制する...
  7. 京大、「立て看板」騒動で被害届提出へ「保管...