弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

犯罪被害

犯罪被害者が示談交渉で注意すべきポイントやデメリット

犯罪に巻き込まれ、被害者となってしまったら、事件手続きの過程で、加害者から示談の申し入れがなされることも多くあります。謝意を示してくれることは嬉しいですが、なぜ加害者から申し入れて来るのか疑問に思うこともあるでしょう。実は、示談成立は、被害者にとってデメリットがある場合もあるのです。ここでは、被害者が注意すべきポイントを紹介します。

目次

  1. 示談成立と情状酌量
  2. 示談はやり直しが効かない

示談成立と情状酌量

加害者側から示談の申し入れがある理由は、自身の処罰が軽くなるという点と、被害の弁済という民事責任を同時に果たすことができるという、非常に大きなメリットがあるためです。

刑罰を決める際に考慮される要素に、被害の大きさや被害がどの程度弁償されているのか、被害者の処罰感情は厳しいのか、という被害者に着目したものがあり、示談の成立はこれらの要素を和らげていると評価されるのです。

また、罪の比較的軽い犯罪では、当事者間で問題が解決しているのであれば、わざわざ刑罰を科す必要もないと考え、裁判にかけない不起訴処分を下すことも多くなります。

これらの点を考慮した際、加害者への厳罰を望む人にはデメリットとなるでしょう。一方で、自身で裁判を起こす手間や費用を考えると、示談で終わらせられるのは好都合とかんがえる人もいるでしょう。

被害届や告訴の取り下げ

示談金の支払いとの引き換えに、被害届や告訴の取り下げをお願いされるケースも多くあります。また、示談書に、「寛大な措置を望む」といった、被害者が厳罰を望んでいないことを示す言葉を入れてほしい、と要求されることもあります。

これらも基本的には、先に挙げた理由と同じように、加害者の処罰が軽くなる効果があるのです。ただし、争っている犯罪が、親告罪という犯罪であった場合には、被害者の告訴なしには起訴することができません。

そのため、親告罪で告訴を取り下げる際には、加害者への刑罰はまったく科せられず、すぐに釈放されるものとお考えください。

やはり、厳罰を望む場合には、こうした措置をとることはできません。一方で、取り下げせずに示談が成立することもあり得ます。その場合には、示談金が減額されるなど、加害者側もギリギリの交渉してくることでしょう。

示談はやり直しが効かない

一度示談を結ぶと、特段の事情がない限り、その内容を取り消したり、修正したりすることができません。示談が成立すれば、加害者の損害賠償責任も果たされるので、民事訴訟を起こして別途請求する、ということもできなくなります。

また、刑事事件が終了した場合にも、もう一度やり直すということは不可能です。こうした点にも注意して示談に望むべきでしょう。

特に問題となるのが、事件によって怪我を負った場合です。大きな怪我の場合には、後遺症が残ってしまう場合もありますし、思ったよりも完治するまで時間がかかってしまうことも往々にして起こり得ます。

後遺症が残れば慰謝料の相場も大幅に上がります。また、怪我の慰謝料は、治療期間に比例して増額されます。そのため、大きな怪我をした際には、完治するまで示談しない方が得策な場合が多いでしょう。

このページのタイトルとURLをコピーする

関連記事

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪被害に関する法律相談

  • 性暴力 告訴状の提出先

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    お世話になります。 性暴力の告訴状ですが、告訴状を、直接、検察に出移出できるのでしょうか? ネットで検索したら、自分で提出できるとありましたが、本当でしょうか? 宜しくお願いし...

    2弁護士回答
  • 文書による誹謗中傷への対処について

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    上司の誹謗中傷の文書が会社内の上層部に出回っています。 しかし、対象の文書が誰からの発出なのかは不明です。 誹謗中傷の対象となった上司は深くショックを受け、休養中です。 次の事項...

    2弁護士回答
  • 加害者の逮捕事実を、被害者が公表する是非

    犯罪・刑事事件犯罪被害

    性犯罪被害に遭った知人女性の話です。 犯人は逮捕、送検されましたが、警察発表されていないらしく、報道されていません。 被害者は事実の公表を希望していますが、未だ公表されていない様...

    1弁護士回答
  • 親族 親とか 刑事罰は無理でも民事で

    犯罪・刑事事件犯罪被害

    自分の親に、自分の金や物を盗まれても親族相盗例によって、刑事罰とか(送検も無理?)加えることはできませんが、 民事で訴えて盗まれた金や物を取り戻すなり、さらに損害があれば賠償さ...

    2弁護士回答
  • お金の貸し借り 被害届け

    犯罪・刑事事件犯罪被害被害届・告訴・告発

    知人にお金を3万借りました。 貸してくれた時はお金は返さなくて良いと言われこちらは貰ったと解釈しました。 すると急に返してくれと言い出し返さなければ騙されたとして警察に被害届けを出...

    4弁護士回答

法律相談を検索する

犯罪・刑事事件を扱う弁護士を探す

犯罪被害の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件の人気法律相談

  1. 公然わいせつ罪に対する被害届
  2. 傷害事件で被告訴人が犯行否認
  3. 淫行条例の件で、警察から呼び出しを受けました。
  4. 万引きの後日逮捕について。
  5. 初犯で盗撮をしてしまいました。
  6. 携帯の白ロム詐欺にあったのに加害者にさせられた友人がいます
  7. 児童ポルノのダウンロード履歴から逮捕されることはありますか?

犯罪・刑事事件のニュース

  1. フードコートで食事せず、冷水機で「水筒を満...
  2. 5歳児が公道で「ポケバイ」運転して補導…未就...
  3. 「好きな女性」の車にGPS取り付け、監視した...
  4. 小金井ストーカー事件、懲役14年6月に「短す...
  5. 強姦罪、男性も被害対象に…当事者が支援訴え...
  6. 小金井刺傷事件「17年でも短いと思っていたの...
  7. 〈小金井刺傷事件〉判決後に冨田真由さん「今...