弁護士からの通知書 刑事告訴について

代理人弁護士から通知書が届きました。

通知書が届いた理由として簡単に説明をしますと、ネットオークションでのトラブルによるものです。

トラブルの原因としては、オークションの取引相手の勤務先に電話をしたこと、その電話の応対をしたのは取引相手の本人ではなく、取引相手の勤務先の第三者となり、取引の情報を勤務先の第三者に公表されたことに腹を立て、それが原因でトラブルに発展しました。

※相手の勤務先に電話をしたのは2回です。

また取引相手とオークション外のメールでも複数回やり取りをしましたが、相手に対して送ったメールの内容について、また勤務先に電話をしたことについて、通知書にはこう記載されていました。

刑法第231条の侮辱罪
威力業務妨害罪(234条)
名誉棄損罪(230条)
刑法上の強要罪(223条1項及び2項)
刑法上の脅迫罪(222条1項、2項)
恐喝罪(249条)
刑法上の不退去罪(130条)

通知書の内容を要約すると、『相手にもう連絡をするな 勤務先に行くな』ということです。

メールでの複数回のやり取ですが、相手からのメールに対して返信をしました。
※こちらから相手にメールをしたのは一回です。
※嫌がらせのようにこちらから何度もメールをしたことはありません。

もちろん勤務先には一度も行っておりません。

個人間の言い争いの最中にこんなことを言ったり、こんなことを書いたら「刑法上の○○条に該当する」とは考えたりしていません。

その通知書のなかに「すでに被通知人を刑事告訴する準備を行っておりますが、金銭的損害も発生した場合には民事訴訟の提起も視野に入れてあります」と書かれていました。

本当に刑事告訴の準備を行っているのでしょうか?

わかり辛い内容ですが、この内容で、オークショントラブルで刑事告訴が受理されるとは思っておりませんが、専門的な知識がないため、質問をさせていただきました。

取引相手に対して怒りしかありませんでしたが、時間とお金を使い弁護士に依頼をして来た相手に対して急に恐怖に変わったので、こちらから相手に連絡するつもりは一切ありません。

宜しくお願い致します。
2019年06月06日 21時01分

みんなの回答

高井 雅秀
高井 雅秀 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
弁護士が同意2
ありがとう
なぜオークショントラブルで相手の勤務先の連絡先を知っているのかなどの詳細がわからないので一概には言えません。

名誉棄損や威力業務妨害、脅迫などの可能性は事案としてありそうですが、なぜ不退去罪が入っているかもこの経緯からではよくわからないところです。

通常弁護士は全くやる気がないのに警察に被害届等出す準備をしている、とはあまり書かないので、相談ぐらいはしているのではないでしょうか。それに呼応して警察がどこまで動いてくれるかはケースバイケースです。

2019年06月06日 21時24分

相談者
お忙しいところ、ご返答くださいまして有難う御座います。

取引相手は医者(女性)になります。
商品のお届け先がその取引相手の医者の病院になっていたため、病院を検索し電話連絡をした次第です。

商品を受け取ったのかを確認するために電話連絡をしました。

※荷物の問い合わせシステムで検索をしたところ、配達完了になっているにも関わらず受取連絡がされなかったため電話連絡をした次第です。
※配達完了となっていたため、当方としては取引相手が商品を受け取っていると理解しました。
※落札者が受取連絡をしないと出品者(当方)に商品代金が入金されません。

取引相手の言い分ですが、配達完了になっている日は出勤していなかったため、翌日に商品を受け取っているとのことでした。

当方としては、取引相手の仕事の都合(予定)は一切把握しておりません。

また忙しい医者の携帯電話に私用の電話をして繋がるとは思わなかったため、勤務先の病院を調べて電話連絡をした次第です。


※オークションの説明欄に記載している内容の一部です。

◆商品を受け取った日に速やかに 『受け取り連絡』 ボタンを押して下さい。
◆落札者が受け取り連絡をしないと商品代金が入金されない事をよく理解して下さい。


※『商品の受け取りが遅れるのでしたら、その旨を先にお伝えすればいいだけの事です』と相手には伝えました。


不退去罪ですが、取引相手に対して下記のように記載したからだと思います。

『あなたの病院に行き報復評価の件についてあなたとじっくりお話しさせて頂きたいと思います。』

先程もお伝えした通り、勤務先には一度も行っておりません。


取引相手との複数回のメールのやり取りのなかには、下記の内容のメールが届いております。

『オークションサイト内でのやり取りに不備はなく、郵送・梱包もしっかりなされており、非常に信頼できる仕事をされる方と感じました。』

しかし、代理人弁護士からの通知書には下記のように記載されておりました。

「非常に信頼できる仕事をされる方」という本心ではないメールを送るに至った…

と記載されており、思わず笑ってしまいました。


長々と失礼致しました。

宜しくお願い致します。

2019年06月06日 22時46分

この投稿は、2019年06月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

この相談に近い法律相談

  • 刑事告訴の事実を公表することは違法ですか?

    警察に告訴状を提出しました。 現在捜査中。 1.検察へ送る段階で 2.結果が出た後に(嫌疑不十分、もしくは起訴猶予) 3.結果が出た後に(有罪) それぞれの時点でこれをHPで公表することに違法性等はあるのでしょうか。 A.相手の氏名、店名を公表せずこういった事実があったということだけを公表 B.相手の店名と事実...

  • 刑事告訴(業務妨害・名誉棄損)の公表について

    刑事告訴(業務妨害・名誉棄損)の公表についてです。 現在告訴状は受理され被告訴人(犯人)も特定され事実を認めており家宅捜索も受けていています。 そろそろ検察庁送致される段階です。 検察に送致され、結果が出るまでにHPでこの事実を公表しようと思っているのですが不起訴の場合どこまで公開しても法に触れないのでしょうか。...

  • 弁護士代理による刑事告訴

    刑事告訴を弁護士に代理してもらうメリットはありますか? 例えば告訴が受け入れられ易いとか? また、架空請求してきた本人を告訴したいのですが、弁護士費用等は請求できますか?

  • 公務員が刑事訴訟法239条2項に基づいて告発をした行為が、客観的真実に反していた場合の罪について

     公務員が刑事訴訟法239条2項に基づいて告発をした行為が、結果的に客観的真実に反していた場合、当該公務員には虚偽告訴罪が成立することになるのでしょうか?  (たとえば契約担当課の職員が、入札参加企業の提示する金額が尽く似たり寄ったりなことについて談合を疑い(犯罪があると思料し)告発を行ったが、捜査機関が談合の事実を...

  • 刑事告訴。刑事告訴すべきなのでしょうか?

    刑事告訴すべきなのでしょうか? また受理されるのでしょうか? 1月4日とある駐車場か店舗内で財布を落としてしまいました。 まさか落としたとは思わず家に忘れたと思い帰宅して家になくお店に電話したところ、、店で預かっていることがわかり急いでとりにいったのですが、 お金(紙幣のみ7万あまり)抜き取られていました。(財布は店...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...
  2. パチスロ店、伝説の「4号機」を設置して摘発...
  3. 終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代...
  4. 障害者を襲う「性暴力」の三重苦 被害にあっ...
  5. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...
  6. 無許可ドローンで逮捕「公園なら飛ばしていい...
  7. 大相撲の「座布団投げ」は罪に問われるのか?...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。