弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

数年前の被害について、慰謝料請求はできますか。

数年前、当時同棲していた恋人からのDV被害にて警察に保護されました。当時は洗脳状態に有り、被害者意識よりも加害者意識が強いこともあり、また相手に対する恐怖心も有りましたので被害届を出すことを勧められたにも関わらず、断ってしまいました。
数年が経ち、漸く精神状態も安定してきました(あくまでも平常時のみで、きっかけがあれば取り乱すこともある程度)ので改めて考えてみるとやはりあの時被害届を出しておけば良かったと後悔しております。

被害届はこの際どうでもいいのですが、数年が経っても当時の行いについて訴訟を起こし、慰謝料の請求等をすることは可能なのでしょうか?
もし可能なのであれば下記条件が加味された場合、不利に働く場合はあるのでしょうか。

①相手は精神障害を患っています。(障がい者手帳未所持ですが1級相当です)
②相手は御親族と絶縁状態です。
③当時、相手には一人で生活出来るだけの収入がありませんでした。
④相手方曰く、当方が原因で病状が悪化したとのことです。
⑤当方と相手方は同性です。

①の病状につきましては極めて稀な症状のため、個人特定防止のため伏せさせて頂いておりますが、一級条件の「日常生活を一人で行うことが出来ない」に相当致します。
当時の生活費は殆どを当方が負担しておりました。

特殊なケースであると重々承知では御座いますがお力添え頂けますと幸いです。
b4_be57さん
2018年12月26日 10時56分

みんなの回答

辰野 真也
辰野 真也 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
結論的には,難しいと思います。

まず,「数年」というのが気になりますが,不法行為による損害賠償請求は,原則として不法行為があったときから3年以内に訴えねばなりませんので,そこをクリアするかどうかです。

また,裁判を起こして勝ったとしても,それで自動的に慰謝料が支払われるわけではありません。相手方が払ってくれるのを待つか,判決に基づいて強制執行するか,という選択になりますが,相手方にお金がなければ,裁判をして勝ったとしても,1円も回収できないことになります。
お書きのご事情では,相手方にはお金がないか,あるとしてもその場所(預金口座など)は分からないのではないでしょうか。そうすると,裁判に勝っても何も起きないことになります。

加えて,裁判に勝つための証拠があるのかとの問題もありますし,弁護士を雇えば費用もかかります。

直感的には難しいように思いますが,まだ3年経過していないとか,証拠がある,相手方には資力がある等のご事情があれば,早めに弁護士に相談されることをおすすめします。

2018年12月26日 12時18分

b4_be57 さん (質問者)
迅速なご回答有難う御座います。
3年という区切りについては問題ありません。
裁判上の証拠につきましても、当時警察所にて調書を書いており、相手方にも拘留の事実がありますので問題なのではないかと思っております。
ですが、相手方の資力については全く検討がついておりません。

冒頭に記しましたとおり、当時の生活費は当方が殆どを負担しておりました。
と申しますのも、相手方には収入がないに等しく、精神的な障害や体質に起因して安定した収入を得ることが難しかったためです。
それは数年で完治するようなものでも無いため、未だ安定した収入はないのではないかと予想しております。
当時は相手方より、実家が由緒正しき名家であると伺っておりましたが絶縁状態であるとのことで当方が関わることもありませんでしたので、現在となってはその供述が虚言である可能性も否定しきれません。
その方との金銭トラブルが原因で、当方にも資力として余裕があるわけではありませんので、おとなしく諦める方が無難なような気がします…。

2018年12月26日 12時44分

辰野 真也
辰野 真也 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道1 犯罪・刑事事件に注力する弁護士
ありがとう
それであれば,おそらく裁判をしても赤字になるでしょうから,諦めるというご判断もアリだと思います。

2018年12月26日 16時50分

b4_be57 さん (質問者)
ずっとなんとかならないものだろうか、と考えておりましたので
具体的なお言葉を頂きすっきりとした気持ちです。
年末のお忙しい中ご回答頂き有難う御座いました。

2018年12月26日 17時08分

この投稿は、2018年12月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

この相談に近い法律相談

  • 被害届、告訴・告発について

    法律の勉強をしています。(日常学習レベル)そこで質問なのですが、被害届、告訴・告発の違いというのはなんなのでしょうか?

  • 被害届とか告訴告発状

    弁護士以外の士業の人でも、仕事として依頼を受けて本人の代理として、被害届、告訴告発状を書いても弁護士法違反にはならない?

  • 被害届とか告訴告発状

    弁護士以外の士業の人でも、仕事として依頼を受けて本人の代理として、被害届、告訴告発状を書いても弁護士法違反にはならない?

  • 数年前の事件の被害届を出そうとしたとき

    年単位前の被害について 被害届をだそうとしたとき。 証拠の有、無に関わらず やはり年単位前となると 被害届は受理してもらえる可能性は低いですか?

  • 被害届・告訴状の件!

    100万の詐欺被害にあいました。 相手は、自宅からさほど離れていない場所に潜伏していますが居場所がわかりません。 刑事事件として扱ってほしいのですが、被害届を先に出したてのちに告訴状を出した方が良いでしょうか? 民事訴訟での回収は出来ないだろうと思ってますので何とか刑事事件で起訴されてほしいのですが。 被害届だけ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  2. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  3. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  4. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  5. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...
  6. 元AV女優・麻生希、覚せい剤で実刑判決…別の...
  7. まるでブチャラティ? 塾講師が「嘘をついて...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。