警察を通さずに詐欺被害で裁判に持ち込むことは可能でしょうか?

一般的に故意であったことの立証が難しいとされる詐欺被害に遭っているのですが、仮に警察が被害届を受理してくれなかった場合、何かしらの方法で裁判に持ち込む方法はありますでしょうか?
LINEの記録等、一般的な感覚では故意であったことが明確に見て取れる証拠はあります。
ただ、警察は被害額や職業詐欺でないと動いてくれないとこのサイトで伺ったので他の方法も模索しています。
裁判官であればまともな感覚で判断してくれると期待してのことですが。
なお、被害額は120万円です。
一般論として、そういう手段があるのかをご教示いただきたいです。
よろしくお願いいたします。
b4_7rU2さん
2018年03月27日 07時19分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
刑事裁判は警察・検察が動かないとできません。
捜査をしてもらうために刑事告訴することは考えられます。

民事裁判であれば、ご自身で原告となって訴訟提起することで持ち込むことができます。

2018年03月27日 07時30分

b4_7rU2 さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。

やっぱり刑事としては警察が動かないとダメなんですね。

非常に参考になりました。

2018年03月27日 07時33分

この投稿は、2018年03月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

この相談に近い法律相談

  • 性被害で裁判をご担当された事がある方。

    性被害で裁判をご担当された事がある方。 被害者の思い通りの判決に至らない事もあるかと思います。その際、被害に遭われた方の心情等 ご存知でしたら教えてください。 現在、裁判を検討していますが、警察からの二次被害や証拠が少ない事もあり、裁判を起こしても二次被害や不服とする判決が出た場合、精神にどえなるか不安です。

  • 虚偽の被害届について。深刻です

    題名通り虚偽の被害届を出され受理された場合の質問です。警察は被害届では動かないケースが有ると聞きます。と言う事は出された側は警察が動かないので出された側は真偽の証明も出来ず加害事実(記録)だけが残ると言う事ですか?あと、そのデータは、いつまでも残るのでしょうか?

  • 原告書面の損害賠償請求額について

    たびたび質問失礼します。双方、本人訴訟で私が被告で、最終準備書面に取りかかっています。元勤務先の支店長が営業妨害を疑い、提訴しましたが、その前に警察へ告訴状を提出し、私も事情を聞かれましたが、警察から「事件性なし」と判断され、立件されませんでした。これがおおまかな本件の内容です。 最終準備書面作成にあたり、気...

  • 準備書面に記載していないことに対する条理や経験則について

    当事者が主張していないことでも裁判官は条理や経験則で考えたことを判決文に反映できますか? 例えば準備書面で「人の命は大切なもの」と記載していなくても判決文で「人の命は大切なものなので」等と記載するようなことです。

  • 暴行に関する虚偽告訴に関して

    知人の女性が以前付き合っていた男性に暴行を加えられ、その暴行のあった日から2週間ほど経過していていました。 本人は精神的にも参っていて何もできない状態なので、本人に付き添い警察に被害届の提出に付き合いました。 警察にはなぜもっと早く来なかったのかと言われましたが 本人が精神的に参っていて行動が遅れた理由を説明し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 間違った使い方してるかも?旅館で見かける「...
  2. AVの「本番至上主義」は本当にクリエイティブ...
  3. 小4女児死亡、「訴訟を起こす」に屈した市教...
  4. 日弁連、弁護士の横領被害に207万円支給 201...
  5. 詐欺加害者の転居情報回答義務、最高裁は判断...
  6. 「児童ポルノDVDを持ってたら、今すぐ破壊し...
  7. ゴーン氏、家族と面会できず、弁護士も立ち会...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。