公開日:

一方的な契約解除と妨害行為について刑事告訴可能でしょうか。

2018年03月21日
業務委託という契約で,ある企業と長年営業契約を結んでましたが、突然常識的には考えられない理由で契約解除を言われました。あまりにも常軌を逸している内容で刑事告訴を考えています。

証拠としては話し合いの録音、メール等あります。
また話合いをしている期間に 「会社にかかってきたこちら宛ての電話」を取りつがないように策略し、勝手な案内をした証拠があります。
現在は強引に契約解除にされた状況です。
あまりに卑劣悪質ゆえ、代取ともう1名に対して刑事告訴を考えています。
この場合、罪状は何が考えられるでしょうか。
業務委託の場合、こちらの営業経費もかかってますので営業妨害もあてはるでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。
相談者(644294)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
一方的な契約解除であれば、民事の問題であり、刑事事件とすることは難しいといわざるを得ません。

営業経費などの話も、損害賠償請求として対応すべきと考えられます。

今後のこともありますので、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

2018年03月21日 07時13分

相談者(644294)
ご回答ありがとうございます。

営業という背景から長年築いてきた顧客との関係等、仕組みそのものを奪われた状態なので、できれば刑事事件にしたく思っていたのですが、、、

ご意見通り一度弁護士の先生へ相談してみます。
有難うございます。

2018年03月21日 17時50分

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

犯罪被害に遭い、加害者を罰してほしい場合には、被害届を出すか、告訴・告発するという方法があります。この記事では、被害届の出し方や告訴・告発と...

この相談に近い法律相談

  • 業務委託契約の解除に際して

    業務委託契約書に解約の要件とあり、受託者が顧客からしばしば苦情があり改善の見込みがないとき、なんら催告を要せず本契約を解除することができる、とある場合ですが。委託者(甲)から受託者(乙)に上記の理由により明日から来なくていいと言われた場合法的に問題はないのですか。また契約書に(競業避止義務)とあり、<乙は甲の顧客を...

  • 業務委託の無催告解除について

    受託している業務委託契約の解除を考えています。 解除にあたり契約書を読み直したところ、甲乙共に依頼関係を損なう事由があれば催告なしに解除が可能と書いてありました。 この場合の「依頼関係を損なう」には、どのような場合が含まれるのでしょうか。 (もともと仕事内容を曖昧なままで契約に至る流れがありましたが、その後も...

  • 新聞記事に掲載されたことで取引先から契約の解約を申し出されています

    会社経営者です。障害がありますが、それをばねに起業したものです。 このたび地元新聞社にそのことで取材をうけ、大きく記事掲載されたのですが・・。 それが原因で取引先から業務委託の解約を要求されています。業務委託契約書(弁護士が査閲済み)にはそのような条文はありません。 不当だと思うのですが、どうしたらよいでしょう...

  • 業務違反命令と弁明の機会

    業務命令違反で懲戒処分を受ける際に、弁明の機会がありませんでした。就業規則には懲戒処分にあたる場合の詳細はあるものの弁明の機会を与える旨の記載などはありません、これは、問題ないのでしょうか また、当該業務に関する上司の約束違反を理由に業務を拒否したのですが、約束違反と業務命令は別に考える必要があるのでしょうか ...

  • 解雇について教えて下さい。

    面接時に現場の業務を習得できない場合は解雇するとの書面〔就業規則〕を渡され、十分理解できませんでしたが署名しました。面接時には具体的な解雇理由の説明を受けていません。その後、試用期間中〔11回〕に上司による判断で現状能力不足、今後改善の見込みなしとの判定理由で突然解雇されました。労働審判申し立てのあとに会社は就業...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。