刑事告訴(業務妨害・名誉棄損)の公表について

刑事告訴(業務妨害・名誉棄損)の公表についてです。
現在告訴状は受理され被告訴人(犯人)も特定され事実を認めており家宅捜索も受けていています。
そろそろ検察庁送致される段階です。
検察に送致され、結果が出るまでにHPでこの事実を公表しようと思っているのですが不起訴の場合どこまで公開しても法に触れないのでしょうか。

1.被告訴人のことは記載せず事実のみ
2.被告訴人の店名、事実
3.被告訴人の店名、氏名、事実

起訴の場合は刑事裁判になるので被告訴人の店名、氏名、事実すべて公表しても問題ないと理解していますがそれで間違いないでしょうか。
公表の目的としては当方の取引先・お客様に対してもご迷惑をおかけしている事項があり、そういう状況になってしまった経緯・説明としてです。
よろしくお願いします。
2016年12月16日 16時07分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
> 不起訴の場合どこまで公開しても法に触れないのでしょうか。
> 1.被告訴人のことは記載せず事実のみ
> 2.被告訴人の店名、事実
> 3.被告訴人の店名、氏名、事実

 1、2のみにしておくべきでしょう。3が入ると、名誉毀損となると思われます。

> 起訴の場合は刑事裁判になるので被告訴人の店名、氏名、事実すべて公表しても問題ないと理解していますがそれで間違いないでしょうか。

 上記と同様被告訴人の氏名を入れると名誉毀損となる可能性があります。

2016年12月17日 05時36分

相談者
ありがとうございます。

大手企業ではよく告訴したことを公表しているのを見かけますが、あれはどの段階で行っているのでしょうか。
起訴となった場合は刑事裁判となり公になると思うのですが(誰でも調べようと思えばわかるという意味)それでも3はNGなのでしょうか。
警察からも1はOKをもらっています。
店名よりHPを調べれば氏名もわかりますがそれでも2と3では違いがあるのでしょうか。
再度よろしくお願い致します。

2016年12月17日 06時20分

この投稿は、2016年12月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

不幸にも犯罪被害に遭ってしまったら、加害者を逮捕してほしい、罰してほしい、と思うのは当然の感情です。しかし、「被害届」という言葉は聞いたこと...

パワハラ加害者に刑事罰を求める手段l被害届の提出方法や告訴を解説

パワハラ被害を受けたとき、加害者を処罰したい気持ちが強い場合、刑事罰を求めることができます。この記事ではパワハラ加害者に刑事罰を求める手段と...

セクハラ加害者に刑事罰を求める手段l被害届の提出方法や告訴を解説

セクハラ被害を受けたとき、加害者を処罰したい気持ちが強い場合、刑事罰を求めることができます。この記事ではセクハラ加害者に刑事罰を求める手段と...

公務執行妨害罪とはどのような犯罪か?罰金や懲役の量刑相場や逮捕・勾留・起訴の流れ

警察官などの公務員に対して暴行や脅迫行為をした場合、公務執行妨害罪として処罰されます。ここでは、いかなる条件で公務執行妨害罪が成立するのか、...

強姦・レイプの被害者となってしまった際の被害届・告訴や慰謝料請求の流れ

レイプされてしまったら、トラウマを抱え、憂鬱な気持ちが続いたり、男性恐怖症になってしまったりと、その苦しみはとてつもなく大きいものでしょう。...

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件のニュース

  1. 客室乗務員、客から「盗撮被害」が6割 逆上...
  2. 「これは売春だ」 ホテルで偽の「警察手帳」...
  3. 痴漢を目撃、自分で捕まえると「ケガ」や「間...
  4. パチスロ店、伝説の「4号機」を設置して摘発...
  5. 終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代...
  6. 障害者を襲う「性暴力」の三重苦 被害にあっ...
  7. 警察の取調室「スマホの持ち込み禁止」に根拠...

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。