1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 犯罪被害
  4. 被害届・告訴・告発
  5. 地検特捜部直告担当検察事務官について

公開日:

地検特捜部直告担当検察事務官について

2014年11月02日

告訴状を持参すると、まず検察事務官が出てきます
告訴状の記載事項に漏れがないか等を確認するのはいいのですが、内容を読んで「預からない」と言う者がいる
検察事務官は預からないための屁理屈をいろいろと述べます。ある時は
  告訴権などという権利はない
と言われてびっくりしました。刑訴法第230条に反しているのではないでしょうか?
つきあってられないので上司を呼んで説明し預かってもらったのですが、その後、受理されて検察官が捜査してくれています

告訴は司法警察員か検察官に対して行うもので、検察事務官が預かるか否かを判断するのは越権行為だと考えます
「告訴権行使の妨害」と考えると公務員職権濫用罪にあたるのでは、とも考えます
極端な書類の不備がなければ、告訴状はすべて検察官の受理判断に委ねるべきだと考えます

Q1 検察事務官が自己の判断で告訴状を預からない、または預かっても検察官の判断を仰がずに自己の判断で返戻するのは違法ではありませんか?
Q2 違法である場合、どういう手続きを取ればいいですか?


相談者(295565)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
Q1 検察事務官が自己の判断で告訴状を預からない、または預かっても検察官の判断を仰がずに自己の判断で返戻するのは違法ではありませんか?

具体的な状況が分からないため違法との断定はできませんが、検察事務官が独断で告訴状の受理を拒絶することは、問題のある行為だと思います。

Q2 違法である場合、どういう手続きを取ればいいですか?

法的には、その証拠を確保した上で、国家賠償請求訴訟を提起することが考えられます。

事実上は、責任者宛に内容証明郵便などで抗議することが考えられます。

2014年11月03日 09時07分

この投稿は、2014年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

被害届や刑事告訴とは何か?被害届の出し方や告訴を受理してもらうには

犯罪被害に遭い、加害者を罰してほしい場合には、被害届を出すか、告訴・告発するという方法があります。この記事では、被害届の出し方や告訴・告発と...

特別公務員職権濫用罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

裁判官、検察官、警察官や、これらの人の仕事を補助する人が、その立場を利用して、逮捕する必要がない人を逮捕したり、監禁する必要がない人を監禁す...

この相談に近い法律相談

  • 検察庁の不起訴記録について

    検察庁に告訴状を提出して返戻はされていない(受け付けられている)事件について、後に検察庁が不起訴処分にした場合、検察庁は必ず「不起訴記録」を作るのでしょうか? 「不起訴記録」を作らない場合もあるのでしょうか? この「不起訴記録」は、どのような事項・内容が書かれて、どのくらいの分量(ページ数)なのでしょうか? 例えば...

  • 検事の捜査義務について質問です。

    告訴告発を受理した時には、検事は必ず捜査をしなければならないという法的義務があると言われてますが、刑事訴訟法や検察庁法の何条にそういった条文があるか教えて下さい。

  • 訴訟の問題

    警察では受けたがらない告訴でも、検察に送付すれば強制的に受けなければならないらしが、仲間内である警察官の明らさまじゃない目で見て直ぐさま解る犯罪じゃないと動かないですが、強制的に受理する意味はなんですか。 また、 検察審査会は不起訴の結果が出て初めて出番ですよね、こうなると弁護士に、告訴状に元ずいて捜査するよ...

  • 検察官が起訴や不起訴を決める際

    検察官が起訴や不起訴を決める際、被疑者や被害者に事情聴取を直接するのですか? そして、その時警察が作成した調書や証拠だけを参考にするのですか?弁護士や関係者の準抗告、陳述書などは見ないんですか? 先日警察が作った調書の内容に間違いはないのですが、重要なことを省かれていたのではと思い不安です。

  • 検察官が起訴か不起訴を決める際

    検察官が起訴や不起訴を決める際、被疑者や被害者に事情聴取を直接するのですか?そして、その時警察が作成した調書や証拠だけを参考にするのですか?弁護士や関係者の準抗告、陳述書などは見ないんですか?先日警察が作った調書の内容に間違いはないのですが、重要なことを省かれていたのではと思い不安です。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

犯罪・刑事事件に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

被害届・告訴・告発の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

犯罪・刑事事件の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。